東鶴/東鶴酒造(佐賀県多久市)*価格は全て税込です

東鶴(あずまつる)酒造(佐賀県多久市東多久町)

 

平成20酒造年度より、自社蔵での酒造りを約15年ぶりに再開したのは当時28歳だった長男の野中保斉くん(現社長兼杜氏)でした。まずはたった一人だけでタンク4本、25石の造りからスタートし、21・22年度は30石、23年度は60石、そして24年度は100石と順調に生産量を増やしてきました。(26年度現在はおかげさまで約200石までに成長しました)僕が初めて蔵を訪ね、その意気込みに惚れたのはその2年目・21年度のお酒を販売している最中でしたが、その時の僕がとにかく感じたのは単純な完成度ではなく「秘めたポテンシャル」でした。蔵で初めて会った頃から22BY、23BYと徐々に進化し、さらに25BY、26BYと飛躍的に進化し酒がどんどん美味くなってきました。彼の造る酒の良さは(今のところ)おだやかな香りとしっかりした米の旨味で「食事を選ばない酒」。単純な完成度やその蔵らしさはもちろんまだまだ先かも知れませんが毎年新たなチャレンジや試行錯誤をまだまだ繰り返しながら頑張っています。この先に彼の造る酒を思うと、心からエールを送りたい気持ちになるのです。

 

(平成27年6月記)*平成22年より取引開始

 

 

東鶴 純米酒 おりがらみ生酒 28BY

使用米:雄山錦 精米:65%

日本酒度: +1 酸度:1.7

酵母:F7 火入れ:なし(生酒)

アルコール:16.5度 

 

価格:1,242円(720ml) 2,484円(1.8L)

 

東鶴の新酒第一弾は毎年定番となったこのお酒から。穏やかな香りに米の旨味をしっかり出しています。わずかに絡んだおりと一緒に飲めばまさにフレッシュ&ジューシー♪すっきりした雰囲気の中に豊かに開いたリンゴ系の旨味が漂います。このお酒は野中杜氏の新たな挑戦として五年目の一本でもあり、酒質も年々確実に進化を遂げており「今まででベスト!」と感じた昨年の造りをさらに超えてきました。今期の東鶴を期待させる上々のスタートです、ご期待ください。 

 

 

 

東鶴 特別純米酒 無濾過生 27BY

使用米:麹米/山田錦 掛米/美山錦

精米:60%

日本酒度:+3

酸度:1.6

アルコール:17度

 

価格:1,420円(720ml) 2,830円(1.8L) *完売いたしました

 

柔らかなリンゴ系の香り、バランスのよい旨味の純米酒です。出しゃばりすぎず、しかしちゃんと存在感もある「ちょうどいい」感じのバランスタイプです。春まではすっきり、夏以降はボリュームあるバランスに育ちます。どんなおつまみにも合いやすい癖の無さも東鶴の魅力のひとつかも。冷酒でもちろん、そしてお燗でも楽しめる、お米の旨味たっぷりのお酒です。

 

 

 

東鶴 特別純米 火入れ 26BY

使用米:麹米/山田錦 掛米/美山錦 精米:60%

日本酒度:+2 酸度:1.6

火入れ:あり 加水:あり

アルコール度:16度

 

価格:1,404円(720ml)2,808円(1.8L) *720mlは完売しました

 

ほのかな香り、そして米の旨味が程よく&しっかり広がります。スッキリと口の中に入りますが東鶴らしいリンゴ+メロン系の香りを含んだ米の旨みが柔らかく広がり、癖のないほどよい酸が後口を引き締めていてどんな肴にも合うと思います。すっきりしているだけではなく、柔らかな旨味がしっかり広がって濃い後口が楽しめる「米の酒」です。テーブルに「どん」と置いて冷やからお燗まで、様々な肴に合わせてじっくりゆっくり飲むにも最高の一本です。

 

 

   

