一滴二滴/志賀泉酒造(長野県中野市)*価格は全て税込です

 

 

志賀泉酒造株式会社(長野県中野市) 主要銘柄:志賀泉・一滴二滴など

 

長野県北部の信州中野にて酒を醸す志賀泉酒造。その創業は昭和38年と新しくもともとは共同の瓶詰め場だったところからのスタートで設立当初は複数の蔵の酒を醸造する役割だった歴史があります。敷地が広くて僕は裏山の風景が大好きなんですが、そんな志賀泉酒造に平成14年から蔵に入り修行を重ね平成21年から杜氏として頑張っている若き蔵元、中山佳紀くんは昭和54年生まれの今年36歳。東京農大醸造科を卒業後一般企業に勤めた後に蔵に戻りました。そんな彼と出逢ったのはもう10年くらい前のとある試飲会。当時彼は前杜氏の下で修行中のいち蔵人だったのですが、そのバランスのいい酒質に惚れてご挨拶させていただき、それからつかず離れずずっと注目させていただき、ここ数年は毎年蔵に足を運んでその酒質の進化を見守っていました。そして平成28年3月、この27年度醸造のお酒よりついに取り扱いをスタートすることになりました。

 

もともとはそれなりに大きな規模で酒を醸していた蔵ですが、現在は中山杜氏と若干名の手伝いで少量の仕込みをしています(現在約350石)。仕込み本数も少なく、誤解を恐れず言えば酒質としてもまだまだ発展途上の蔵ですがとにかく中山杜氏が頑張っています。とりあえず現時点での志賀泉の特徴は中山杜氏の人柄が滲み出たような酸の柔らかなホッとするお酒、そんな辺りが特徴と僕は思います。車で片道30分の木島平村の龍興寺の湧水を汲みに行き(大変!)仕込みに使ったり、もともとの規模ゆえ決して使いやすいとは言えない蔵の設備の中でひとつひとつの工程を見直し工夫しながら毎年酒を進化させ、自身の造りを追求している中山杜氏の姿勢には常々共感を覚えていました。口数は少ないけど見えないところで一生懸命頑張ってるんだよねー。

流行の酒質でもなければ大きな特徴のある酒ではないかも知れません。が、なんだかいい。しみじみ旨い、そんなお酒を醸しています。これから無限の可能性を秘めた、志賀泉と中山杜氏のこれからにご期待ください。

 

                                     平成28年3月12日記す

 

 

  

一滴二滴 特別本醸造 しぼりたて無濾過生原酒 28BY

使用米:信州木島平産 ひとごこち

精米:58%

日本酒度:+4 酸度: 使用酵母:長野C

濾過:なし 火入れ:なし 加水:なし

アルコール:18度

 

価格:1,296円(720ml) 2,538円(1.8L)

 

ソフトな梨・桃系の香り、スッキリしたコクの中に香りを含んだ旨味が程よく広がります。吟醸をも名乗れる精米歩合による適度な透明感、穏やかなフルーティさ、スッキリしていながら強さもあるフレッシュなお酒です。まだ少し若いため本醸造ならではのアルコール感もありますが、逆にキレへと繋がり鮮烈な印象です。まずは冷酒や常温で、お鍋なんかと合わせたいなぁ!

 

 

 

一滴二滴 特別純米酒 しぼりたて生 28BY

使用米:長野県木島平産 ひとごこち

精米:58%

日本酒度:-2 酸度:1.5

使用酵母:1801 火入れ:なし(生酒)

アルコール:16度

 

価格:1,458円(720ml) 2,808円(1.8L)

 

梨や桃系の華やかな香りが穏やかに広がる、今期最初の新酒です。中山杜氏の目指す酒質の柔らかさそのまま、いわゆるガッツリ系の新酒ではなくスーッと入ってくる、志賀泉らしい「寄り添い系」に仕上がっています。米の旨味もしっかり、そして少しだけお洒落なカラフルさも併せ持つ、バランスのよいしぼりたて。まずは冷酒で、冬のおつまみと一緒に楽しんでみてください。

 

 

 

一滴二滴 特別本醸造 27BY

使用米:信州産 ひとごこち

精米:58%

日本酒度:+4 酸度:1.5

使用酵母:長野C 火入れ:あり(一回)

アルコール:15度

 

価格:1,188円(720ml) 2,268円(1.8L)

 

梨や桃系の香りがほのかに。そしてすーっと口の中へ。そして柔らかな旨みが適度な厚みで広がります。押しつけがましさは皆無、しかししっかり存在感を主張しながらどんな肴にも合わせる懐の広さ。米の旨み、ほのかな果実味、飲み飽きないキレのよさ。データより甘みを感じるのも特徴です。肩ひじ張らない日常酒として、冷酒からお燗まで肴を引き立ててくれるお酒です。

