お酒の会のご案内

 

地酒屋こだまでは「日本酒をもっと自由に」楽しんでいただけるように、

いろいろなテーマを設けて「日本酒の会」を一年間に30回以上開催しています。

 

・蔵元(社長や杜氏、蔵人)さんをお呼びしてお酒に纏わるお話を聴きながら・・・

・旬の食材(鯨、鮟鱇、ジビエ等々)や地方料理(沖縄、タイ料理、イタリアン等々)を楽しみながら・・・

・お酒のテーマ(純米酒、アル添酒、原料米の種類等々)を決めて掘り下げながら・・・

・新年会、忘年会など、ただひたすら楽しく呑む(笑)など・・・

  

毎回のテーマやコンセプトは違いますが、  

 

こういった会が初めての方、知識はないけれど日本酒は大好きという方

女性(もちろん男性でも)お一人だとなかなか参加しづらいなぁという方  

 

そんな方であっても「日本酒が好き、興味がある」という方であれば

どなたでも安心してご参加いただけるように心がけて開催しております。

参加者からは「飲み友が増えて懐が厳しくなった」「まずい酒が飲めなくなって困った」

などの嬉しい苦情も多数いただいておりますので(笑)是非お気軽にご参加下さい。

 

みなさんに気持ち良く参加していただくために以下のお約束に必ず目を通してください。

(当店でいうところの「自由」は「守るべきルールの先に存在するもの」と考えております)

 

【地酒屋こだま主催の酒の会にご参加いただく際の「当たり前」のお約束】

 

・持ち込みは一切お断りさせて頂きます(和らぎ水は用意します)

・会場内は全席禁煙での開催となります

・繊細な香りなどもお楽しみいただくため、香りの強い香水や整髪料などは避けてください

・服装は自由です(僕は大概ジーンズです)が、他の方に嫌な思いをさせない気遣いをお願いします

・飲み放題の量が提供されることが多いですが、お酒に対する敬意のない飲み方はNGです

・蔵元を囲む会などの「お話も楽しむ」会は「盛り上がる時」と「聴く時」のメリハリをお願いします

・過剰なウンチク話の披露(いるでしょ?知識の披露と自慢話に忙しいおっさんとか!笑)やセクハラ、泥酔、度を過ぎた大騒ぎは瞬時にお帰りいただくと共に次回以降出入り禁止となりますので気をつけてくださいね

 

 *文章だけ読むと固く見える?かも知れませんが、実際はあまり固くないです(笑)

  とにかくいちばん大切に考えているのは「ただの飲み会にはしない」ということ。

  蔵元がゲストなら蔵元の話をちゃんと聞ける会にしたいし、ジビエの会ならジビエに集中したいし。

  ・・・そんな、会としての「当たり前」を大切に考えて運営しています。

  なので、世の中に多数ある「ただお酒をたくさん並べてワイワイ楽しむ」だけの会とは違いますので、

  そのような会がお好みの方からは「鬱陶しい」と思われること請け合い!(大笑)

  そもそもこの長い文章をきちんと読むのがツラいという忍耐と集中力の無い方にも大不評!(爆笑)

  言い方は悪いけど「そういう方には来ていただきたくない」からこその「約束事」です。

  とにかく「参加した方全員に気持ちよくお帰りいただく」ことを目標に、運営に努めております。

 

以上の「当たり前のお約束」を確認した上で、電話&FAX、メールにてお気軽にどうぞ♪

不明点などもお気軽にお問い合わせ下さい。

 

電話&FAX:03-3944-0529

メール:take9243@mx6.tiki.ne.jp

 

最近おかげさまで「募集するとすぐ埋まってしまう」という嬉しい苦情も多数いただいております。

声の届く小さな会が僕のモットーでもありますので歯痒いところではあります。

ちなみに募集の告知はmixi⇒このページ⇒Twitter⇒FaceBookという順番で上がっていますので、もしもアカウントをお持ちの方はmixiの地酒屋こだまコミュニティをご利用いただけると便利というか早いかも知れません。どうぞ、ご参考までに。

最も早く告知するmixi地酒屋こだまコミュニティはこちら

 

 

 

<現在募集中の会>

 

 

★ 2/20(月)つめたいの?あったかいの?どっちがお好き? ~たけちゃんだいちゃんコラボ会~@大塚・地酒やもっと(満席)

 

★ 2/26(日)ちょこだま酒の会【2月】~今年も旬の鴨を食べ尽くすカモ♪(笑)@大塚・ちょこだま(募集中) 

 

 _______________________________________________

 

☆ 2/26に「ちょこだま酒の会【2月】~今年も旬の鴨を食べ尽くすカモ♪(笑)」を開催します!<2/2>

 

今年もやっぱりベタな題名ですみません(笑) 
昨年開催して好評だったあの会を今年も開催します。それは「鴨」。そう、あの鳥の鴨です。 

鴨を大別すると野生の「野鴨」、それを飼育した「アヒル」、そして野鴨とアヒルを掛け合わせた「合鴨」の三種類に分かれます。だから生物学上は野鴨もアヒルも同じもの。ですからそれを掛け合わせた合鴨も当然同じ種類になります。しかしその生育環境により味に違いが出ている訳であり、その点も面白い要素のひとつとなります。 

今回はそんな鴨を主題に据えて、最初から最後まで鴨三昧のコースに仕立てます。入荷状況によりますが昨年同様、三種類の鴨を揃えて食べ比べなんかも予定しています。ある程度納得のいく食材の仕入れを心掛けているため直前にならないとわからない部分もあり、仕入れ状況により価格が多少上下することをお許しください。 

合わせるお酒も単なる相性だけではなく、いつものように新酒から熟成酒までバリエーション豊かに参ります。 とにかくひたすら鴨三昧の一夜になりますがちょっと贅沢な一夜になります。よかったら一緒に楽しみにいらしてください。 



ちょこだま酒の会【2月】~今年も旬の鴨を食べ尽くすカモ♪(笑)  

日時:平成29年2月26日(日/18時より21時半まで) 
会場:大塚/ちょこだま(JR&都電大塚駅より徒歩3分) 
   地図はこちらです 
会費:7,500円~8,000円(税込)*仕入状況により変化します、ご了承ください 
定員:最大14名(2/4現在、満席)*この後はキャンセル待ちで宜しければ承ります 
内容:お料理→鴨を主題に据えた6~7品前後の鴨三昧コース料理 
    お酒→料理に合わせつつバリエーション豊かなこだまセレクト酒6~7種ほぼ飲み放題 


【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 
・店内は完全禁煙とさせていただきます

・店内環境によりお席が狭い(隣の方とぎゅうぎゅう)です、ご了承ください
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合21日まで受け付けますが、22日からは会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み、お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

________________________________________

 

2/20つめたいの?あったかいの?どっちがお好き? ~たけちゃんだいちゃんコラボ会」開催!<1/24発表>

 

同じ大塚で日本酒を広める仲間として今年で四周年を迎える「地酒やもっと」さん。 
そのもっとさんでホールの日本酒担当として多くのお客さまに日本酒の楽しさを伝えている梶川大輔くん(だいちゃん!)とは、特にふだんから日本酒について意見交換や切磋琢磨しあっている大の仲良し(とりあえず僕はそう思ってます!笑)。 

そんな二人が今回初めて、コラボでお酒の会を開催します。 
実はもっとさんとのコラボ会は何回もやらせていただいたのですが、今回は店主の水永さんがお出掛けで不在のため、会場はもっとさんでありながら非公式の二人でのコラボ会です。 

お酒は二人が「いま、のんでほしい!」お酒をセレクトし、すべて冷酒(または常温)とお燗でのセットでお出しし、飲み比べながら楽しんでいただきます。どっちが美味しいという話ではなくて、どちらの良さも感じていただけたら嬉しいかなぁ。 

種類はあえて抑えて二人で3種類ずつ、計6種類。数を飲むのではなく「一種類ずつ、ゆっくりじっくり」楽しんでいただくスタイルで進行します。マニアックになり過ぎず、でもけっこうディープなお酒も交えながら、いろいろなタイプをお出ししてみます。 

そしてお料理はもちろん、もっとさん渾身の6~7品のコース料理を誂えますのでたぶんお腹いっぱいです(笑)どんな会になるのかよくわかりません(笑)まぁ適度に緩い会にしたいと思っていますが、オトナの常識をわきまえてご参加をお願いします。 

楽しくてお得な会になるよう精一杯努めますのでご参加、お待ちしております♪ 


★つめたいの?あったかいの?どっちがお好き? ~たけちゃんだいちゃんコラボ会~★

日時:平成29年2月20日(月)19時より21時半まで 
会場:大塚/地酒やもっと 
会費:5,500円(税込) 
定員:20名(ごめんなさい、募集開始24時間で満席となりました)*キャンセル待ちで宜しければ承ります

【ご参加の際のお願い】 *必ずお読みの上お申し込みください! 

・当日はセレクトした6種類の日本酒と水しか飲めません(お持ち込みは禁止です) 
・店内は完全禁煙です(店外に灰皿ございます) 
・日本酒と料理を楽しむ会ですので大いに盛り上がってください!でも求められてもいないうんちく&余計な話ばかり話して同席者にドン引きされないようご注意ください(居るんですよそういう方!笑) 
・盛り上がっている中でも主催者が話している時だけは耳を傾けてください 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します  
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます  
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください  
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合15日まで受け付けますが、16日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだま、または地酒やもっとまでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

 ☆1/29に「ちょこだま酒の会【1月】~今年も旬の鰤をとことん楽しもう♪」開催します!<12/21発表>

 

本年もたいへんお世話になりました!(早いなぁ、一年・・・) 
来年も頑張って参りますので、ちょこだま酒の会をよろしくお願い申し上げます! 

それにしても寒くなりましたね~~~!この時期に旬を迎える素材のひとつが「鰤(ぶり)」 
特にこの時期の日本海側の鰤は「寒鰤」とも呼ばれ、冬の風物詩のひとつでもあります。 

毎年開催してご好評をいただいている「鰤の会」ですが、今年も氷見周辺より良質の寒鰤を一匹丸ごと仕入れます。昨シーズンは氷見の寒鰤がまったくの不漁で大変な年でしたが今年は今のところ数は少ないにしても上がってはいるようで何とかなる・・・と思います。(自然が相手なもので、万一の時は他県の鰤で代用することもございますがご了承ください) 

そしてこれも毎年好評の「養殖の良質な鰤」との食べ比べもやります。そしてこれも毎年のテーマ、「皮や内臓まで、食べれるところは全部食べる!」も加えて楽しみます。脂の乗った鰤を主題に、料理人ちょびんくんが前菜から〆まで6品ほど、基本に忠実ながらも「ちょこだま流」のエッセンスをあちこちに散りばめた凡庸ではないコース料理に仕立ててお楽しみいただきます。 

日本酒も新酒が出揃い、ますます楽しみな時期。 
もちろん新酒だけではなく秘蔵の熟成酒もガッツリ出しますよ♪ 
恒例となりました鰤の会、今年も一緒にお楽しみいただけたら幸いです、よろしくお願いします。 

 

ちょこだま酒の会【1月】~今年も旬の鰤をとことん楽しもう♪~

日時:平成29年1月29日(日)18時より21時まで 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
 *地図はこちらです
 *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:最初から最後までひたすら旬の寒鰤を使ったコース料理+それに合わせた厳選日本酒6種類ほどを飲み放題! 
会費:6,500円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!) 


【参加にあたってのお願い】!!!必ず熟読の上ご参加ください!!! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合24日まで受け付けますが、25日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

____________________________________________

 

☆12/19に「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.21(最終回)~あなたの愛するお酒を語り合おう♪」開催します!<12/8>

 

毎度のことですが募集が遅くなってごめんなさい。 

おかげさまでなんだかんだと毎回ほぼ満席で好評をいただいてきたオトナの勉強室ですが、思うところありまして、以前からの予告通り今回で終了いたします。 

今回はひとまず最後ということでちょっと変わった趣向にいたします。 
そしていつもと違って「オトナの勉強室に参加したことのある方」限定となります。 

今回は、参加者のみなさんが「これをみんなに飲んでもらいたい」という『いま、あなたの愛するお酒』を1本持参していただき、そのひとつひとつを全員で楽しみつつ、その中にこだまの解説を加えながら進めていきます。その解説の中で、日本酒にまつわるあれやこれやも紐解きながら進めていきます。 

冷酒向きでもお燗向きでも、生原酒でも火入れ加水でも、新酒でも熟成酒でも、未開封でも開封済でも、とにかくラベルに「清酒(日本酒)」と書いてあればなんでもOK。条件はただひとつ、「あなたがそのお酒が愛していること」くらいかな。 

その1本1本を、実際に全員で飲みながら楽しく進行していきたいと思っています。事前の知識は基本的にはまったく不要、対象はあくまで初心者~中級者向け。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 

あ、順位とかは付けません。絶対に。そういうの嫌いなんで。 

堅苦しい講義や勉強会でもありません。 が、飲み会でもありません。 
基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 
偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 
最初はお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、今回は比較的早い段階から相方ちょびんくん手作りのおつまみを、簡単なものではありますが今回は6品ほど(ふだんは4品)お出しします。 

ちなみに最終的にはみんな酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 
よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 


  オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.21(最終回)

           ~あなたの愛するお酒を語り合おう♪

日時:平成28年12月19日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    *地図はこちらです 
    *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:参加者の愛するお酒14種類+αに簡単なおつまみ6品ほど 
会費:2,500円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!) 


≪参加の際のお願い≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

・オトナの勉強室に一度でも参加したことのある方限定です 
・300ml以上であれば大きさは問いませんので「あなたの愛するお酒」を1本だけご持参ください(帰りはお持ち帰りいただきます)
・受け付けは18時50分からです 
・店内は完全禁煙です 
・お酒1本以外の持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 
・飲み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 
・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) できるだけ遅刻しないようお願いします(遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください) 
・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 
・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 
・結果的に呑み放題のお酒になりますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルは原則ご遠慮ください。万が一キャンセルの場合は14日までにお願いします。15日以降は会費全額を申し受けることになっちゃいますのでよーく考えてからご予約をお願いします 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 12/18にちょこだま酒の会【12月】~ゆく酒くる酒~ちょこだまでお鍋な忘年会♪開催!<11/30発表>

 

ちょこだまも今年一年お世話になりました! 
おかげさまで毎回楽しく開催ができたように思います。 
来年も肩の力を抜いてゆるゆると頑張りますのでよろしくお願いします! 

