不老泉/上原酒造(滋賀県高島市)*価格は全て税込です

 

 

気がついたら大好きになっていたお酒でした。大塚某店に行くと必ずと言っていいほど後半は不老泉のお燗を飲んでいる、そんなここ数年。ご縁あって上原績(いさお)社長が店を訪ねてくださり、さらにご縁あって横坂安男杜氏と一緒に飲む機会があり、あれよあれよという間にご縁が深まった、そんなここ数年。好きな女の子に告白できない男子のような僕に(爆笑)優しく声を掛けてくれたお二人に甘えて先日初めて蔵を訪ねて参りました。首都圏でも「言わずと知れた」存在である不老泉の何たるかをまだまだ知っているとは言えない僕ではありますがそれでも楽しみでいっぱいです。まずは不老泉の顔と僕が考える「山廃&酵母無添加、そして熟成」を柱にしながら、大好きな不老泉をこだま流に楽しく伝えて参ります。こだまの新しい仲間をよろしくお願い申し上げます。<平成30年8月2日 記>

 

僕の大好きな横坂さんのインタビュー記事です、よかったら是非。

 

 

 

不老泉 山廃純米吟醸 備前雄町 無濾過生原酒 28BY *30.08.02発売

使用米:滋賀県産山田錦(使用割合6%/酒母)+岡山県産備前雄町(使用割合94%)

精米:55% 日本酒度:+3 酸度:2.0 アミノ酸度:1.8

酒母:山廃 使用酵母:無添加

アルコール:17~18度

 

価格:1,814円(720ml) 3,628円(1.8L)

 

熟した果実の香り、意外にスッキリした口当たりながらジューシーに広がる旨み、舌で転がすと溢れ出てくるカラメル系の甘み、そして後口に残る米の旨みの余韻がたまりません。約1年半の熟成は経ていますがまだ少し若さもあり、それでも酸と旨みの力強いバランスで今でもしっかり旨いです(もちろん開けてすぐよりは数日~数週間後がお勧めですが)。冷酒もよいですがやはり常温から熱めのお燗が真骨頂。マニアックになり過ぎず不老泉の良さを楽しめるお酒です。

 

 

 

不老泉 山廃純米吟醸 山田錦 火入れ原酒 27BY *30.08.02発売

使用米:滋賀県産 山田錦 精米:55%

酒母:山廃 使用酵母:無添加

火入れ:あり

アルコール:17~18度

 

価格:1,701円(720ml) 3,402円(1.8L)

 

しっかり立ち昇る熟成香、常温熟成ならではの柔らかな旨み、後口にしっかり残響する余韻にうっとりします。力強い酸に支えられた旨みの中に杏やカラメルなどの複雑な味わいが絡み合って深い旨みを形成しています。これはまだまだ伸びるんだろうなぁ。開けたてでも旨いですがやはり数日~数週間(以上)経った方がよりまろやかにバランスがとれていくお酒です。これはできれば冷酒より常温からお燗で、肉料理や珍味などとしみじみ楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

不老泉 山廃仕込 特別純米原酒 火入れ 26BY *30.08.07発売

使用米:滋賀県産 たかね錦

精米:60%

酒母:山廃 使用酵母:無添加

火入れ:あり

アルコール:17~18度

 

価格:1,755円(720ml) 3,510円(1.8L)

 

柔らかな熟成香、常温熟成ならではの柔らかな旨み、アルコールのパワー感と後口の辛みが実に印象的な、なかなかゴツい酒です。時間の経過と共に旨みの柔らかさが出てきますが、筋の一本通った広がりすぎないコクがキレに繋がります。熟成による深く複雑な旨みをもつ琥珀色のこのお酒、冷酒というよりはロック、そして常温~熱めのお燗で肉料理や発酵系のおつまみと是非。

 

 

 

不老泉の梅酒 *30.08.02発売

原材料:清酒(純米酒)・梅・氷砂糖

 *ベースになるお酒は60%精米、7号酵母使用の特別純米酒を使用しています

アルコール:10~11度

 

価格:1,382円(500ml)

 

何の変哲もない梅酒ですが、実に旨いです。どうやらベースには20年近く寝かせた特別純米酒を使っているようです(味わいに古酒感はありません)。氷砂糖もかなり少量にしているようです。何がいいって、一般的な梅酒に比べていい意味で「梅感」が前に出すぎず、(甘み・酸味も含めて)しっかり梅酒なのに「旨いお酒を飲んでいる」気持ちになるところ。全体のバランスが渾然一体となってるところがまたいいんだなー。幸せな気持ちになる、美味しい梅酒です。