 

 

 

一滴二滴 本醸造原酒 雪中生貯蔵 27BY

使用米:信州産 ひとごこち

精米:65%

日本酒度:+4 酸度:1.5

使用酵母:長野C 火入れ:あり(一回)

アルコール:17度(原酒)

 

価格:1,458円(720ml) 2,808円(1.8L)

 

程よくフルーティな香り、スルッと引っかかりのない柔らかな口当たりが印象的。透明感がありながら厚みのあるコクが広がり、後口のキレまで、とにかく驚くほどスムースです。ひとつ上の加水タイプの原酒バージョンではありますが、旨みの力強さも含めて別物の仕上がりです。味わい的には「吟醸原酒」と呼んでもいいポテンシャルを持つ、実にバランスの取れた食中酒です。

 

 

 

一滴二滴 特別純米酒 27BY

使用米:信州産 ひとごこち

精米:58%

日本酒度:-2 酸度:1.6

使用酵母:1801 火入れ:あり(一回)

アルコール:15度

 

価格:1,350円(720ml) 2,592円(1.8L) 

 

華やかな香りが適度に鼻孔をくすぐり、柔らかくて厚みのあるジューシーな旨みが口いっぱいに広がります。フルーティな含み香が実に豊かで、米の旨みにカラフルな色彩を添えてくれます。甘めですが低めのアルコール度数のおかげか飲み飽きず、ちょっと味が濃いめの肴との相性が抜群と思います。お燗もいいし、キンと冷やしてワイングラスで飲んでも楽しいですよ。

 

 

 

一滴二滴 特別純米原酒 雪中生貯蔵 27BY

使用米:信州産 ひとごこち

精米:58%

日本酒度:-1前後 酸度:1.5

使用酵母:長野C 火入れ:あり(一回)

アルコール:16度(原酒)

 

価格:1,566円(720ml) 3,024円(1.8L) 完売いたしました

 

程よくフルーティな香りにこれまた程よく広がる旨みを持つ柔らかなお酒です。華やかさもありますが実にナチュラルで、米の旨みをバランスよく感じさせてくれます。原酒ではありますが決して押し付けがましくなく実に爽やかに飲めますので夏にもぴったりかも。和食から洋食まで、幅広いシーンで活躍してくれます。まずは冷酒から、常温やお燗も楽しめます。

 

 

 

夏泉(なつみ) 純米吟醸 生原酒 28BY *29.05.27発売

使用米:国産米

精米:59%

データ:非公開

加水・火入れ:なし(生原酒)

アルコール:13度

 

価格:1,296円(720ml) 2,592円(1.8L)

 

ほのかな果実香、ほんの僅かな微炭酸と共に口の中で解けるジューシーな甘み、スッキリしつつ果実を思わせるキュートで柔らかな酸がその全体像をまとめます。あぁ、爽やかで美味しい♪志賀泉史上、中山杜氏が初めて挑戦したいわゆる低アルコール生原酒ですが、かなり高レベルに仕上がっていると思います。暑い夏にキンキンに冷やして、日本酒初心者にも超!お勧めです。

 

 

 

一滴二滴 本醸造 ひやおろし 27BY

使用米:信州産 ひとごこち

精米:65%

日本酒度:+4 酸度:1.5

使用酵母:長野C 火入れ:あり(一回)

アルコール:15度

 

価格:1,188円(720ml) 2,268円(1.8L) *完売いたしました

 

フルーティな香りが穏やかにほんのり。引っ掛かりのない滑らかな口当たりにまずは驚きつつ、滑らかさそのままに柔らかく広がるコク。後口のキレにアル添の意味を感じますが、日本酒度+4には到底感じない(数値は目安ですからね!)スッキリしていながら米の旨みを堪能できる、旨い本醸造です。冷酒も美味しいですが、常温、そしてお燗で真骨頂のコスパ抜群の一本です。

 

 

 

一滴二滴 特別純米 ひやおろし 27BY

使用米:信州産 ひとごこち

精米:58%

日本酒度:-2 酸度:1.6

使用酵母:1801 火入れ:あり(一回)

アルコール:15度

 

価格:1,350円(720ml) 2,592円(1.8L) *完売いたしました

 

程よく華やかな香りが広がります。スッキリしていながらも、花が咲くように適度に広がる米の旨みが持ち味です。押し付けがましくない、料理に寄り添ってくれるような柔らかな旨みの酒。夏を越えて少しとろみを感じるようなまろやかさも手に入れました。秋の肴を幅広く持ち上げてくれる一本。冷酒、常温、お燗、それぞれのよさを感じていただけると思います。