さてさて、今年も「ゆく酒くる酒~ちょこだまでお鍋な忘年会♪」を開催します。 

まったく同銘柄・同スペックの「出たばかりの新酒(くる酒)」と「一年(以上)寝かせた熟成酒(ゆく酒)」、要するにまったく同じお酒の年度違いをセットにして6種類12本を比べ飲みしながら年末の一夜を楽しもう!という企画。おかげさまで毎年大人気で満席&大盛り上がりの開催となっています。 

お料理は今年も「変幻鍋」。ちょっと贅沢に鴨鍋からスタート⇒寒ブリのしゃぶしゃぶ⇒牡蠣の土手鍋⇒豚キムチ鍋⇒カレー鍋と、どんどん変化していく「変幻鍋」スタイルでお楽しみいただきます。食材にも年末らしいちょっと贅沢なものを揃えますのでかなり!ご満足いただけると思います。 

楽しい夜になるよう二人とも精一杯努めますので、是非とも楽しみにいらしてください♪ 


ちょこだま酒の会【12月】~ゆく酒くる酒~ちょこだまでお鍋な忘年会♪

日時:平成28年12月18日(日/18時より21時まで) 
会場:大塚/ちょこだま(JR&都電大塚駅より徒歩3分) 
会費:5,500円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!) 
内容:お料理→ちょこだま恒例「変幻鍋」 

    お酒→同じお酒の醸造年度違い(新酒&熟成酒)をセット×6種類12本(以上)を飲み放題! 


【ご参加にあたってのご注意】!!!必ずお読みの上お申込みください!!! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません&お持ち込みはご遠慮ください 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・二次会的なご利用(大幅に酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合13日まで受け付けますが、14日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

☆ 11/28「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.20~県産米×県産酵母を感じてみよう!」

 

毎度のことですが募集が遅くなってごめんなさい。 

おかげさまでなんだかんだと毎回ほぼ満席で好評をいただいているオトナの勉強室ですが、思うところありまして年内で、今回を含めてあと二回で終了いたします。 

今回は「県産米×県産酵母を考える」と題し、当店の扱い酒の中から特に福島県・長野県・愛媛県を中心とした特徴の出ているお酒を題材にし、ひとつひとつを解説しながら進めていきます。相変わらずこだまの偏愛も混ざりながらの二時間半となります(笑)その解説の中で、日本酒にまつわるあれやこれやも紐解きながら進めていきます。 

勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。事前の知識は基本的にはまったく不要、対象はあくまで初心者~中級者向け。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 

堅苦しい講義や勉強会でもありません。 が、飲み会でもありません。 
基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 
偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 
最初の一時間くらいはお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、中盤からは相方ちょびんくん手作りのおつまみを4品ほどお出しします。 

ちなみに最終的にはみんな酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 
よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 

 

   オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.20

         ~県産米×県産酵母を感じてみよう!

日時:平成28年11月28日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    *地図はこちらです
    *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:各県の県産米と県産酵母を組み合わせて造ったお酒約12種類、ほぼ呑み放題)+簡単なおつまみ4品ほど 
会費:4,000円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで無事に終了いたしました!) 


≪参加の際のお願い≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

・受け付けは18時50分からです 
・店内は完全禁煙です 
・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 
・飲み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 
・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) できるだけ遅刻しないようお願いします(遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください) 
・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 
・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 
・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルは原則ご遠慮ください。万が一キャンセルの場合は24日までにお願いします。25日以降は会費全額を申し受けることになっちゃいますのでよーく考えてからご予約をお願いします 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

 

☆12/10に「あの約束から一年越しの悲願!星誠社長を迎えて花泉の会」を開催します!<11/18発表> 

 

きっと誰にでも、いつまでも色あせない絆があります。 
時にくっつき、時に少し離れ、そんなことを繰り返しながら、 
しかしふと振り返れば以前より固く結ばれた絆の存在に気付いたりします。 

花泉の星くんときの字の木暮くんの関係がまさにそれかなぁ、と思います。 
まぁなんというか、たまに「恋人かっ!」と思うことしばし(笑) 
そして僕、こだまがラッキーなことにその仲間に入れてもらっている感じがします。 


そんな三人が昨年の12月にひっそりと結んだ約束。 

   「来年の12月に会をしよう!」 

もうとっくに仕込みの始まったこの忙しい12月に、その約束がついに実現します。 


当日は花泉全開、きの字全開、そしてこだま全開。 
こんな忙しい時期にお酒の会なんてやろうとする馬鹿者三人のコラボに、 
よかったら、是非とも逢いにいらしてください。

 

 

あの約束から一年越しの悲願!~星誠社長を迎えて花泉の会~ 

日時:平成28年12月10日(土)18時より21時まで 
会場:新大塚/酒味処きの字 
会費:6,000円 
定員:24名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)
内容:きの字渾身のたっぷりの料理と花泉の秘蔵酒も含めたお酒約12種類ほぼ飲み放題 
ゲスト:福島県南会津の花泉酒造より星誠社長 

 


【参加の際のお約束】 *ご参加希望の方は絶対に!熟読をお願いします!

◎ゲストの星社長のトークも会の大切な(とても大切な!)要素ですのでトークの最中は私語を一旦お止めいただきお話に耳を傾けていただくようお約束ください 
〇当日のお飲み物は花泉のお酒とお水しかありません 
〇お持ち込みは内容に関わらずご遠慮ください(酒器はOKです) 
〇きの字さんは完全禁煙です(玄関外に喫煙スペースございます) 
〇お酒の会です、香りの強い香水や整髪料の使用はお控えください 
〇きの字さんの料理と花泉のお酒を楽しむ会ですので、花泉のお酒、きの字、こだまを知らなくても楽しむ気持ちがあれば大歓迎です、お気軽にご参加ください 
〇うんちくの会や勉強会ではございませんので知識は一切不要です、が、ただの飲み会ではありませんので、過度の私語や大騒ぎ・泥酔・セクハラなど他人に迷惑を掛ける行為は厳禁です 
〇キャンセルは原則ご遠慮ください。やむを得ないキャンセルは12月5日まで受け付けますが、6日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきますことをご了承ください

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

 

☆11/24「今年もたくさんの想いを込めて~本金の宮坂恒太朗さんとちとせさんを囲む会」開催!<11/8>

 

長野県上諏訪には造り酒屋が五軒あります。 
どこも決して大きくはないのですが、有名な真澄をはじめとして舞姫、麗人、横笛、そして本金(ほんきん)を醸す「酒ぬのや本金酒造」が東京でのそれとは大きく違い、片側一車線しかない甲州街道沿いの数百メートルほどの範囲に並んでいます。 

創業は宝暦6年(1756年)といいますから250年を超える歴史を持っています。創業当時は「志茂布屋(しもぬのや)」の屋号を持ち、昭和初期に「酒布屋(さけぬのや)」の屋号への変更を経て現在の「酒ぬのや本金酒造」の名称に至ります。 

平成20年度より杜氏を担当する九代目蔵元、宮坂恒太朗さんとこだまとの出逢いは10年前、平成18年まで遡ります。初めて一緒に飲み交わしたその日のことは今も忘れません。それからずっと応援をし続け、地酒屋こだまOPENと共に取り扱いをさせていただき現在に至るのですが、いつしかいち取引先を遥かに超えた、僕にとっては弟のような大切な存在になりました。 

恒太朗さんが思い描く本金は「すっと飲みやすい」「程よく味と香りが膨らむ」「主張しすぎない」そんな酒質。関わった人々を「本金で幸せにすること」が一番の目標だという恒太朗さんの造る酒を毎年見ていますが、お世辞抜きに毎年の進化が著しく、理想とする酒に徐々に近づいていることを実感するここ数年なのです。 

実は恒太朗さん、現在ALS(筋委縮性側索硬化症)という難病と闘っています(昨年はアイスバケツチャレンジなどで随分と話題にもなり一般への認知も少しは進んだように思います)。そのため当日も大きな声が出しづらいのでいつも以上にお客さまに耳を傾けていただくことになります。いえいえご心配なく、例年同様いっぱい喋ってもらいます(笑)お酒のこと、蔵のこと、二人のかわいいお子さんのこと、ふだん聞けない裏話を含めていっぱいお話をいただきます。そして恒太朗さんを支える元気な奥さま、ちとせさんにもお越しいただき、あれこれ伺いたいと思います。 

思えば今年で四年目となるこの会(しみじみ・・・)。本金のお酒はもちろん、僕の大好きな恒太朗さん、ちとせさんの想いをめいっぱい感じていただく会になります。 もちろんきの字さんもいつも以上にめちゃめちゃ気合い入れて料理を誂えます。こだまは隠し持っていたスペシャルも投入します。例年以上にたくさんの「想い」を伝えたいです。ぜひとも、本金のお酒とお二人に逢いにいらしてください。 


一昨々年の会の様子です、お読みいただけたら幸いです★ 

日本ALS協会のHPです、寄付なども受け付けています★ 


今年もたくさんの想いを込めて~本金の宮坂恒太朗さんとちとせさんを囲む会~  

日時:平成28年11月24日(木)19時より22時まで 
会場:新大塚/酒味処 きの字 
会費:6,000円 
定員:24名(おかげさまで満席&大盛り上がりにて終了いたしました!)
内容:きの字さん渾身のコース料理7~8品(以上?笑)と本金のお酒12種類ほどをほぼ飲み放題 
ゲスト:長野県諏訪市の酒ぬのや本金酒造より九代目蔵元&杜氏の宮坂恒太朗さんと奥さまのちとせさん 


【ご予約の際のお願い】 *必ずお読みください! 

★蔵元をお呼びして、そのお酒に込められた蔵元の想いやお話を伺いながらお酒と料理を楽しむ会です。勉強会ではありませんが、ただの飲み会でもございません。蔵元や主催者のお話の最中は会話を休んで耳を傾けていただくことをお約束いただきます(重要) 
★店内は完全禁煙です(玄関外に喫煙所あり) 
★当日のお飲み物は「本金」のお酒と仕込水のみとさせていただきます(お持ち込みはご遠慮ください) 
★お酒の量はほぼ飲み放題となりますが、造り手やお酒に敬意を持った飲み方をお願いします 
★お料理とお酒を楽しむ会ですが、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラなど迷惑行為は退場をお願いする場合がございます 
★キャンセルは原則ご遠慮ください。止むを得ないキャンセルは19日まで受け付けますが、20日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきます、ご了承ください

 

 *お申込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

☆ 11/12に「会津錦無料試飲会」をこだま店内で開催します!<11/4発表>

 

福島県喜多方市・・・と言っても蔵の集まる喜多方市街ではなく、喜多方駅から

車で30分近くかかる高郷町という、只見川にほど近い風光明媚な場所に蔵はあります。 
元々は「耶麻郡高郷村」でしたがちょうど10年前に喜多方市に合併された歴史があります。 

合資会社会津錦の創業は明治元年となっています。 
たぶん、もっともっと古い歴史を持っているはずなのです・・・が、 
実はそれ以前の記録が火災で焼失してしまったため正確なことは不明となっています。 

今回のゲストは将来六代目の蔵元杜氏となる40歳(独身!笑)の斎藤孝典くん。 
僕と出逢って12年、そして杜氏としてこれから14年目の造りに挑みます(早いなぁ!笑)。 
振り返れば、当時に比べて技術的にも精神的にも圧倒的に進化してきました。 

お酒がほとんど飲めないという致命的欠点(笑)を逆手に、僕が会津を訪ねると 
いつも笑顔で運転手役をかって出てくれる優しくて気遣いのできる男の醸す酒は「優しい甘口」。 

昔は他蔵と同じようにいろいろな酒米を使っていましたがここ数年は酒造好適米を使わず、 
27BYの造りは地元産の食米「天のつぶ」のみで普通酒から大吟醸までの全てのお酒を醸し、 
そのフレッシュな酸と柔らかな甘みのバランスが会津錦らしさの表現となっているように思います。 

右腕となる小竹くんと二人で約300石を醸す小さな蔵。 
僕の力不足で、まだまだまったくの無名に等しい蔵ではありますが 
こだま開店当時からずっと一緒に成長してきた、そんな感覚を僕自身は持っています。 

今回、そんな斎藤杜氏をお迎えして、 
狭い地酒屋こだまの店内の隅っこのさらに狭いスペースで試飲会を行います。 
会津錦を代表する7種類以上のお酒を、斎藤杜氏の話を聞きながらじっくり試飲できる貴重な機会です。 

本当にいい奴なんです。 そんな彼の想いのこもった酒に、よかったら逢いにいらしてください。

買っていただかなくて大丈夫!一人でも多くの方に知っていただきたい!(買ってくれたら嬉しいけど…笑)
ふらっとご来店、心よりお待ちしております。よろしくお願い申し上げます。 


【斎藤孝典杜氏をお迎えして~会津錦無料試飲会!】 

日時:平成28年11月12日(土)13時半~16時半 
会場:地酒屋こだま店内 
費用:無料 
予約:不要

ゲスト:福島県喜多方市より会津錦の斎藤孝典杜氏

 

 *おかげさまで予想を上回る45名以上のお客さまにご来店いただきました、ありがとうございました!

