春心・小松人/西出酒造(石川県小松市下粟津)*価格は全て税込みです

      

運命って、あるのかも知れない(笑)

今年5月上旬にある友人のお店で出してくれたお酒がありました。「小松人」という見たこともないラベル。飲んだ瞬間にその個性的な魅力に「なんだこれ!」と感激。すると同席していた都美人の山内杜氏が「それ造ってる人、僕友達なんで今度紹介しますよ」それは楽しみなんて言いながらとりあえず写真を撮っておきました。そしてそんなことはすっかり忘れていた5月下旬のある日、ある百貨店のお酒売場でたまたま目についたお酒。銘柄は「春心」というこれまた見たことのないラベル。ところが試飲した瞬間に「旨いっ!あれ?でもこの味知ってる気がする…」急いで写真を探すも春心ではなく小松人。ごめん違ったみたいとその写真を見せたら「えっ、これ僕の造った酒です」と驚きあったのが石川県小松市で酒を造っている西出裕恒(にしでひろひさ)杜氏、その人だったのでした。

創業は大正2年という歴史は浅い蔵ですが紆余曲折がありました。平成8年には別資本への経営譲渡がありましたが平成26年には裕恒くんが買戻して代表を務めています。最盛期には500石ほどを造っていましたが現在は小さな仕込みだけで約50石を家族だけで醸しています。周囲には田んぼが広がり、白山の伏流水(軟水)と古い蔵を生かし「与えられた環境でできること」に注力する姿勢、信念を持って地元の米と向き合いその結果生まれてくる生酛と山廃の面白さ(前述の山内杜氏とは常きげんの鹿野酒造蔵人時代の同期であり共にあの農口杜氏の愛弟子なのです)、考え方がとにかくユニークかつ筋が一本通っています。たぶん派手な酒は造りません。地味で万人受けはしないけど、でもこのお酒が心に響く方はどこかにきっといる。そんな飲み手にこの木槽で搾った柔らかな味の向こうにある裕恒くんの想いを伝えるためこれから頑張って参ります。

 

               <平成29年7月11日深夜、蔵から戻って熱い気持ち冷めやらぬまま記す>

 

 

 

 *販売開始は7月後半くらいを予定しています、しばらくお待ちください