山の壽・山の寿/山の壽酒造(福岡県久留米市)*価格は全て税込です

 

 

今年度28BYより山の壽酒造は新体制に生まれ変わりました。(写真左から)斉田くん39歳、波方くん32歳、片山さん37歳、サポート田辺さん3●歳(秘密♪笑)という若き蔵人全員で酒造りに取組む体制になりました。酒造経験もまだまだですが「新しい山の壽をいちから創り上げる」気持ちで一丸となって頑張っています。

 

小さな蔵では人が変われば酒も変わるのが当たり前であり、酒質もガラリと変わります。以前の酒ももちろん好評でしたが、それは彼らの酒ではありません。たぶん造ろうと思っても造れませんし、そもそも造る必要もない。僕はそう思うのです。

 

新しいお酒を美味しいと思うかどうか、お好みに合うかどうかはまったく未知数ですが、若い蔵人たちが手探りながらも一生懸命に考え、醸した「新生・山の壽」。当然のことながら未熟な点も多々あります。・・・が、決して悪い酒ではありません。

 

何十年、何百年と続くこの蔵の酒造りの歴史から見ればほんのひとコマ、ほんの瞬間。そんな瞬間に過ぎない「今期の努力の結晶」がこれからいくつかリリースされていきます。僕も昨年12月に蔵を訪ねて彼ら蔵人の一体感を確認して参りました。

 

何かの折に見掛けたら、そして飲んでいただけたら、

「ああ、そんなお酒なんだな」と思いだしていただけたら幸いです。

このスピリッツがある限り、僕は山の壽酒造を応援して参ります。

 

平成29年2月17日 地酒屋こだま店主 児玉武也

 

 

下は斉田くんが自ら撮って送ってくれた造りの様子です。

よかったらご覧ください。

 

 *忽那杜氏(前杜氏)在籍時の27BYは冷温管理をしながら継続販売しています

 *28BY新酒の発売開始は2月24日頃を予定しています(2月23日に発売しました)

 

 

 

山の 純米大吟醸 山田錦 にごり生 29BY *30.01.26発売

使用米:山田錦 精米:50%

日本酒度・酸度:非公開

火入れ:なし *ロットにより噴き出しますので振らずに気をつけて開栓してください

アルコール:16度

販売予定期間:今回と2月に分けて少量ずつ販売致します

 

価格:2,160円(720ml) 4,320円(1.8L)

 

軽いピリピリ微炭酸と華やかな香りを持つにごり酒です。とにかく透明感があり、にごり酒でも重さを感じない軽快で滑らかなコク、そして程よくジューシーな旨味がエレガントです。これはもう単純に美味しいね♪その爽やかな旨味はパーティなどの乾杯でも適役、きっと盛り上がると思います。たぶんお燗も美味しいと思いますが(笑)まずは冷酒で楽しんでみてください。

 

 

 

山の 特別純米 「THE DAY」 にごり生 28BY

使用米:山田錦 精米:55%

データ:非公開

火入れ:なし(生酒)

アルコール:16度

 

価格:1,544円(720ml)3,089円(1.8L) *完売いたしました(29.09.23

 

軽~いガス感(微炭酸)が舌に心地よいフレッシュで滑らかなにごり酒です。桃や梨を思わせるフルーティな香りをたっぷり含んだジューシーで爽やかなコクは甘味と酸のバランスもよく、するする飲めて危険(笑)ちなみに「THEDAY」とは「最高の日」を意味するスラングで、叫びながら乾杯も楽しいかも(笑)今のところ3~4月までの数量限定販売となる予定です。

新生・山のはここから始まります。どうか応援よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

山の 特別純米酒 28BY

使用米:山田錦 精米:55%

データ:非公開

火入れ:あり

アルコール:16度

 

価格:1,496円(720ml) 2,992円(1.8L)

 

おかげさまでご好評をいただいている新生・山のの新酒第二弾となるお酒が発売です。梨・桃系の華やかな香りが程よく広がります。口当たりはスッキリ、口の中で柔らかく広がる米の旨みの中にフルーティな香りが彩を添えます。火入れということもありインパクトというよりはじんわり飲んでいただく落ち着きがあり、しかし派手すぎない華を持ったバランスのよいお酒です。まずは冷酒、または常温で。和食はもちろん、洋のニュアンスと合わせたいお酒と思います。

 

 

 

山の 特別純米酒 雄町ver. 28BY *29.05.26発売

使用米:雄町 精米:55%

データ:非公開 

火入れ:あり

アルコール度:16度

 

価格:1,544円(720ml)3,089円(1.8L)

 

新生・山のの新酒第三弾、ついに雄町の発売です。ベリー系の華やかな香り、そこから繋がる複雑味のあるジューシーなコクが舌をくすぐりながら広がります。これは・・・美味い。雄町という米を使った理由が酒質にきちんと表れています。山田錦をバランスとするならば、こちらの雄町は複雑でジューシーな旨味が楽しめるタイプ。あはは、ちょっとびっくり(って言ったら怒られるか!笑)でも一年目にしたらマジで素晴らしい出来栄え、と思うのは僕だけでしょうか。

 

 

 

山の THE KAN 純米酒 山田錦 燗上がり 28BY *29.11.16発売

使用米:山田錦

精米:65%

火入れ:あり

その他データ:非公開

アルコール:15度

 

価格:1,447円(720ml)

 

山の壽よりまったく新しい挑戦、その名も「THE KAN(燗上がり)」フルーティな香りがほんのり、スッキリしたコクを印象的な酸が支えます。あくまで柔らかく、あくまで優しく、ジューシーな旨味も奥底にはありますがあくまで控えめでさっぱりした印象です。その優しい味わいは冷やさずに常温からお燗で、冬の食卓を飲み飽きない酒質で彩ってくれるお酒です。

 

 

 

山の 純米吟醸 雄町プレミアム 長期氷温貯蔵酒 22BY *29.07.08発売

使用米:雄町 精米:55%

日本酒度・酸度・その他:非公開 

火入れ:あり(一回) アルコール度:16度

醸造年度:平成22年度 熟成温度:蔵にて氷温管理

 

価格:4,320円(1.8Lのみ) *完売いたしました(12/28)

 

平成22年に山のとしては初めて仕込んだ雄町の純米吟醸を蔵の氷温冷蔵庫でずっと寝かせていたお酒を約6年の熟成を経て発売します。華やかで豊かな香り、イチゴやベリー系の香りを含んだジューシーな旨味が印象的です。火入れ酒であり、かつ氷温で大切に寝かせていたので熟成感はあまり感じられず、人によってはフレッシュささえ感じるかも知れません。テイスティングしてたら赤身肉が食べたくなってきた(笑)全国で二店舗限定の発売となります、たぶん。