 

 *試飲ご希望の方はお車(自転車含む)での来店はご遠慮ください

 


当日試飲できるお酒(購入も可能です) 

★純米大吟醸 Q(ku)生原酒 
★純米 Q(ku)生原酒 
★純米 Q(ku)火入れ原酒 
★純米 さすけね 無濾過生原酒 
★本醸造 こでらんに 無濾過生原酒 
★純米 なじょすんべ 無濾過 
★純米 すっぺったこっぺった 

その他、こだまストックの熟成酒もいくつか・・・・・(笑)

 

 *お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

____________________________________________

 

 

☆ 11/27に「ちょこだま酒の会【11月】そして今年も「ジビエ」る?Vol.5」開催します!<10/31発表>

 

おかげさまで毎年大好評ですし。 
やりがいがあるみたいで、肉を食べられないちょびんくんもノリノリですし(笑) 

という訳で今年もやります、ジビエと日本酒の会。 
おかげさまで毎年11月の定番となり、今年で5回目となります。 

秋になるとよく聞きますよね、ジビエって。 
ジビエとはフランス語で「狩猟によって捕獲された野生の鳥獣」を指すそうです。 
そうですよね、主に高そうなフランス料理のお店でしか聞かないですもんね(笑) 

ジビエを安価で出す店もここ数年増えてきた気がしています。 
ただどうもね、安価な店の共通項として「旨味調味料まみれ」な気がするのですよ。 
もちろんまともな店もあるのでしょうけど、なんかもったいないなーって思うのですね。 

では、ジビエを「和の心」で料理してみたらどうなるか。 
では、ジビエを「日本酒」で楽しんでみたらどうなるか。 

あんまり難しいこと考えても始まらない。 
ので、ちょこだまスピリット全開にして好奇心で取り組んでみます。 
間違っても高級フレンチみたいな料理は出さないからそのつもりで来てね。 

今年もさらにさらに進化した「ちょこだま流ジビエ料理+日本酒」に挑戦します。 
とはいえゆる~い会です。お楽しみいただけるよう精一杯努めますのでどうぞよろしくお願いします。 


ちょこだま酒の会【11月】そして今年も「ジビエ」る?Vol.5

日時:平成28年11月27日(日)18時より21時まで 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)

    *大塚駅南口から徒歩3分です 
    *地図はこちら
会費:8,000円(税込) 
定員:14名(おかげさまで満席&大盛り上がりで終了いたしました!)
内容:ちょこだまが和の技と心、そして洋へのリスペクトをもってジビエのコース料理(6~7品)を組み立て、それに合う酒を6~7種類ほど、ほぼ飲み放題の日本酒を楽しんでいただきます 


【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上お申込みください!!! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・基本的な趣旨は「ジビエを主題にした料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合22日まで受け付けますが、23日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み、お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

 

☆10/24「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.19~僕がいま伝えたい酒」開催!<10/19>

 

毎度のことですが、いや~~~申し訳ない(大汗) 
今月もこんなに寸前(5日前!苦笑)の募集となってしまいました。 
ちょっと無理かも知れませんが、今回も5名以上集まったら開催します(開催決定です♪)。 

おかげさまでなんだかんだと毎回ほぼ満席で好評をいただいているオトナの勉強室ですが、思うところありまして年内で、今回を含めてあと三回で終了いたします。 

今回は「僕がいま伝えたい酒」と題し、僕が今、飲んでいただきたいお酒をひとつひとつ解説しながら進めていきます。こだまの完全偏愛の二時間半となります(笑)その解説の中で、日本酒にまつわるあれやこれやも紐解きながら進めていきます。 

勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。事前の知識は基本的にはまったく不要、対象はあくまで初心者~中級者向け。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 

呑み会ではありません。が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 
でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 
偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 
最初の一時間くらいはお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、中盤からは相方ちょびんくん手作りのおつまみを4品ほどお出しします。 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 
よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 


オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.19~僕がいま伝えたい酒~

日時:平成28年10月24日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    *地図はこちらです
    *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:こだま店主がいま、飲んでいただきたいお酒約12種類、ほぼ呑み放題)+簡単なおつまみ4品ほど 
会費:4,000円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまでほぼ満席にて終了いたしました!) 


≪ご参加の際のお願い≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

・受け付けは18時50分からです 
・店内は完全禁煙です 
・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 
・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 
・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) できるだけ遅刻しないようお願いします(遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください) 
・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 
・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 
・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・直前募集のためキャンセルはご遠慮ください。万が一キャンセルの場合は会費全額を申し受けることになっちゃいますのでよーく考えてからご予約をお願いします 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

 

☆ 11/9に「ゆりとぐらとひろとたけの「今年も反省会♪2016」(鶴乃江酒造の会)」開催!<10/15発表>

 

今年もやるぞぉ! 
よかったらみなさん、一緒に反省しに来てね♪ 
___________________________ 

福島県会津若松で手造りの酒を醸す鶴乃江酒造では「会津中将」を主要銘柄に「永寶屋」や「ゆり」などのお酒を醸しています。穏やかで優しい笑顔の名杜氏、坂井杜氏を中心に蔵人が一丸となって造りに向き合い、槽で丁寧に搾ったお酒は会津らしい米の旨みたっぷりのお酒でファンも多い蔵です。 

「ゆり」では杜氏を務めるゆりさん、そして全般をまとめる旦那の洋年くんとのお付き合いも随分と長くなりました。そしてきの字さんでのこの反省会も毎年恒例となりました。 

鶴乃江酒造のここ十年の進化は凄まじく、進化の中に安定感さえも魅せ始めています。以前とまったく変わらない手造りながら生産石高も800石を超え、さらに今年も含めてここ数年はあちこちで賞を取りまくって「名実共に一流蔵」となってきましたので今年こそは「世界の鶴乃江」に断られるのではないかときの字とドキドキしていました(笑) 

でも優しいお二人は今年も快諾してくれ、忙しい中でなんとか日程を調整してくれ揃って来てくれることになりました(有り難し!)。おかげさまで今年も「反省会」と題して「全然反省しない会」を開催します(笑)他店での会とは一味違う、かなり肩の力が抜けたスタイルになると思いますがご了承ください。 

今年もきの字さんの全力料理と、こだま秘蔵コレクションも加えた鶴乃江のすべてを今年もご堪能ください! 


ゆりとぐらとひろとたけの「今年も反省会♪2016」(鶴乃江酒造の会)

日時:平成28年11月9日(水)19時より22時まで 
会場:新大塚/酒味処きの字

    *地図はこちら
会費:6,000円 
定員:26名(おかげさまで満席&大盛況にて終了いたしました!)
内容:きの字渾身のたっぷりの料理と鶴乃江の秘蔵酒も含めたお酒11種類前後ほぼ飲み放題 
ゲスト:鶴乃江酒造(会津中将・ゆり・永寶屋)より林ゆりさんと旦那の洋年くん 
    *ちなみにゆり⇒(ゆりさん)、ぐら⇒(洋年くん)、ひろ⇒(きの字)、たけ⇒(こだま)となります 


【参加の際のお約束】*必ず全てお読みの上ご予約ください! 

◎ゲストお二人のトークも会の大切な(とても大切な!)要素ですのでトークの最中は私語を一旦お止めいただきお話に耳を傾けていただくようお約束ください 
〇当日のお飲み物は鶴乃江のお酒とお水しかありません 
〇お持ち込みは内容に関わらずご遠慮ください 
〇きの字さんは完全禁煙です(玄関外に喫煙スペースございます) 
〇お酒の会です、香りの強い香水や整髪料の使用はお控えください 
〇きの字さんの料理と鶴乃江のお酒を楽しむ会ですので、鶴乃江のお酒、きの字、こだまを知らなくても楽しむ気持ちがあれば大歓迎です、お気軽にご参加ください 
〇うんちくの会や勉強会ではございませんので知識は一切不要です、が、ただの飲み会ではありませんので、過度の私語や大騒ぎ・泥酔・セクハラなど他人に迷惑を掛ける行為は厳禁です 
〇キャンセルは原則ご遠慮ください。やむを得ないキャンセルは11月3日まで受け付けますが、4日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきますことをご了承ください

 

 *お申し込み、お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

☆ 10/23に「ちょこだま酒の会【10月】ちょびんの基本~だしをしるVol.3~」を開催します!<9/30>

 

ちょこだまの料理人、ちょびん、こと、渡辺直樹とこだまが組んでちょこだまの営業を始めて早いもので間もなく丸五年が経とうとしています。彼の料理、おかげさまでそれなりに好評を得ているようで有り難いことだなと感じます。自宅で仕込み、それを運んで仕上げて提供するという実に面倒な作業を淡々とこなし続けてくれる彼には、僕としても頭の下がる想いです。 

二人で「ちょびんの料理の原点って何だろうね?」って話題になる時に必ず鉄板となるのが「だし」なんです。京都での修業時代に彼が学んだ「だし」がベースになって、彼の化学調味料などを使わない無添加料理人としてのスタンスが出来上がっているのだと思うのです。 

そんな中で「だし」の会を、過去二回開催してきました。会のテーマとしては実に地味ではありますが彼のベースとなる「だし」はもちろんのこと、様々な「だし」を生かした料理や、同じ料理をだし違いで比べてみたり、なんて遊び心を加えながら、旬の食材をふんだんに使ったコース料理に仕立てて開催し、それなりに好評をいただきました。 

久しぶりに、この「だし」の会を開催します。三回目となる今回も、だしを中心に据えながらも旬の食材を取り入れつつ遊び心をスパイスに加えたコース料理を誂えます。勉強会ではありません、料理とお酒を楽しみながら「だしって大切だよね~~~面白いね~~~♪」という会にしようと思います。よかったらご参加ください。 

 

ちょこだま酒の会【10月】ちょびんの基本~だしをしるVol.3~

日時:平成28年10月23日(日)18時より21時まで 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)

    *地図はこちら

    *大塚駅南口から徒歩3分です 
会費:5,500円(税込) 
定員:14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!) 
内容:だしを主題に据え、かつ旬の食材を使ったコース料理+こだま厳選の日本酒6~7種類(基本的には飲み放題) 


【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合18日まで受け付けますが、19日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________

 

☆ 10/29に「高田昌樹杜氏と一緒に此君を気軽に楽しむ会♪@大森ottimoさん」開催します!<9/24>

 

昨年に続いて、自称「夢のコラボ」の実現です(笑)。 

大森と大塚、近いようで意外に遠いこの関係(笑) 
しかしお互いのお酒に対する想いは実に近く、心の繋がりと絆は常にがっしり♪ 
そんな二人の一年ぶりのコラボイベントは、もちろん「此君の高田昌樹杜氏の会」です。 

お呼びする蔵元杜氏は鳥取県倉吉の高田(たかた)酒造の若き造り手、高田昌樹さん。醸す酒は「此君(しくん)」関西より東では初めて、こだまで扱い始めて三年になる「パワフルドライ」系。彼が造りに携わり、五年でやっと50石ちょっと(!)という小さな小さな造りの蔵です。 

扱い始めた当初からottimoさんでも良い評価を頂戴していました。ただスッキリしているだけの「なんちゃって辛口」が多い中、粗削りながらも力強い米の旨味を堪能できる此君の「旨い辛口」に何かを感じていただけたようです。そして昨年のこだま五周年祭で初めて高田さんとottimoの中田さんが出逢うことができ、つい先日も中田さんが蔵に出掛けて濃密な三日間を過ごして来たようです(笑) 

今回は数年分の此君の中から選りすぐりの10種類程度を用意し、とにかく「此君を気軽に楽しんでいただく」ために、 

★立席! 

★予約不要! 

★2,000円で此君飲み放題! 

★いつ来てもいつ帰ってもOK! 

という気軽で緩~いスタイルで開催します。 
もちろん、中田さん渾身のお料理はキャッシュオンでお楽しみいただけます。 
もちろん高田さんはずっと店内におりますのでどんどんお酒のことやそれ以外のこと(?笑)もたくさんお話していただけます。 

フラッと寄って2、3杯飲んで次へ行くもよし、高田さんの話を聞きながら少しずつ全種類を制覇するもよし、料理も頼んでガッツリDEEPに此君を堪能するもよし、どうぞ自由なスタイルでお楽しみいただけたら幸いです。(そして終了後は大森の素敵な飲み屋さんをガッツリお楽しみいただけたらなお幸いです♪) 

ottimoとこだまが高田さんと一緒に楽しむ此君。高田昌樹ワールド、よかったら気軽に逢いにいらしてください。 

 

                  ★★★★★★★★★お願い★★★★★★★★★ 

予約不要なのですが用意するお酒の量をある程度把握するため「参加表明」をお願いできると助かります。「だいたい何時頃に何名か」を書き込んでください。変更も大丈夫ですしキャンセルもOK(でもできれば来てね!笑)ですので「とりあえず」的な感じでお願いします。そしてもちろん、当日の飛び入り参加も大歓迎です♪ 


高田昌樹杜氏と一緒に此君を気軽に楽しむ会♪ 

日程:平成28年10月29日(土) 
時間:15時~19時の中ならいつでもOK! 
会場:大森/ottimo JR大森駅より徒歩7分 
    地図はこちら
会費:2,000円で此君10種類ほどを飲み放題! 
定員:なし(立席) <おかげさまで約40名のお客さまにご来店いただき大盛況にて終了いたしました!>
予約:不要ですが参加表明いただけると助かります!⇒地酒屋こだままでご連絡ください

 

 *参加表明、お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

________________________________________

 

 

☆9/26「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.18~お米の違いを感じてみよう」<9/21発表> 

 

いや~~~申し訳ない(大汗) 
こんなに寸前の募集となってしまいました。 
ちょっと無理かも知れませんが5名以上集まったら開催します。 

おかげさまで毎回好評をいただいているオトナの勉強室ですが、 
今年からちょっと幅を広げて、こだまが心に秘めていた実験的な試みも加えております。 

今年になってずっと「蔵元不在の蔵元の会」、こだま流にその蔵元の酒を掘り下げるという試みをしてきましたが、今回は「もう一度やってみたいなぁ」という内容があり、昨年一度取り上げた「お米の違い」を再度やってみたいと思います。 

お米の種類が違えば味も変わることはなんとなくご存知と思います。山田錦に代表される「酒造好適米」、松山三井や亀の尾などの本来は食用なんだけど酒造りにも向いている「酒米」、そして食用がメインだけど酒造りにも使う「一般米」・・・まぁ、品種もいろいろありますし全てを網羅しようとは思っていません。それぞれの特性やニュアンスの違いを感じていただくことで「何故そのお米が使われているのか」を紐解き、そのお酒に込められた造り手の想いを五感で感じていただきたいと思います。 

勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。事前の知識は基本的にはまったく不要、対象はあくまで初心者~中級者向け。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 

呑み会ではありません。が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 
でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 
偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 
最初の一時間くらいはお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、中盤からは相方ちょびんくん手作りのおつまみを4品ほどお出しします。 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 
よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 


オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.18~お米の違いを感じてみよう

日時:平成28年9月26日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    *地図はこちら
    *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:お米の違いを感じていただける、こだま秘蔵酒含むお酒約12種類をほぼ呑み放題+簡単なおつまみ4品ほど 
会費:4,000円(税込) 
定員:最大14名(五日前の募集にも関わらず、おかげさまでほぼ満席にて終了いたしました!) 

≪参加の際のご注意≫ *必ず(必ず!)熟読の上、お申し込みください! 