東鶴 特別純米 雄町 荒走り生 28BY

使用米:雄町 精米:60%

日本酒度:±0 酸度:1.7

酵母: 火入れ:なし(生酒) *うすにごりではありません

アルコール:16.5度

 

価格:1,512円(720ml) 3,024円(1.8L)

 

軽いリンゴ&梨系の香りをほのかに感じます。アタックの強さはなく柔らかい口当たり。そして今年から挑戦した新しい酵母の効果でフルーティなコクが柔らかな酸に支えられて、とてもジューシーに広がります。軽めではありますが今年は例年以上にしっかり旨い。雄町といえばただ濃くて重いイメージもありますが、この絶妙なバランスが東鶴の雄町らしさのひとつと僕は考えます。肴との相性は幅広そうですね。基本は冷酒で、お燗もなかなか良さそうです。

 

 

 

東鶴 特別純米 雄町 中汲み 火入れ 27BY

使用米:雄町 精米:60%

日本酒度:+1 酸度:1.7

使用酵母:7 火入れ:あり

アルコール:17度

 

価格:1,512円(720ml)3,024円(1.8L)

 

ほのかな柑橘系の香りの、程よいコクのお酒です。先行発売しジューシーで大好評だった同スペックの生酒(既に完売)同様「中汲み」という搾りの真ん中辺りの「いちばんキレイで美味しいと言われる」部分のみを詰めていますので、雄町ならではの太い旨みありつつ透明感を感じる仕上がり。今年は旨みの太さと後口の重さが例年以上に顕著で、特に旨いです。旬の肴と合わせて冷酒も悪くはないですが、今年は特に常温からお燗で楽しんでいただきたいお酒です。

 

 

 

東鶴 特別純米 雄町 無濾過生(別酵母仕込み) 26BY

使用米:雄町 精米:60%

日本酒度:+1 酸度:1.6

酵母:F7

火入れ:なし(生酒)

アルコール:16.5度

 

価格:1,512円(720ml)3,024円(1.8L) *完売いたしました

 

従来の特別純米「雄町」とは違う酵母で醸した、野中杜氏の意欲作です。従来品がリンゴ系とするとこちらはそこに梨とバナナが足された感じ、若干フルーティに感じます。酒質のキレイさと相まってバランスのよい旨みを堪能できます。若干若さもありますが(8月末)こちらも幅広いおつまみと相性が良さそうです。冷酒、またはお燗も楽しめるお酒です。 

 

 

 

東鶴 純米吟醸 山田錦 荒走り生 28BY

使用米:山田錦 精米:55%

日本酒度:+3 酸度:1.6

使用酵母:10号+佐賀F7

火入れ:なし(生酒) *おり引きしてますのでうすにごりではありません

アルコール:16度

 

価格:1,647円(720ml) 3,294円(1.8L)

 

爽やかでほのかなリンゴ系の香り、口の中いっぱいに広がるジューシーな旨みが東鶴の純米吟醸の魅力です。今期はフレッシュな旨みが例年以上にしっかり出ていて美味しい!柔らかな酸と相まって濃さもあるのに飲み飽きしません。たとえ吟醸でも食中酒を意識している野中くんの想いが表れたお酒です。冷酒でもちろん、ぬる燗~上燗にしても良さを味わえると思います。

 

 

 

東鶴 純米吟醸 火入れ 27BY

使用米:山田錦

精米:55%

日本酒度:+1 酸度:1.7

火入れ:あり

アルコール:16度

 

価格:1,620円(720ml)3,240円(1.8L)

 

香り系吟醸ではありませんが、優しい柑橘系の香りがほのかに広がります。スッキリとした口当たりですが、口の中いっぱいにそのジューシーな旨みが広がります。特別純米に比べて一段上の透明感と軽さ、そして柔らかな酸がそれを支えてバランスへと導きます。派手さではなくこれが東鶴の目指す「純米吟醸」。とにかく食事との相性を第一に考えた抜群の食中酒です。

 

 

 

