こだま Private Selection

 

このページではちょっとレア(≠プレミアム)な熟成酒をメインに、

 

 

ほんの数本だけしかお売りできない、

 

 

でもきっと飲んだらめちゃめちゃ楽しい、

 

 

そんなお酒たちをご紹介して参ります。

ご紹介して数日で完売することもあると思いますがそこは一期一会。

どうかお許しいただき、稀少なお酒たちとの出逢いをお楽しみいただけたら幸いです。

 

 *通常商品や一定本数以上販売できるものは「最新入荷のご案内」でご紹介いたします 

 

 

 

花泉(福島県南会津郡)

 純米 無濾過生原酒 上げ桶直詰め「垂直セット」

 

使用米:麹米/会津産五百万石

    掛米/南会津産たかねみのり

    熱掛四段もち米/ひめのもち

精米:65% 使用酵母:協会701

日本酒度・酸度:非公開 アルコール:19度

 

<2018BY/2016BY/2015BY>

720ml 垂直3本セット(限定12セット)

販売価格:4,900円(税込)

 

*在庫720mlのみ、バラ売り不可(2018BYは可)

*諸事情により2017BYが抜けてます(笑)

 

上げ桶とはお酒を搾った直後にいったん溜めておく桶のこと(現代なら上げタンク?笑)。

搾りたての炭酸ガスも豊富に含まれているのが特徴で、そこから直に汲んで瓶詰めしたのがこのお酒です。

酢イソ系(ちょっとメロン系)の芳醇な香り、開けたてはほんの僅かな微炭酸を舌に感じつつ、

オレンジ系の柑橘を思わせる酸を伴う力強い旨みがアルコール19度のインパクトと共に軽快に広がります。

2018BYはもちろんまだまだ若く、フレッシュかつドライ&ジューシーで素直に美味しいバランスが魅力、

2017&2016BYは程よい熟成感と共に、まったりとした柔らかで深い旨みも味わっていただけるはずです。

 

 *2019年7月5日発売、無くなり次第終了します(予約も承りますが最長5日まで)

 *飲み比べていただくことで「熟成の楽しさ」を感じていただきたく、セットのみの販売となります

 *数量が少ないためお一人1セットまでの販売とさせていただきます

 *7/19現在、在庫あり(残り3セット)

 

 

十六代九郎右衛門(長野県木曽郡)

 特別純米 夏生酒 一年熟成2017BY 720ml

 

使用米:長野県東御市「八重原米研究会」

    柳澤謙太郎氏契約栽培ひとごこち

精米:60% 日本酒度・酸度:非公開

アルコール:17度

 

販売価格:1,512円(税込)/720ml

 

発売開始:関東が梅雨明けして本当の意味で夏が来たら!(笑)

 

 

 

 

表記はありませんがほぼ原酒で直詰めしているので開けたてはフレッシュで少しガスを感じます。レモンやグレープフルーツのような柑橘系の酸がジュワッとほとばしり、溌溂とした元気な旨み・甘みにまずは笑顔になること間違いなし。数時間もすると熟成のニュアンスがほんのり出始め、まったりとした深みが日に日に増していきます。熟成の良さを体感するには最低1週間から、できれば1か月くらい(それ以上でも)ゆっくりじっくり飲み進めることをお勧めします。特に中盤から後半の透明感を保ちつつまったり旨くなる味わいはお燗でも悶絶できる美味しさです。九郎右衛門の酒質を引っ張る湯川慎一杜氏の技量に改めて驚愕できる仕上がりと思います。

 

 *関東が梅雨明けしたら発売、無くなり次第終了します(予約も承りますが最長5日まで)

 *店頭試飲はできませんが、今年2018BYの同スペックでしたら試飲可能です

 *今年の夏生酒720mlは好評につき既に完売しております

 *数量が12本と少ないためお一人1本までの販売とさせていただきます