・受け付けは18時50分からです 
・店内は完全禁煙です 
・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 
・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 
・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) できるだけ遅刻しないようお願いします(遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください) 
・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 
・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 
・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・直前募集のためキャンセルはご遠慮ください。万が一キャンセルの場合は会費全額を申し受けることになっちゃいますのでよーく考えてからご予約をお願いします 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

 

☆ 9/25に「ちょこだま酒の会~みたびハモってみる?(笑)~落ち鱧尽くしの会♪開催!<9/6発表>

 

一般には「夏が旬」と認識されている鱧(はも)。いや、もちろんそれは間違いではないんですけど、正確には「夏と秋の二回」が旬と呼ばれています。7月中旬の京都の祇園祭、7月末の大阪の天神祭には欠かせないことから「鱧は夏」というイメージが強いのですが、8月頃の産卵が終わって再び身が肥えてくる9月末から11月頃の鱧はいわゆる「落ち鱧」と呼ばれ脂の乗った美味しい鱧の時期なんです。 

 

京都での修行経験もあるちょびんくんが、あえて夏の鱧ではなくその「落ち鱧」を主題に据えて挑み好評をいただいた一昨年、昨年に続き今回は三回目に挑戦です。例年同様、湯引きなどの定番料理も組み込みながら、ちょこだま流の「楽しい鱧コース料理」を誂えてみます。最初から最後までとにかく鱧尽くしとなります。お酒もそれに合わせて、味の乗ってきた秋の美味しい日本酒を6~7種類セレクトしていつものようにほぼ飲み放題となります。 

 

脂の乗った落ち鱧をこれでもか!と使ったコース料理と旬の日本酒の、ちょこだまにしてはちょっと贅沢な会をちょこだまならではのお得な価格でご提供いたします。どうぞ堪能しにいらしてください。 

 

 

ちょこだま酒の会【9月】~みたびハモってみる?(笑)~落ち鱧尽くしの会♪

 

日時:平成28年9月25日(日)18時より21時まで 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)

   *地図はこちら

   *大塚駅南口から徒歩3分です 

会費:8,000~8,500円(税込)

   *仕入れにより変わります。一昨年は8,000円、昨年は8,300円でした。

定員:14名(おかげさまで即日満席!にて無事終了いたしました!)

内容:落ち鱧を主題にした7品前後の鱧尽くしコース料理+こだま厳選日本酒6~7種類ほぼ飲み放題

 

【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上お申込みください!!! 

 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合20日まで受け付けますが、21日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

☆ 9/3(土)に「松っちゃんの角打ち@こだま(廣戸川試飲会)」をやります!<9/1発表>

 

突然ですが、今度の土曜日に廣戸川を醸す松崎祐行杜氏をお迎えして地酒屋こだまの片隅で「松っちゃんの角打ち@こだま(廣戸川の試飲会)」を行います!

 

時間は18時~20時のみ、予約不要の立ち飲みです!(椅子はありません)

 

一杯目は廣戸川三種類(純米吟醸/特別純米/普通酒)を60mlずつ(計180ml)を松っちゃんのお酌にて400円にて強制的に(笑)お飲みいただきます!

 

★支払いはキャッシュオン、その都度お願いします!

 

廣戸川を飲み終えた後は店内ほぼ全てのお酒、約200種類をほぼ原価(60mlで100円~)で、これまた松っちゃんのお酌で楽しめます!

 

★狭いスペースですので混み合った場合は30分を目安に譲り合いをお願いします!

 

松っちゃんとのトークはご自由に・・・こだま店主も一緒に飲んでるかも知れませんがお許しください(笑)

 

★おつまみはありません!(持ち込み不可) お水は86円(500ml)で販売しています!

 

一通り楽しんだら、どうぞ大塚の町へ繰り出してください!(笑)

 

 

今期も廣戸川で大活躍!造りを目前にした松崎祐行杜氏の肉声に触れるチャンスです。

よかったらちょっと覗きにいらしてください♪

 

 *お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

 

(おかげさまで入れ替わり立ち代わり、トータル25名ほどのお客さまにご来店いただき、終始大賑わいとなりました。ご来店いただきありがとうございました!)

 

___________________________________________

 

☆8/29「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会17~長野/酒ぬのや本金酒造」開催!<8/18発表>

 

おかげさまで毎回好評をいただいているオトナの勉強室ですが、 

今年からちょっと幅を広げて、こだまが心に秘めていた実験的な試みも加えております。 

 

そのファーストステップだった「奈良・千代酒造」、「長野・湯川酒造店」、「埼玉・小江戸鏡山酒造」、「鳥取・高田酒造」、「岐阜・三千櫻酒造」に続いて「長野・酒ぬのや本金酒造」の会を開催します。・・・えっ?それってフツーじゃん。と思いますよね。 

 

しかしフツーと違うのは蔵元はいらっしゃいません。 

その代わり、地酒屋こだま店主である僕が本金を醸す酒ぬのや本金酒造を徹底的に掘り下げます。 

 

本金は「ほんきん」と読みます。宝暦6年(1756年)に酒造りを始めたといいますから260年もの歴史を持った蔵なのです。九代目蔵元、宮坂恒太朗くんを中心に家族ぐるみで100石ちょっとを醸しています。 恒太朗くんとの出逢いは9年前になりますが、良くも悪くも田舎臭い(笑)本金の酒を、その「らしさ」を残しつつ少しずつ少しずつ進化させてきた骨太な男です。現在は難病ALSと戦いながら右腕となる今井くんを頼りながらではありますが杜氏として本金を進化させ続けています。そんな酒ぬのや本金酒造の魅力を、こだまが隅々まで解説しながら進行します。 

 

2013年に開催した本金の会の様子です。よかったら予習にご覧ください(笑)

 

お酒は新酒から4年ほど寝かせたこだまスペシャル熟成酒まで12種類ほどを系統立てながら進めて参ります。今までの勉強室と違い、早めの時間からおつまみと一緒に楽しんでいただきます。今回は長野の蔵元ということで、ちょびんくんに「長野県ゆかりの簡単なおつまみ」を用意して貰います。あくまでお酒がメインということで、お腹いっぱいになる量ではありませんのでご了承願います。 

 

一般的な蔵元を囲む雰囲気の呑み会ではありません。 

当日のお酒、1本1本、事細かに分析・解説させていただきます。 

堅苦しい講義や勉強会ではありませんが、こだまの話を中心に進行します。 

 

当然、基本的に関係ない無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

偏らない解説で酒ぬのや本金酒造のお酒をベースに、日本酒全体の本質をも紐解けたらいいな、と思います。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

 

ちなみに最終的にはみんな確実に酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 

 

 

オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.17~長野・酒ぬのや本金酒造

 

日時:平成28年8月29日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    *地図はこちら

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:酒ぬのや本金酒造のお酒12種類ほど(ほぼ呑み放題)+長野県に縁の簡単なおつまみ 

会費:4,000円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)

 

 

≪参加の際のお願い≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

 

・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) できるだけ遅刻しないようお願いします(遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください) 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはご遠慮ください。万が一キャンセルの場合23日までは無料で受付ますが、24日以降は代理の方をご自身で探していただくか、会費全額を申し受けることになっちゃいます、ご了承ください 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

8/28「ちょこだま酒の会【8月】和のだしと魚醤を使ったタイ料理と日本酒を楽しむ会」開催!<8/4>

 

ちょびんとこだま、二人とも大好きなんです、タイ料理。タイ料理屋さん行くと「パクチー大盛りで!」とか言っちゃうんです。もちろん自宅にはナンプラー常備ですし、最近はタイ料理屋さんも増えてきて嬉しい限りなのです。 

 

でもタイ料理屋さん行くとどうしてもやっぱりビールじゃない。そもそもタイ料理って(料理にもよるけど)結構辛いじゃない。まぁそもそも普通のタイ料理屋さんで美味しい日本酒見たことないし(仕方ないけど悲しいねぇ・・・苦笑)。

 

なので、一昨年から恒例になりつつあるタイ料理のコース+日本酒!途中でどんなに飲みたくなってもビール禁止!(笑)でも実際には日本酒だけでも充分に楽しめることを確認していただける会となりました。日本酒と料理の相性はやっぱり世界一だなぁ、と思うのです。 

 

と言う訳で好評だった昨年に引き続きナンプラーを封印して数種類の「和の魚醤」を使い、ちょびんくんの真骨頂とも言える「和のだし」をベースにしたタイ料理と、こだまセレクトの「タイ料理に合う日本酒」を楽しむ会を開催します。 

 

とはいえ辛すぎるとどうにもアレなので(笑)その辺は少々チューニングします。コテコテのタイ料理ではなく、ちょっと贅沢な旬の食材に和の技法を用いた「ちょびん風タイ料理」です。でも二人とも大好きなので魚醤とパクチーはてんこ盛りで(笑) 

 

日本酒も「おっ!」と唸るものをセレクトしてみます。にごりあり、生原酒あり、熟成あり、全体的にちょっと濃いめ(いつものことか?笑)のバラエティに富んだものになる予定です。よかったら、一緒に楽しみにいらしてください♪ 

 

 

ちょこだま酒の会【8月】

~和のだしと和の魚醤を使ったタイ料理と日本酒を楽しむ会♪~ 

 

日時:平成28年8月28日(日)18時より21時まで 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) *大塚駅南口から徒歩3分です 

  *地図はこちら

会費:5,500円(税込) 

定員:14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

料理:旬の食材を和のだしと和の魚醤で誂えたちょっと贅沢なタイ料理のコースと、それに合わせた地酒屋こだま厳選日本酒6~7種類飲み放題 

 

 

【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合23日まで受け付けますが、24日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

 

☆ 8/20に「 松本を伝えたい~笹の誉(笹井酒造)&女鳥羽の泉(善哉酒造)の会♪」開催!<7/28>

 

長野県松本市は新宿から特急あずさに乗れば3時間足らず、国宝松本城を中心とする城下町です。アルプスの山々に囲まれ、北と南の両アルプスからの伏流水に恵まれた実に美しい町。こだまも登山をやっていた縁で20代の早くから親しみ、今も交流の続く店がいくつかある大好きな町です。

 

そんな松本市には現在5つほどの蔵があります。その中でも特にご縁あって、現在は笹の誉を醸す笹井酒造さんとたいへん親しくお取引をさせていただいております。そんな中、さらにご縁をいただいて実は昨年10月にその他の全蔵元を訪ねてくる機会に恵まれました。

 

詳細はこちらのブログにまとめております。

 

交流を深める中、まぁこれもまたご縁なのですが今回笹井さんとタッグを組む「女鳥羽の泉」を醸す善哉(よいかな)酒造の根岸杜氏と仲良くなりまして、さらに蔵をもう一度訪ね、いろいろなお話を伺いながら現在に至ります。根岸杜氏は蔵元ではなく社員杜氏ですが9年ほど前から杜氏を務めています。端的に言えば9号酵母主体の食に寄り添う優しいお酒を醸します。僕のいっこ上なので今年49歳。歳が近いこともありいろいろと共感することも多々あり、お取引はしておりませんが応援している立場なのであります。

 

そして笹の誉を醸す笹井さんはお取引を始めて4年ほどになりますが、全ての仕込みを3~400Kgという超小仕込みでストイックな酒造りを行う蔵元杜氏。毎年のブレはまだまだありますが(笑)米の旨みを前面に出したジューシーな酒造りでこだまでも着実にファンを増やし続けています。

 

今回、お二人のたっての希望で「笹井&根岸」ダブルの会を開催することになりました。お二人が仲良しということもありますが、僕から見て二人の造りは同じ面と違う面が明確にあって実に楽しいのです。なので今回は双方の蔵から6種類ずつ、合計12種類のお酒を用意します。そして二蔵の同じような条件のお酒(例えば信州産ひとごこちを9号酵母で醸したお酒)を同時に出して飲み比べしながら造り手の話を大いに伺い、そしてなるたかさんの美味しいコース料理と合わせて楽しみましょう、という企画です。

 

お二人からは造りの話はもちろん、普段話さないような裏話まで引き出そうと企んでいます(笑)こだまの会ならではの造り手トークも目一杯の会です。特に首都圏では滅多に見れない「松本酒の競演」、是非楽しみにいらしてください。

 

 

★ 松本を伝えたい~笹の誉(笹井酒造)&女鳥羽の泉(善哉酒造)の会♪ ★

 

日時:平成28年8月20日(土)18時15分受付開始/18時半開宴/21時半終了 

会場:水道橋/海山和酒なるたか(JR総武線水道橋駅より徒歩3分/都営三田線水道橋駅 A6番出口より徒歩1分/営団丸ノ内線後楽園駅より徒歩10分) *地図はこちらです

会費:6,000円(税込) 

定員:30名(おかげさまで満席&大盛り上がりで終了いたしました!)