東鶴 純米酒 おりがらみ生 27BY

使用米:レイホウ

精米:60%

日本酒度:-2 酸度:1.7

火入れ:なし(生) 加水:あり

アルコール:15度

 

価格:1,404円(720ml)2,808円(1.8L) *完売いたしました

 

夏酒とは謳っていませんが、毎年この時期(5月末)頃に発売されます。軽いリンゴ&メロン系の香りが爽やかです。生のままアルコール度数だけ低めにしたおかげでアタックが柔らかく飲みやすい飲み口を表現しています。今期は特に例年より酸の利いたジューシーな旨味がしっかり広がって美味し~~~い♪暑い夏にキンキンに冷やして爽やかな楽しみ方のできる食中酒です。

 

 

 

東鶴 活性にごり生 27BY

使用米:山田錦(等外米)

精米:65%

日本酒度:-12 酸度:1.7

カテゴリー:普通酒(等外米使用のため純米規格ですが特定名称表示はありません)

アルコール:15度

 

価格:1,512円(720mlのみの販売) *完売いたしました

 

東鶴史上初めての「しゅわしゅわ」活性にごりの発売です。メロン&梨系の爽やかな香りと米の甘味がいっぱいに広がる、ジューシー&スイーツな仕上がりです。活性もまぁまぁ強めなので開ける前には絶対に振らず、開栓してから軽く混ぜ、その後に数回ガス抜きをしてから、キメの細かい泡をお楽しみください。キンキンに冷やして野外のBBQにもサイコーです。

 

 

 

東鶴 特別純米 雄町 生酛造り 27BY

使用米:雄町

精米:60%

日本酒度:-1 酸度:1.9 アミノ酸度:1.7

火入れ:あり アルコール:17度

 

価格:1,512円(720ml) 3,024円(1.8L) *完売いたしました

 

柔らかな香り、濃醇な旨みにパワフルな酸。東鶴初の生酛造りが発売となりました。数年前から「やりたい」という気持ちを聞いていただけに感慨もひとしおです。生酛らしいクリアな酸にジューシーで幅のある旨みがしっかりバランスします。本格生酛を感じさせながらも初心者にもとっつきやすい仕上がりで美味しー♪冷酒もいいですが、真骨頂はやはり常温からお燗。17度で飲み応えもありますが、旬のつまみをサポートしてくれる素晴らしい食中酒と思います。

 

 

 

東鶴 特別純米 ひやおろし 27BY

使用米:麹/山田錦 掛/さがの華

精米:60%

日本酒度:+1 酸度:1.6

使用酵母:K901 アルコール:16度

火入れ:あり(一回火入れ)

 

価格:1,377円(720ml)2,754円(1.8L) *完売いたしました

 

東鶴らしいほのかな柑橘&メロン系の香りが爽やかです。すっきりしていながらも柔らかな酸が酒質を支え、奥ゆかしいジューシーなフルーティさが米の旨みと相まって豊かな旨味を表現しています。派手さはありませんがバランスの取れた旨味で、爽やかながら食中酒としての実力ある一本です。軽く冷やしてもいいですが、むしろ常温からお燗で真価を発揮すると思います。

 

 

 

東鶴 純米 お燗酒 27BY

使用米:国産米

精米:65%(55%~65%のブレンド)

日本酒度:+1 酸度:1.7 アミノ酸度:2.4

アルコール:15度

 

価格:1,188円(720ml)2,376円(1.8L)

 

今期で三年目のラベルも斬新なお燗酒。タンク数種類の「責め(と呼ばれる搾りの最後に搾り出す旨味の強い部分)」を野中杜氏自らが独自にブレンドした、リーズナブルな価格のお酒です。スッキリした飲み口ながらバランスのよい旨みが口の中に広がり、柔らかな余韻が残ります。冷やしちゃダメということはありませんが(笑)お燗にすることで隠れた旨みがより全開になる設計のお酒です。常温またはお燗で、この冬のお鍋のお共に定番のひとつになりそうです。