お酒:笹の誉6種類+女鳥羽の泉(善哉)6種類=合計12種類をほぼ飲み放題

料理:なるたかさん渾身のコース料理 

ゲスト:笹井酒造より笹井康夫杜氏&善哉酒造より根岸則夫杜氏

お話:造り手二人&こだまのトーク全開(笑)

 

 

【ご予約の際のお願い】*必ずお読みください! (ご予約時に確認させていただきます)

 

・当日のお飲み物は二蔵の日本酒と仕込水のみとなります 

・お持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください 

・ほぼ飲み放題ではありますが、造り手が悲しむような敬意のない飲み方はお断りします 

・飲み会ではありません。蔵元の話を楽しみながらお酒と料理を楽しむ会です。なので造り手のお話も会の大切な要素となりますのでお話の最中は耳を傾けていただくことをお約束いただだきます

・泥酔、大騒ぎなど他のお客さまに迷惑を掛ける行為のあった場合はご退席いただきます 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。止むをえない場合15日まで受け付けますが、16日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください 

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

7/25「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.16~岐阜・三千櫻酒造」開催!<7/8>

 

今回は募集が意外に早いぞ!(笑) 

 

おかげさまで毎回好評をいただいているオトナの勉強室ですが、 

今年からちょっと幅を広げて、こだまが心に秘めていた実験的な試みも加えております。 

 

そのファーストステップだった「奈良・千代酒造」、「長野・湯川酒造店」、「埼玉・小江戸鏡山酒造」、「鳥取・高田酒造」に続いて「岐阜・三千櫻酒造」の会を開催します。・・・えっ?それってフツーじゃん。と思いますよね。 

 

しかしフツーと違うのは蔵元はいらっしゃいません。 

その代わり、地酒屋こだま店主である僕が三千櫻を醸す三千櫻酒造を徹底的に掘り下げます。 

 

三千櫻は「みちざくら」と読みます。明治10年に酒造りを始めた創業者、山田三千介さんの名前に由来しています。

 

現在、杜氏も務める山田耕司社長と蔵人2名で酒を醸しています。山田さんを支える奥さまの和枝さんを含めて本当に家族ぐるみの小さな蔵で、まぁ、びっくりするほど手作業で全ての酒に対峙しています。「酒造は農業」の考えの元に米作りや水源となる裏山の水を守り、食中酒を造るため派手な酵母も使わずどんなに米を磨いても(40%精米でも!)表示は全て「純米」に統一するこだわりを持ち続ける、そんな三千櫻酒造の魅力を、こだまが隅々まで解説しながら進行します。 

 

お酒は新酒から4年ほど寝かせたこだまスペシャル熟成酒まで12種類ほどを系統立てながら進めて参ります。今までの勉強室と違い、早めの時間からおつまみと一緒に楽しんでいただきます。今回は岐阜の蔵元ということで、ちょびんくんに「岐阜県ゆかりの簡単なおつまみ」を用意して貰います。あくまでお酒がメインということで、お腹いっぱいになる量ではありませんのでご了承願います。 

 

一般的な蔵元を囲む雰囲気の呑み会ではありません。 

当日のお酒、1本1本、事細かに分析・解説させていただきます。 

堅苦しい講義や勉強会ではありませんが、こだまの話を中心に進行します。 

 

当然、基本的に関係ない無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

偏らない解説で三千櫻酒造のお酒をベースに、日本酒全体の本質をも紐解けたらいいな、と思います。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 

 

 

オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.16~岐阜・三千櫻酒造 

 

日時:平成28年7月25日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    *地図はこちら

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:三千櫻酒造のお酒12種類ほど(ほぼ呑み放題)+岐阜県に縁の簡単なおつまみ 

会費:4,000円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

 

 

≪参加の際のご注意≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

 

・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) できるだけ遅刻しないようお願いします(遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください) 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはご遠慮ください。万が一キャンセルの場合20日までは無料で受付ますが、21日以降は代理の方をご自身で探していただくか、会費全額を申し受けることになっちゃいます、ご了承ください 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

 

☆ 8/1に「ちょこだま酒の会【7月】そして今年もやっぱり貝三昧の会!」開催!<7/5発表>

 

あ~あ、やっぱり今年もやりたくなっちゃった♪ 

自他共に認める、無類の貝好きのたけ&ちょびん。 
たまにお寿司屋さん行くと貝は片っ端から注文してしまいます。 
でもね、仕方ないんだけどね、けっこういいお値段なんだよね・・・(苦笑) 

元々は「たまには値段を気にせず貝をたらふく食べたいよね」的なノリで考案した「貝の会」、ちょこだま酒の会が始まってすぐに取り上げご好評をいただいたのが4年前。そして一昨年、昨年と会を重ねてきましたがそろそろまた二人の欲望が抑えきれなくなってきたので(笑)今年もまた開催したいと思います。 

季節的には岩牡蠣もいいですし真牡蠣も残っています。その他にも刺身はもちろん、いろいろな貝をメインにした6品ほどのコース料理と、「貝に合わせたら美味しいだろうなぁ♪」という地酒屋こだま厳選の日本酒を6~7種類、飲み放題でご用意します。 

*ここ数年、地球の変化なのかなんなのか、理由はともかく「海の状態」にも変化があり漁獲が読めない状況が続いております。2月の鰤の会の時も話しましたが今期は氷見の寒鰤が上がらないなど、とにかくぎりぎりまで読めません。今回の会は特に鮮度を重視しておりますのでどんな貝を揃えられるか、最大限の努力は致しますが「必ず○○が入る」という言い方ができないことをご了承ください。 

とはいえ、とにかく最初から最後までひたすら貝尽くし! 
貝に弱い体質の方にはちょっと難しい貝、いえw、会ですが、かなり!お得で楽しい内容にできると思いますので是非ともご参加ください。 


ちょこだま酒の会【7月】そして今年もやっぱり欲望のままに(笑)貝三昧の会!

日時:平成27年8月1日(月)19時より22時まで

 *都合により今回はちょっとずれて8月の月曜日となります 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    *地図はこちらです 
    *大塚駅南口から徒歩3分です 
会費:7,000円~7,500円(仕入れ状況によって変化します、ご了承ください) 
定員:14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)
内容:いろいろな貝をメインにした6品ほどの貝三昧のコース料理+「貝に合わせたら美味しいだろうなぁ♪」という地酒屋こだま厳選日本酒6~7種類飲み放題 


【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合26日まで受け付けますが、27日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________

 

☆ 6/27に「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.15~鳥取・高田酒造」開催! <6/16>

 

毎回、募集が遅くなってごめんなさい。 

 

おかげさまで毎回好評をいただいているオトナの勉強室ですが、 

今年からちょっと幅を広げて、こだまが心に秘めていた実験的な試みも加えております。 

 

そのファーストステップだった「奈良・千代酒造」、「長野・湯川酒造店」、「埼玉・小江戸鏡山酒造」に続いて、「鳥取・高田酒造(此君)」の会を開催します。・・・えっ?それってフツーじゃん。と思いますよね。 

 

しかしフツーと違うのは蔵元はいらっしゃいません。 

その代わり、地酒屋こだま店主である僕が此君を醸す高田酒造を徹底的に掘り下げます。 

 

此君は「しくん」と読みます。そして高田酒造は「たかた」と読みます。 

 

東京でのサラリーマン生活を経て蔵に戻って勉強をし、手探りで自身の酒を醸し始めた高田昌樹くん。その最初の造り、23年度の造りはタンク1本からスタートし、毎年少しずつ仕込み本数を増やし今期はついに8本(とはいえたった50石ほどですが・・・笑)を造るまでになりました。たまたま彼の初年度のお酒からずっと見守り続け、3年目の造りよりこだまで扱いを始め、今ではこだまを代表するドライ系にまで成長いたしました。そんな彼の目指す酒は「アルコール度数の高い、パワフルな(いわゆる)辛口酒」。まだまだ粗削りですがとにかく力強い!そんな高田酒造の魅力を、こだまが隅々まで解説しながら進行します。 

 

お酒は新酒から4年ほど寝かせたこだまスペシャル熟成酒まで12種類ほどを系統立てながら進めて参ります。今までの勉強室と違い、早めの時間からおつまみと一緒に楽しんでいただきます。今回は鳥取の蔵元ということで、ちょびんくんに「鳥取県縁の簡単なおつまみ」を用意して貰います。あくまでお酒がメインということで、お腹いっぱいになる量ではありませんのでご了承願います。 

 

一般的な蔵元を囲む雰囲気の呑み会ではありません。 

当日のお酒、1本1本、事細かに分析・解説させていただきます。 

堅苦しい講義や勉強会ではありませんが、こだまの話を中心に進行します。 

 

当然、基本的に関係ない無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

偏らない解説で高田酒造のお酒をベースに、日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 

 

 

オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.15~鳥取・高田酒造

 

日時:平成28年6月27日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    http://saint-vincent.jp/access.html 

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:高田酒造のお酒12種類ほど(ほぼ呑み放題)+鳥取県に縁の簡単なおつまみ 

会費:4,000円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで盛況にて終了いたしました!)

 

 

≪参加の際のお願い≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

 

・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) できるだけ遅刻しないようお願いします(遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください) 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはご遠慮ください。万が一キャンセルの場合21日までは無料で受付ますが、22日以降は代理の方をご自身で探していただくか、会費全額を申し受けることになっちゃいます、ご了承ください 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

________________________________________________

 

 

 

6/26「ちょこだま酒の会【6月】税込100円以下!激安豆腐限定で誂える豆腐料理の会♪」開催!<5/30>

 

以前から取り組んでみたかった「豆腐料理の会」 

よい材料を使ったよい豆腐を使って・・・という「ごくごく当たり前」の(ある意味誰でもできる)やり方にはどうしても抵抗があって、今までやらずに来てしまいました。そこで今回、大塚のスーパーで誰でも手軽に買える「税込100円以下の激安豆腐」数種類を使った豆腐料理の会を開催します。 

*豆腐を愛している二人です、そういった激安豆腐を賛美する会ではありません。 

*正直言えば「豆腐がこんなに安くちゃダメでしょ」と思っています。 

*よい豆腐も知っている二人です、モノ作りの観点からも「丁寧に作った豆腐」を伝えねば、と考えます。 

という二人が、今回はあえて激安豆腐にチャレンジします。丁寧に作った美味しい豆腐を使えば話は簡単なのですがそれはしません。メニューには激安豆腐の食べ比べなども組み入れ、魚介類や肉、野菜などの旬の食材も取り入れながら遊び心満載でお腹いっぱいのコース料理を誂えます。 

*激安豆腐を卑下する会でもありません。 

*開催の前提を理解し、「丁寧に作った豆腐」との比較で話をする方の参加はご遠慮ください。 

まぁ、要するに「安い豆腐を使った美味しい料理と日本酒の会」です(笑)メニューにもかなりの工夫を凝らします。どんなものが飛び出すのか、新しい発見があるのかないのか、僕らにも未知数ですがよかったら一緒に楽しみにいらしてください。 


ちょこだま酒の会【6月】税込100円以下!激安豆腐限定で誂える豆腐料理の会♪

日時:平成28年6月26日(日)18時より21時まで(受付17時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
 *地図はこちら
 *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:大塚のスーパーで買える税込100円以下の豆腐数種類を軸にしたコース料理6品前後+それに合わせたこだま厳選6~7種類の日本酒(飲み放題です♪) 
会費:4,500円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!) 


【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきます、その間はお耳の拝借お願いします 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合20日まで受け付けますが、21日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

☆ 6/7に「常温熟成の底知れぬ世界を楽しむ会♪」を開催します!<5/23>

 

ふと気が付くとだいぶ溜まってきたので、久しぶりに「常温熟成酒」の会を開催します。 

日本酒の熟成ってまぁ、特に生酒なんかだと冷蔵庫がメインだと思うのですね。10℃でも5℃でも0℃でもマイナスでも、それぞれの温度が持つ魅力は少しずつ違いますが、丁寧でキレイな熟成を実現するにはやはり冷蔵熟成が基本なのです。 

そこをあえて「常温で寝かせる」意味はどこにあるのか。 

そして「常温熟成のいいところ」は何なのか。さらに「常温熟成のデメリット」は何なのか。 

それを実感していただき、何より楽しんでいただくために、火入れから生酒まで、こだまで常温熟成させたお酒たちを20種類以上揃えた会を開催します。軽い熟成から思わず「うおっ!」と声の出てしまう破壊的な熟成(?笑)まで、この日しか出逢えない、たぶんとんでもないラインナップになります。もちろん、冷酒から常温、お燗まで幅広く味わっていただきます。 

会場はお馴染みの大塚・地酒やもっとさん。先日17日に3周年を迎えますます勢いに乗る素晴らしいお店に、熟成酒を意識した料理のコースを誂えていただきます。 

熟成酒以外は一切お出ししません(笑)ので覚悟していらしてください♪ 


【今回特にお願いしたいこと】 
・今回出すお酒は火入れ・生酒も含めて店内の常温(遮光はしています)で熟成させたので、いわゆるオフフレーバー(悪く言えば異臭ですw)とも呼ばれる熟成香が出ているものも含まれますし、開栓したものも多いので、そのようなお酒を「否定する」のではなく「楽しみを探す」前提でのご参加をお願いします(そういうのが嫌いなら参加しないでね、ということです) 
・こだまも着席して飲食しながら進めますのでいつもより緩い進行ですが、ただの飲み会という訳でもありませんので「空気を読まずにやたらとうんちくをひけらかす」ような方、「会とは関係ない世間話で盛り上がる」ような方は参加をご遠慮ください 


☆☆☆ 常温熟成の底知れぬ世界を楽しむ会♪ ☆☆☆ 

日時:平成28年6月7日(火)19時より21時半まで(18時50分受付開始) 
会場:大塚・地酒やもっと(JR大塚駅南口より徒歩3分) 
    地図はこちら
会費:6,000円(税込) 
定員:14名(おかげさまで超満席&盛況にて終了いたしました!) 

内容:こだま常温熟成酒20種類以上+地酒やもっとさんの誂える熟成酒を意識したコース料理7品前後 


≪参加の際のご注意≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

・受け付けは18時50分からです 
・店内は完全禁煙です 
・持ち込みは禁止です(マイ酒器はOKです) 
・できるだけ遅刻しないようお願いします 
・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはご遠慮ください。止むを得ぬキャンセルの場合2日までは承りますが、3日以降は代理の方を立てていただくか会費全額をお支払いいただきます、ご了承ください 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 5/30に「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.15~」開催します!<5/20>

 

毎度、遅い募集で申し訳ありません(笑)

 

おかげさまで毎回好評をいただいているオトナの勉強室ですが、 

今年からちょっと幅を広げて、こだまが心に秘めていた実験的な試みも加えております。

ここのところ二回は特定の蔵に焦点を当てて掘り下げたりもしてきました。

 

さて、今回は「9号(熊本)酵母」に焦点を当てて掘り下げます。

ご存知の方も多いと思いますが、日本には日本醸造協会という明治39年に発足した公益財団法人があり、その活動のひとつに「優秀な酵母を保存・培養し頒布する」というものがあり、その中に香露で有名な熊本県酒造研究所から昭和26年に採取され43年から頒布し始め、今も現役バリバリで使われている9号酵母、またの名を熊本酵母というたいへん優秀な酵母があります。

 

おりしも4月の熊本地震でその原株を持っている熊本酒造研究所も大きな被害を受け、周囲からはとても心配されましたが万全のバックアップ体制で酵母たちも守り抜かれました。そんな中で僕自身も熊本県の酒造の歴史をあらためて学びました。今回はそんな熊本酵母誕生にまつわる話も交えながら、その酵母を使ったお酒をあれこれテイスティングしながらその理解を深めていただきます。

 

お酒は新酒から4年ほど寝かせたこだまスペシャル熟成酒までたぶん12種類ほど。 

9号酵母を使ったいろいろなパターンのお酒を楽しみながら、そのひとつひとつをこだまが隅々まで解説しながら進行します。 

 

今までの勉強室と違い、早めの時間(開始30分後くらい)からおつまみと一緒に楽しんでいただきます。今回は熊本発祥の酵母いうことで、ちょびんくんに「熊本県ゆかりの簡単なおつまみ」を用意して貰います。あくまでお酒がメインということで、お腹いっぱいになる量ではありませんのでご了承願います。 

 

一般的な蔵元を囲む雰囲気の呑み会ではありません。 

当日のお酒、1本1本、事細かに分析・解説させていただきます。 

堅苦しい講義や勉強会ではありませんが、こだまの話を中心に進行します。 

 

当然、基本的に関係ない無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

偏らない解説で9号酵母のお酒をベースに、日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 

 

 

オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.15~ひたすら9号(熊本)酵母♪ 

 

日時:平成28年5月30日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

   *地図はこちら *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:9号酵母を使ったお酒12種類ほど(ほぼ呑み放題)+熊本県にゆかりの簡単なおつまみ 

会費:4,000円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

 

 

≪参加の際のご注意≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

 

・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) できるだけ遅刻しないようお願いします(遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください) 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはご遠慮ください。万が一キャンセルの場合25日までは承りますが、26日以降は代理の方を立てていただくか会費全額を申し受けることになっちゃいます、ご了承ください 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

________________________________________________

 

☆ 5/19に「大塚巣鴨から発信!~もっと・菊谷~ひでとおさむのほのぼの復興支援」開催!<5/2発表>

 

ふだんからお世話になり仲良くさせていただいている、大塚の地酒やもっとさんと巣鴨の手打ちそば菊谷さんのコラボイベントです。こだまも協力ということで共同開催となりました。当日はMC役として参加いたします。ちょっと急な企画ですが「想い」の詰まったイベントです。よかったら是非いらしてください(こだまでもご予約を承ります)。 
_____________________________________ 

みなさんもご存知かつ大いに心配されているように、4月14日に熊本を震源とする大きな地震があり、その震源を大分にも移動させながら今も余震の動きが活発に続いており、緊張が解けない日々が続いております。募金やボランティアなど「今できること」をもちろんみなさんされていると思いますが、我々も何かができないだろうかと考えた結果、月並みかも知れませんがみんなで集まって熊本や九州のお酒を楽しく飲み、その売り上げを募金させていただくという会を開催させていただくことにいたしました。 

ご存知の方も多いかも知れませんが、「地酒やもっと」店主の水永英伸(ひで)は熊本出身であり今も実家をはじめ多くの親類や友人が熊本に住んでいます。故郷を心配しながらもなかなか戻れず、実はこの連休明けに震災後初めて熊本に帰省してきます。現地の状況をその目で確認して、その生の声も当日お届けできると思います。 

そしてそんな想いに巣鴨の「手打ちそば菊谷」店主の菊谷修(おさむ)が大いに共感し、今回の初コラボとなりました。ミシュランガイド2016ビブグルマン掲載の名店でありながら気さくで緩い雰囲気(笑)の店主の打ったスペシャルなそばにもご期待ください。 

また当日は千駄木「リカーズのだや」店主の佐藤幸平、大塚「地酒屋こだま」店主の児玉武也も、会のサポートとして参加いたします。 

当日は両店にて同時に開始、同時に終了します。料理は両店のコラボ(MIX)となり、内容もまったく同じものを提供いたします。そしてお酒も熊本をはじめとする九州のお酒を中心に、被災地繋がりで福島などのスペシャルなお酒も用意します。途中で両店の店主がお互いの店に顔を出したり、もしかしたらもっと店主の水永が打った蕎麦のお披露目もあったり(?笑)そんなお遊びも混ぜながら楽しく開催いたします。 

そう、今回のテーマは「笑って飲んで復興支援」。 
初めてのコラボとなりドキドキですが(笑)みなさまのご参加をお待ちしております。 

 

大塚巣鴨から発信!~もっと・菊谷~ひでとおさむのほのぼの復興支援 

日時:平成28年5月19日(木)19時開始(18時45分受付開始)21時半終了 
会場:1.大塚「地酒やもっと」(定員30) 2.巣鴨「手打ちそば菊谷」(定員20) *ご予約の際にどちらかをお選びください
会費:5,000円(税込み)*原価以外の売上を全て募金し、後日報告させていただきます(当日は募金箱も設置いたします) 
ご予約:各店舗に直接、または地酒屋こだまでも承ります 

 

 *おかげさまで超満席&大盛況にて終了いたしました!


【ご予約の際のお願い】 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・主催者より料理やお酒に関するお話も必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・楽しく飲むのが第一ですが、お酒への敬意を忘れずお願いします 
・過度の大騒ぎ・泥酔・ナンパ・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合14日まで受け付けますが、15日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだま、または各店舗までお気軽にどうぞ♪

_________________________________________

 

☆ 5/29「ちょこだま酒の会【5月】無添加で誂える情熱の王道中華de日本酒三昧」やります!<4/29発表>

 

意外にもちょこだまではやってなかったんですよ、中華料理と日本酒。 

みなさんの日常生活にも深く浸透している中華料理、ふだんから普通に日本酒にも合わせていらっしゃるとは思いますし、特に目新しいこともないっちゃないかなぁ(それを言っちゃぁお仕舞いですがw)、とも思っていたのですが、でもやっぱり一度は正面からガッツリやってみたくなりまして。 

で、せっかくやるんですからちょこだま流を貫きます。 

1.無添加、要するに出来合いの中華系調味料(旨味調味料含む)は一切使わず 
2.ちょびん流、要するにちょびんの核となる「出汁」をふんだんに使って 
3.王道、要するに「いかにも中華みんなの中華」のイメージでコース料理を誂える 

ナチュラルでありながら情熱的な中華料理のコースに、こだまは「中華料理に特化した」日本酒をセレクトしようと思います。フレッシュあり、熟成あり、曲者あり(笑)。相性はもちろんのこと、こんな日本酒もあるんだ!という新しい発見もしていただけるかも知れません。 

そんな二人が繰り広げる「中華+日本酒」の世界、よかったら楽しみにいらしてください♪ 


ちょこだま酒の会【5月】無添加で誂える情熱の王道中華de日本酒三昧♪

日時:平成28年5月29日(日)18時より21時まで(受付17時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    地図はこちら *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:ちょびん流無添加中華の王道的なコース料理+中華料理に合わせたこだま厳選6~7種類の日本酒(飲み放題です♪) 
会費:5,000円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)


【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上、お申し込みください!!! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合24日まで受け付けますが、25日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

☆4/25に「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.14~埼玉・小江戸鏡山酒造」開催!<4/19>

 

あ~あ、また開催直前の募集になっちゃいました。 
毎度毎度申し訳ありませんが、8人以上集まったら開催します。 
毎回こんなじゃ、お客さんに呆れられちゃうね(いや既に呆れられているかw)。 

おかげさまで毎回好評をいただいているオトナの勉強室ですが、 
今年からちょっと幅を広げて、こだまが心に秘めていた実験的な試みも加えて参ります。 

そのファーストステップだった「奈良・千代酒造」、「長野・湯川酒造店」に続いて「埼玉・川越の小江戸鏡山酒造」の会を開催します。・・・えっ?それってフツーじゃん。と思いますよね。 

しかしフツーと違うのは蔵元はいらっしゃいません。 
その代わり、地酒屋こだま店主である僕が鏡山を醸す小江戸鏡山酒造を徹底的に掘り下げます。 

お酒は新酒から4年ほど寝かせたこだまスペシャル熟成酒までたぶん12種類ほど。 
専務の五十嵐昭洋さんと初めて出逢ってから・・・というか、いつどこで出逢ったのかぜんぜん思い出せませんが(笑)・・・たぶんもう7年くらいのお付き合いになると思いますが、柿沼和洋杜氏はじめ平均年齢30代のスタッフが一丸となって取り組む小江戸鏡山酒造の魅力を、こだまが隅々まで解説しながら進行します。 

今までの勉強室と違い、早めの時間からおつまみと一緒に楽しんでいただきます。 
今回は埼玉の蔵元ということで、ちょびんくんに「埼玉県縁の簡単なおつまみ」を用意して貰います。 
あくまでお酒がメインということで、お腹いっぱいになる量ではありませんのでご了承願います。 

一般的な蔵元を囲む雰囲気の呑み会ではありません。 
当日のお酒、1本1本、事細かに分析・解説させていただきます。 
堅苦しい講義や勉強会ではありませんが、こだまの話を中心に進行します。 

当然、基本的に関係ない無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 
偏らない解説で小江戸鏡山酒造をベースに、日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 
よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 


『オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.14~埼玉・小江戸鏡山酒造』

日時:平成28年4月25日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    地図はこちら  *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:小江戸鏡山酒造のお酒12種類ほど(ほぼ呑み放題)+埼玉県に縁の簡単なおつまみ 
会費:4,000円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)


≪参加の際のお願い≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

・受け付けは18時50分からです 
・店内は完全禁煙です 
・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 
・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 
・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) できるだけ遅刻しないようお願いします(遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください) 
・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 
・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 
・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・直前の募集ですのでキャンセルはご遠慮ください。万が一キャンセルの場合、会費全額を申し受けることになっちゃいます、ご了承ください 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

____________________________________________

 

☆ 今年も「長野の風に吹かれて~こだまを支える長野10蔵を五感で楽しむ会♪」開催します!<4/12>

 

こだまと長野酒との出逢いは25年以上前に遡ります。 

 

当時、山とスキー三昧だった僕は、出掛けるたびに出逢う白馬や諏訪の、いわゆる「しぼりたて無濾過生原酒」のあまりの美味しさに感動して日本酒が大好きになりました。その後に縁もあり、実は勢正宗や北安大國を知ったのもまさにこの頃でして、どんどん長野酒にはまっていった僕がいます。 

 

まぁ、まさか、25年以上後の僕がこうして扱わせていただいているなんて夢にも思いませんでしたが(笑) 

 

こだまでは現在10蔵(昨年は9蔵、一昨年は8蔵)の長野酒を扱わせていただいています。毎年この季節に開催される「長野酒メッセin東京」に便乗して(?笑)一昨年、昨年と会を開催し、おかげさまで大好評をいただきました。今年も5/11に東京で長野酒メッセが開催され、蔵元や造り手が東京に集まります。今年も出来たらいいなぁ、と思い、さっそく10蔵にお願いをしたところ、今年も有り難いことに次々と快諾をいただきまして、また長野のお酒と料理ならここ!の「海山和酒なるたか」さんに引き続きご協力をいただくことができ、今回の募集と相成りました。 

 

来てくれる蔵は以下の通りです。(なんとなく北から順番に・・・) 

 

1.丸世酒造店(勢正宗/中野) 

2.志賀泉酒造(志賀泉・一滴二滴/中野)

3.北安醸造(北安大國/大町) 

4.笹井酒造(笹の譽/松本) 

5.笑亀酒造(笑亀/塩尻) 

6.湯川酒造店(十六代九郎右衛門/木曽) 

7.仙醸(黒松仙醸、黒松仙醸こんな夜に/伊那) 

8.米澤酒造(今錦/伊那) 

9.酒ぬのや本金酒造(本金/諏訪) 

10.和田龍酒造(和田龍登水/上田) 

 

いわゆる有名な蔵はひとつもありませんが(笑)10蔵すべてが僕にとって誇りであり、扱わせていただくことを光栄に思っています。今回はそんな10蔵から蔵元や杜氏を一堂に迎えての会を開催します。 

 

こんな会になります。

 

☆通常の蔵元を囲む会と同じように着席です

☆なるたかさん渾身のコース料理付きです

☆各テーブルに4~5名ずつ、10のテーブルに分かれて着席していただきます 

☆自慢のお酒を3種類抱えた蔵元が各テーブルに分かれ、一緒に飲みながら歓談します 

☆15分ごとに蔵元がお酒を持って隣のテーブルに移動していきます 

☆10蔵が一周したら、はい、お疲れさまでした~~~♪

 

蔵元や造り手のお話を目の前で聞き、お酒に込められた想いに触れながら、そのお酒を味わっていただく・・・お酒の美味しさだけじゃなくって造り手のお話や笑顔も思い出になるような、そんな会になればいいなぁ、と思います。毎年表情が変わるので今年もドキドキですが(笑)楽しい時間を過ごしていただけるよう精一杯努めますので足をお運びいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。 

 

 

 *翌日11日には長野酒メッセin東京が開催されます。こちらも是非お出掛けください♪ 

 *時間と手間の関係でお燗での提供は難しいため、当日は冷酒と常温でお楽しみください

 

 

☆☆☆ 長野の風に吹かれて~

    こだまを支える長野10蔵を五感で楽しむ会♪Vol.3 ☆☆☆ 

 

日時:平成28年5月10日(火)18時45分受付開始/19時開宴/22時終了 

会場:水道橋/海山和酒なるたか(JR総武線水道橋駅より徒歩3分/都営三田線水道橋駅 A6番出口より徒歩1分/営団丸ノ内線後楽園駅より徒歩10分)*地図はこちら

会費:6,000円(税込) 

定員:最大50名(うち10席はなるたかさん常連さま用)(おかげさまで満席&大盛況にて終了しました!

お酒:長野10蔵×3種類ずつ=30種類が飲み放題 

料理:長野をテーマにした、なるたかさん渾身のコース料理 

 

 

【ご予約の際のお願い】 *必ずお読みください! 

 

・当日のお飲み物は長野10蔵の日本酒と仕込水のみとなります 

・お持ち込みはご遠慮ください

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください 

・飲み放題ではありますが、造り手が悲しむような敬意のない飲み方はお断りします 

・蔵元や造り手と直接お話していただくことを目一杯お楽しみください、ただし独占はしないようお気遣いをお忘れなくお願いします 

・泥酔、大騒ぎなど他のお客さまに迷惑を掛ける行為のあった場合はご退席いただきます 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。止むをえない場合3日まで受け付けますが、4日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください 

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

☆ 4/24に「ちょこだま酒の会【4月】~そして再び、サクラサク~」を開催します!<3/29>

 

今はフツーに食べられるようになった獣肉。はばかられる時代もあったその経緯から、猪肉を牡丹、鹿肉を紅葉(もみじ)と、植物の名前で呼ぶなんて実に風流じゃありませんか。そして今回の主題となる桜肉もそのひとつ。もちろんご存知、馬肉を日本では古来からそんな隠語で呼んで来ました。 

馬肉の刺身、いわゆる馬刺しの産地で思い浮かぶのは熊本、信州、会津、青森など。最近では国内だけでなくカナダやアメリカからの良質な馬肉の輸入も増えているようです。 

そんな馬肉を主題に、もちろん馬刺しも含めてコース料理に仕立てます。昨年は馬鹿の会(馬肉と鹿肉の会)でしたので馬肉単独では2年ぶりとなります。いつものように最初から最後まで馬肉三昧です(笑) 

お酒も「桜」に縁のあるお酒を中心に、相性とお楽しみ半分半分でいろいろと選んでいきます。いつものように冷酒から始めて、後半はお燗もたっぷりお楽しみいただきます。 

桜の満開も過ぎた頃、再び大塚に桜が咲き乱れます。よかったら、一緒に楽しみにお出掛けください♪ 


☆☆☆ ちょこだま酒の会【4月】~そして再び、サクラサク~ ☆☆☆ 

日時:平成28年4月24日(日)18時より21時まで(受付17時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)  
    地図はこちら *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:桜肉(馬肉)を主題に組み立てた6~7品のコース料理+こだま厳選6~7種類の日本酒(ほぼ飲み放題です♪) 
会費:7,000円(税込) 
定員:最大14名 (おかげさまで満席にて終了いたしました!)


【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合19日まで受け付けますが、20日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 3/28「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.13~長野・湯川酒造店」開催!<3/22>

 

あ~あ、また開催直前の募集になっちゃいました。 
毎度毎度申し訳ありませんが、8人以上集まったら開催します。 

おかげさまで毎回好評をいただいているオトナの勉強室ですが、 
今年からちょっと幅を広げて、こだまが心に秘めていた実験的な試みも加えて参ります。 

そのファーストステップだった前回「千代酒造の会」に続いて今回は「長野・湯川酒造店(十六代九郎右衛門)」の会を開催します。えっ?それってフツーじゃん。と思いますよね。 

しかしフツーと違うのは蔵元はいらっしゃいません。 
その代わり、地酒屋こだま店主である僕が十六代九郎右衛門を醸す湯川酒造店を徹底的に掘り下げます。 

お酒は新酒から4年ほど寝かせたこだまスペシャル熟成酒までたぶん12種類ほど。 
現社長の湯川尚子さんと初めて出逢ってから9年、こだまが感じてきた湯川酒造店の魅力を隅々まで解説しながら進行します。 

今までの勉強室と違い、最初からおつまみと一緒に楽しんでいただきます。 
今回は長野の蔵元ということで、ちょびんくんに「長野県縁の簡単なおつまみ」を用意して貰います。 
あくまでお酒がメインということで、お腹いっぱいになる量ではありませんのでご了承願います。 

一般的な蔵元を囲む雰囲気の呑み会ではありません。 
当日のお酒、1本1本、事細かに分析・解説させていただきます。 
堅苦しい講義や勉強会ではありませんが、こだまの話を中心に進行します。 

当然、基本的に関係ない無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 
偏らない解説で湯川酒造店はベースに、日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 
よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 


☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.13~長野・湯川酒造店 ☆☆☆ 

日時:平成28年3月28日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    http://saint-vincent.jp/access.html 
    *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:湯川酒造店のお酒12種類ほど(ほぼ呑み放題)+長野県に縁の簡単なおつまみ 
会費:4,000円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!) 


≪参加の際のお願い≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

・受け付けは18時50分からです 
・店内は完全禁煙です 
・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 
・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 
・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 
・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 
・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 
・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・直前の募集ですのでキャンセルはご遠慮ください。万が一キャンセルの場合、会費全額を申し受けることになっちゃいます、ご了承ください 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 3/27に「ちょこだま酒の会~遭難注意!3年ぶりのホワイトアウト~」を開催します!<3/3発表>

 

新酒の季節真っ盛りですね♪ 

冷蔵技術が進んだとはいえ、やはりこの時期のスペシャルといえば真っ白なにごり酒。 

まるで天使の羽のような軽やかな発泡感は我々のんべを至福の世界へと誘います。 

 

一年めは白い酒に白い料理でした。 

二年めは白い酒に赤い料理でした。 

三年めは白い酒に黒い料理でした。

 

では今年は・・・初心に帰り、白い酒に白い料理。そう、三年ぶりのホワイトアウトです。

 

【ホワイトアウトとは】 雪や雲などによって視界が白一色となり、方向・高度・地形の起伏が識別不能となる現象。(Wikipediaより)

 

お酒はうすにごりから濃いにごりまでとにかく最初から最後まで「にごり酒」のみ!

料理も視覚的に白いものを中心にとにかく最初から最後まで「白」にまつわる料理のみ!

メニューは当日まで秘密ですが、かなりの高級食材や旬の食材も混じって楽しめる内容になると思います。 

 

お酒は、新酒ばかりでは似たような表情になりますので、そこはこだまセレクト! 

出来たての活性にごりからこだま秘蔵の熟成にごりまで多種多様な「白い酒」を揃えて参ります。 

冷酒で呑む楽しさに加え、知らなきゃ損する「お燗のにごり」も楽しんでいただきます。

 

いつもの通りお腹いっぱい、楽しさいっぱいの会になるよう努めます。 

よかったら楽しみにいらしてください。 

 

 

☆☆☆ ちょこだま酒の会【3月】~遭難注意!3年ぶりのホワイトアウト~♪~ ☆☆☆ 

 

日時:平成28年3月27日(日)18時より22時まで(受付17時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

   地図はこちら *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:白(色が白い、名前が白い、など)をテーマにしたコース料理+白い(にごり)お酒7種類ほどを飲み放題♪ 

会費:6,000円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

 

【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合22日まで受け付けますが、23日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

☆ 2/22に「オトナの勉強室serial.12~奈良・千代酒造(篠峯・櫛羅)」を開催します!<2/14発表>

 

おかげさまで毎回好評をいただいているオトナの勉強室ですが、

今年からちょっと幅を広げて、こだまが心に秘めていた実験的な試みも加えて参ります。

 

そのファーストステップとして「奈良・千代酒造(篠峯・櫛羅)」の会を開催します。

えっ?それってフツーじゃん。と思いますよね。

 

しかしフツーと違うのは蔵元はいらっしゃいません。

その代わり、地酒屋こだま店主である僕が篠峯や櫛羅を醸す千代酒造を徹底的に掘り下げます。

 

お酒は新酒から4年ほど寝かせたこだまスペシャル熟成酒までたぶん12種類ほど。

出逢ってから約8年、こだまが感じてきた千代酒造の魅力を隅々まで解説しながら進行します。

 

今までの勉強室と違い、最初からおつまみと一緒に楽しんでいただきます。

今回は奈良の蔵元ということで、ちょびんくんに「奈良県縁の簡単なおつまみ」を用意して貰います。

あくまでお酒がメインということで、お腹いっぱいになる量ではありませんのでご了承願います。

 

一般的な蔵元を囲む雰囲気の呑み会ではありません。

当日のお酒、1本1本、事細かに分析・解説させていただきます。

堅苦しい講義や勉強会ではありませんが、こだまの話を中心に進行します。

 

当然、基本的に関係ない無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

偏らない解説で千代酒造はもとより、日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。

 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 

 

 

☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会serial.11~奈良・千代酒造 ☆☆☆ 

 

日時:平成28年2月22日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

   地図はこちら *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:千代酒造のお酒12種類ほど(けっこう呑み放題)+奈良県に縁の簡単なおつまみ 

会費:4,000円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!) 

 

 

≪参加の際のご注意≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

 

・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・原則としてキャンセルはご遠慮ください。止むを得ない場合16日まで受け付けますが、17日以降は会費全額を申し受けることになっちゃいます、ご了承ください 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

☆ 2/21に「ちょこだま酒の会【2月】~旬の鰤をめいっぱい楽しむよ♪」開催します!<1/28発表>

 

寒くなりましたね~~~!この時期に旬を迎える素材のひとつが「鰤(ぶり)」 

特にこの時期の日本海側の鰤は「寒鰤」とも呼ばれ、冬の風物詩のひとつでもあります。 

 

毎年開催してご好評をいただいている「鰤の会」ですが、今年も氷見周辺より良質の寒鰤を一匹丸ごと仕入れます。これも毎年好評の「養殖の良質な鰤」との食べ比べもやります。そしてこれも昨年に引き続いてのテーマ、「皮や内臓まで、食べれるところは全部食べる!」も加えて楽しみます。脂の乗った鰤を主題に、料理人ちょびんくんが前菜から〆まで6~7品ほど、基本に忠実ながらも「ちょこだま流」のエッセンスをあちこちに散りばめた凡庸ではないコース料理に仕立ててお楽しみいただきます。 

 

日本酒も新酒が出揃い、ますます楽しみな時期。 

もちろん新酒だけではなく秘蔵の熟成酒もガッツリ出しますよ♪ 

恒例となりました鰤の会、今年も一緒にお楽しみいただけたら幸いです、よろしくお願いします。 

 

 

☆☆☆ ちょこだま酒の会【2月】~旬の鰤をめいっぱい楽しむよ♪~ ☆☆☆ 

 

日時:平成28年2月21日(日)18時より21時まで

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)☆地図はこちら

   *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:最初から最後までひたすら旬の寒鰤を使ったコース料理+それに合わせた厳選日本酒7種類ほどを飲み放題! 

会費:6,500円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

 

 

【参加にあたってのお願い】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合16日まで受け付けますが、17日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください 

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

☆ 1/25「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会XI~ブレンドの楽しさ♪」開催!<1/21>

 

またまた直前(超直前!笑)の募集になってしまいました。

いつも本当にごめんなさい。

いらっしゃれる方が8名以上で開催します。(7名以下だったらその時はごめんなさい) 

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 

しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、ただでさえ狭い店内がどんどん狭くなる一方(笑) 

そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 

 

蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。

 

なので、これもまだまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず11回目をやってみます。僕が納得できれば月イチ継続でやるかも・・・だけど11回目となった今もまだ未定。 

 

おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 

 

昨年は、第一回目「熟成」、二回目「酵母」、三回目「辛口」、四回目「精米」、五回目「アル添」、六回目「再び熟成」、七回目「酛」、八回目「温度による変化」、九回目「お米」、十回目「酒造り総合」というテーマで開催しました。今回はちょっと変わった目線で「ブレンド」に焦点を当てて参ります。

 

夏にお勧めしている「日本酒のソーダ割り」やお酒の度数を下げる「加水」も広義的にはブレンドの一種ですが、今回は「お酒とお酒のブレンド」をテーマに掘り下げていきます。えっ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、実は僕らがふだん口にしているお酒でも(タンク同士のブレンドなど)ごく普通に行われています。実際にちょこだまでもお客さまの要望に近づけるために独自にブレンドしたお酒を提供することもございます。まぁ、あまり難しく考えずに、とりあえず「お酒とお酒を混ぜたらどうなるか?」くらいのお気持ちでご参加いただき、とにかくいろいろ試した結果を五感で感じていただきたいと思います。勉強一辺倒ではなく、実際に飲んでいただきながら楽しく進行していきたいと思っています。事前の知識は基本的にはまったく不要、対象はあくまで初心者~中級者向け。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 

 

呑み会ではありません。が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 

でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

最初の一時間半はお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、中盤からは相方ちょびんくん手作りのおつまみを4品ほどお出しします。 

 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 

 

 

☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会XI~ブレンドの楽しさ♪ ☆☆☆ 

 

日時:平成28年1月25日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    http://saint-vincent.jp/access.html 

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:テーマに即した日本酒いっぱい(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 

会費:3,500円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

 

 

≪参加の際のご注意≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 

 

・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・直前の募集のためキャンセルはご遠慮ください。キャンセルの場合会費全額を申し受けることになっちゃいます、ご了承ください 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_________________________________________________

 

☆ 1/24に「ちょこだま酒の会【1月】~旬の鴨を食べ尽くすカモ♪(笑)」開催!<12/28発表>

 

ベタな題名ですみません(笑)

 

以前からずっと取り組んでみたかった食材で初めて開催します。

それは「鴨」。そう、あの鳥の鴨です。

 

鴨を大別すると野生の野鴨、それを飼育したアヒル、そして野鴨とアヒルを掛け合わせた合鴨の三種類に分かれます。だから生物学上は野鴨もアヒルも同じもの。ですからそれを掛け合わせた合鴨も当然同じ種類になります。しかしその生育環境により味に違いが出ている訳であり、その点も面白い要素のひとつとなります。

 

今回はそんな鴨を主題に据えて、最初から最後まで鴨三昧のコースに仕立てます。

入荷状況によりますが、食べ比べなんかもできたらいいなと思っています。

なので、仕入れ状況により価格が多少上下することをお許しください。

 

合わせるお酒も単なる相性だけではなく、いつもと一緒でいろいろとバリエーション豊かに参ります。

2016年一発目のイベントとなりますが、よかったら楽しみにいらしてください。

 

 

☆☆☆ ちょこだま酒の会【1月】~旬の鴨を食べ尽くすカモ♪(笑) ☆☆☆ 

 

日時:平成28年1月24日(日/18時より21時半まで) 

会場:大塚/ちょこだま(JR&都電大塚駅より徒歩3分) 

会費:7,000円~8,000円(税込/仕入状況により変化します、ご了承ください) 

定員:最大14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!) 

内容:お料理→鴨を主題に据えた6~7品前後の鴨三昧コース料理 

   お酒→料理に合わせつつバリエーション豊かなこだまセレクト酒6~7種ほぼ飲み放題 

 

 

【参加にあたってのご注意】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合19日まで受け付けますが、20日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

 

☆ 12/21に「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅹ~酒造り総合」を開催!<12/15>

 

また直前の募集になっちゃったw

いつもごめんなさい。年末の忙しい時ですがいらっしゃる方がいたら開催します。

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 

しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、ただでさえ狭い店内がどんどん狭くなる一方(笑) 

そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 

 

蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。 

 

なので、これもまだまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず九回目をやってみます。僕が納得できれば月イチ継続でやるかも・・・だけど十回目となった今もまだ未定。 

 

おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 

 

第一回目「熟成」、二回目「酵母」、三回目「辛口」、四回目「精米」、五回目「アル添」、六回目「再び熟成」、七回目「酛」、八回目「温度による変化」、九回目「お米」に引き続き、今回は年末と言うこともあり「酒造り総合」という大きめのくくりで行います。 

 

お酒っていったいどうやって造られるのか、そのスタートから搾った後の熟成までに焦点を当て、ひとつひとつ解説&試飲しながらわかりやすく紐解き、そのお酒に込められた造り手の想いを五感で感じていただきたいと思います。勉強一辺倒ではなく、実際に飲んでいただきながら楽しく進行していきたいと思っています。事前の知識は基本的にはまったく不要、対象はあくまで初心者~中級者向け。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 

 

呑み会ではありません。が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 

でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

最初の一時間半はお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、中盤からは相方ちょびんくん手作りのおつまみを4品ほどお出しします。 

 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 

 

 

☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅹ「酒造り総合」 ☆☆☆ 

 

日時:平成27年12月21日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    http://saint-vincent.jp/access.html 

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:テーマに即した日本酒いっぱい(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 

会費:3,500円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで大盛況にて終了いたしました!) 

 

 

≪参加の際のご注意≫ *必ず熟読の上、お申し込みください!

 

・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・直前の募集のためキャンセルはご遠慮ください。キャンセルの場合会費全額を申し受けることになっちゃいます、ご了承ください 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 12/20に「ちょこだま酒の会【12月】~ゆく酒くる酒~お鍋な忘年会♪」開催!<11/24発表>

 

 

もともとは神田の醇さんと始めて今年で5年目になります「ゆく酒くる酒」。 

 

まったく同銘柄・同スペックの「出たばかりの新酒(くる酒)」と「一年(以上)寝かせた熟成酒(ゆく酒)」、要するにまったく同じお酒の年度違いをセットにして6種類12本を比べ飲みしながら年末の一夜を楽しもう!という企画。おかげさまで毎年大人気で満席&大盛り上がりの開催となっています。 

 

ところが昨年11月末にて醇さんが閉店をし、昨年は大塚のもっとさんのお力を借りての開催となりました。・・・さて今年はどうしようと考えた結果、ちょっと規模は小さいですがちょこだまでの開催を決定いたしました。 

 

当日のお料理は毎年12月のちょこだま恒例の「お鍋料理」をベースとします。

ちょっと贅沢に海鮮しゃぶしゃぶ(寒ブリ、海老、鯨などなど)からスタートし、肉類や旬の野菜も盛りだくさんにどんどん変化していく「変幻鍋」スタイルでお楽しみいただきます。食材にも年末らしいちょっと贅沢なものを揃えますのでかなり!ご満足いただけると思います。

 

楽しい夜になるようちょこだま一同精一杯努めますので、是非とも遊びにいらしてください♪ 

 

 

☆☆☆ ちょこだま酒の会【12月】~ゆく酒くる酒~ちょこだまでお鍋な忘年会♪ ☆☆☆ 

 

日時:平成27年12月20日(日/18時より21時まで) 

会場:大塚/ちょこだま(JR&都電大塚駅より徒歩3分) 

会費:6,000円(税込)

定員:最大15名(おかげさまで満席&大盛況にて終了いたしました!) 

内容:お料理→海鮮しゃぶしゃぶから始まる、ちょこだま恒例「変幻鍋」

   お酒→同じお酒の醸造年度違い(新酒&熟成酒)をセット×6種類12本(以上)を飲み放題!

 

*醇さんのご参加はありません、ちょこだまの酒の会となります 

 

 

【参加にあたってのご注意】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 

 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・二次会的なご利用(大幅に酔ってのご参加など)はご勘弁ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合15日まで受け付けますが、16日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 12/4「ゆりとぐらとひろとたけの今年も反省会♪2015(鶴乃江酒造の会)」開催!<11/12>

 

福島県会津若松で手造りの酒を醸す鶴乃江酒造では

「会津中将」を主要銘柄に「永寶屋」や「ゆり」などのお酒を醸しています。

 

穏やかで優しい笑顔の名杜氏、坂井杜氏を中心に蔵人が一丸となって造りに向き合い、

槽で丁寧に搾ったお酒は会津らしい米の旨みたっぷりのお酒でファンも多い蔵です。 

 

「ゆり」では杜氏を務めるゆりさん、

そして全般をまとめる旦那の洋年くんとのお付き合いも随分と長くなりました。

そしてきの字さんでの会も毎年恒例となりました。

 

鶴乃江酒造のここ十年の進化は凄まじく、進化の中に安定感さえも魅せ始めています。

特にここ数年、さらに今年もあちこちで賞を取りまくって「名実共に一流蔵」となってきましたので

今年はもしかしたら断られるのではないかときの字さんとドキドキしていました(笑)

 

でも優しいお二人は今年も快諾してくれ、忙しい中で日程を調整してくれました(有り難し!)。

おかげさまで今年も「反省会」と題して「全然反省しない会」を開催します(笑)

他店での会とは一味違う、かなり肩の力が抜けたスタイルになると思いますがご了承ください。

 

今年もきの字さんの全力料理と、

こだま秘蔵コレクションも加えた鶴乃江のすべてを今年もご堪能ください! 

 

 

☆☆☆ ゆりとぐらとひろとたけの「今年も反省会♪2015」(鶴乃江酒造の会) ☆☆☆ 

 

日時:平成27年12月4日(金)19時より22時まで

会場:新大塚/酒味処きの字

会費:6,000円 

定員:26名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)

内容:きの字渾身のたっぷりの料理と鶴乃江の秘蔵酒も含めたお酒約11種類ほぼ飲み放題 

ゲスト:鶴乃江酒造(会津中将・ゆり・永寶屋)より林ゆりさんと旦那の洋年くん

   *ちなみにゆり⇒(林ゆり)、ぐら⇒(洋年くんのニックネーム)、ひろ⇒(きの字店主木暮宏行)、たけ⇒(こだま店主児玉武也)となります

 

【参加の際のお約束】*必ずお読みの上ご予約ください 

 

・当日のお飲み物は鶴乃江のお酒とお水しかありません(お持ち込みは厳禁です) 

・きの字さんは完全禁煙です(玄関外に喫煙スペースございます) 

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料の使用はお控えください 

・ゲストお二人のお話も会の大切な、とても大切な要素となりますのでトークの最中は私語を一旦お止めいただきお話に耳を傾けていただくようご協力をお願いします 

・きの字さんの料理と鶴乃江のお酒を楽しむ会ですので、鶴乃江のお酒、きの字、地酒屋こだまを知らなくても楽しむ気持ちがあれば大丈夫です、お気軽にご参加ください 

・うんちくの会や勉強会ではございませんので知識は一切不要ですがただの飲み会ではありませんので、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラなど他人に迷惑を掛ける行為は厳禁です 

・キャンセルは原則ご遠慮ください。やむを得ないキャンセルは11月29日まで受け付けますが、30日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきますことをご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

______________________________________________

 

☆ 11/23に「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅸ「お米の違い」を開催!<11/5>

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 

しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、ただでさえ狭い店内がどんどん狭くなる一方(笑) 

そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 


蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。 


なので、これもまだまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず九回目をやってみます。僕が納得できれば月イチ継続でやるかも・・・だけど九回目となった今もまだ未定。 


おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 


第一回目「熟成」、二回目「酵母」、三回目「辛口」、四回目「精米」、五回目「アル添」、六回目「再び熟成」、七回目「酛」、八回目「温度による変化」に引き続き、今回は「お米」に焦点を合わせます。 


お米の種類が違えば味も変わることはなんとなくご存知と思います。山田錦に代表される「酒造好適米」、松山三井や亀の尾などの本来は食用なんだけど酒造りにも向いている「酒米」、そして食用がメインだけど酒造りにも使う「一般米」・・・まぁ、品種もいろいろありますし全てを網羅しようとは思っていません。それぞれの特性やニュアンスの違いを感じていただくことで「何故そのお米が使われているのか」を紐解き、そのお酒に込められた造り手の想いを五感で感じていただきたいと思います。勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。事前の知識は基本的にはまったく不要、対象はあくまで初心者~中級者向け。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 


呑み会ではありません。が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 

でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 


あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

最初の一時間半はお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、中盤からは相方ちょびんくん手作りのおつまみを4品ほどお出しします。 


ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 



☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅸ

          「お米の違いを感じてみよ~~~♪」 ☆☆☆ 


日時:平成27年11月23日(月/祝)19時より21時半まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

   地図はこちらです *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:温度による変化を楽しむ日本酒いっぱい(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 

会費:3,500円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)



≪参加の際のご注意≫ *必ず熟読の上、お申し込みください!


・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルは基本的に不可です。が、止むを得ない事情の場合17日まで受け付けますが18日以降はいかなる事情でも会費全額を申し受けます、ご了承ください

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

____________________________________________

 

 

☆ 11/22に「ちょこだま酒の会【11月】そして今年も『ジビエ』る?」開催!<10/27発表>

 

おかげさまで毎年大好評ですし。

やりがいがあるのか、肉を食べられないちょびんくんもノリノリですし。


という訳で今年もやります、ジビエと日本酒の会。

おかげさまで毎年11月の定番となり、今年で4回目となります。


秋になるとよく聞きますよね、ジビエって。 

ジビエとはフランス語で「狩猟によって捕獲された野生の鳥獣」を指すそうです。 

そうですよね、主に高そうなフランス料理のお店でしか聞かないですもんね(笑) 


では、ジビエを「和の心」で料理してみたらどうなるか。 

では、ジビエを「日本酒」で楽しんでみたらどうなるか。 


あんまり難しいこと考えても始まらない。 

ので、ちょこだまスピリット全開にして好奇心で取り組んでみます。 

間違っても高級フレンチみたいな料理は出さないからそのつもりで来てね。


今年もさらにさらに進化した「ちょこだま流ジビエ料理+日本酒」に挑戦します。 

とはいえゆる~い会です。お楽しみいただけるよう精一杯努めますのでどうぞよろしくお願いします。 



☆☆☆ ちょこだま酒の会【11月】そして今年も「ジビエ」る? ☆☆☆ 


日時:平成27年11月22日(日)18時より21時まで

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

   地図はこちら *大塚駅南口から徒歩3分です 

会費:8,000円(税込)

定員:14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

内容:ちょこだまが和の技と心、そして洋へのリスペクトをもってジビエのコース料理(6~7品)を組み立て、それに合う酒を6~7種類ほど、ほぼ飲み放題の日本酒を楽しんでいただきます



【参加の際のお願い】 *必ずお読みの上ご予約ください


・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください

・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 

・基本的な趣旨は「ジビエ料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合17日まで受け付けますが、18日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

______________________________________________

 

☆ さらに今年も想いを込めて~本金の宮坂恒太朗さんとちとせさんを囲む会~を開催します!<11/22>

 

長野県上諏訪には造り酒屋が五軒あります。 

どこも決して大きくはないのですが、有名な真澄をはじめとして舞姫、麗人、横笛、そして本金(ほんきん)を醸す「酒ぬのや本金酒造」が、都会とは違って片側一車線しかない甲州街道沿いの数百メートルほどの範囲に並んでいます。 


創業は宝暦6年(1756年)といいますから250年を超える歴史を持っています。創業当時は「志茂布屋(しもぬのや)」の屋号を持ち、昭和初期に「酒布屋(さけぬのや)」の屋号への変更を経て現在の「酒ぬのや本金酒造」の名称に至ります。 


平成20年度より杜氏を担当する九代目蔵元、宮坂恒太朗さんとこだまとの出逢いは9年前、平成18年まで遡ります。初めて一緒に飲み交わしたその日のことは今も忘れません。それからずっと応援をし続け、地酒屋こだまOPENと共に取り扱いをさせていただき現在に至るのですが、いつしかいち取引先を遥かに超えた、僕にとっては弟のような大切な存在になりました。 


恒太朗さんが思い描く本金は「すっと飲みやすい」「程よく味と香りが膨らむ」「主張しすぎない」そんな酒質。関わった人々を「本金で幸せにすること」が一番の目標だという恒太朗さんの造る酒を毎年見ていますが、お世辞抜きに毎年の進化が著しく、理想とする酒に徐々に近づいてことを実感するここ数年なのです。 


実は恒太朗さん、現在ALS(筋委縮性側索硬化症)という難病と闘っています(最近ではアイスバケツチャレンジなどで随分と話題にもなり一般への認知も進んだように思います)。そのため当日も大きな声が出しづらいのでいつも以上にお客さまに耳を傾けていただくことになります。いえいえご心配なく、昨年同様いっぱい喋ってもらいます(笑)お酒のこと、蔵のこと、二人のかわいいお子さんのこと、ふだん聞けない裏話を含めていっぱいお話をいただきます。そして恒太朗さんを支える超元気な奥さま、ちとせさんにもお越しいただき、あれこれ伺いたいと思います。 


そして会場ですが、実は一昨年・昨年と会場となっていた神田の醇さんが昨年末で閉店してしまったため、新大塚のきの字さんにお願いしました。そして・・・・・


醇の店主、猪狩淳さんがきの字の一日料理長として就任します!(ドドン!)

 

きの字さんは猪狩さんの右腕となって働くそうです(笑)


本金のお酒はもちろん、僕の大好きな恒太朗さん、ちとせさんの想いをめいっぱい感じていただく会になります。 もちろん猪狩さんもめちゃめちゃ気合い入れて料理を誂えます。こだまは隠し持っていたスペシャルも投入します。一昨年・昨年以上に、たくさんの「想い」を伝えたいです。ぜひとも、本金のお酒とお二人、そして猪狩さん、きの字さんに逢いにいらしてください。 



一昨年の会の様子です、お読みいただけたら幸いです★ 


日本ALS協会HP、寄付なども受け付けています



☆☆☆ さらに今年も想いを込めて~本金の宮坂恒太朗さんとちとせさんを囲む会~ ☆☆☆ 


日時:平成27年11月28日(土)18時より21時まで 

会場:新大塚/酒味処 きの字

会費:6,000円 

定員:26名(おかげさまで満席&超盛況にて終了いたしました!)

内容:猪狩さん+きの字さん渾身のコース料理6~7品と本金のお酒12種類ほどをほぼ飲み放題 

ゲスト:長野県諏訪市の酒ぬのや本金酒造より九代目蔵元&杜氏の宮坂恒太朗さんと奥さまのちとせさん 



【ご予約の際のお願い】 *必ずきちんとお読みください!お願いします! 


・蔵元をお呼びして、そのお酒に込められた蔵元の想いやお話を伺いながらお酒と料理を楽しむ会です。勉強会ではありませんが、ただの飲み会でもございません。蔵元や主催者のお話の最中は会話を休んで耳を傾けていただくことをお約束いただきます(重要)  

・店内は完全禁煙です 

・当日のお飲み物は「本金」のお酒と仕込水のみとさせていただきます(お持ち込みはご遠慮ください)

・お酒の量はほぼ飲み放題となりますが、造り手やお酒に敬意を持った飲み方をお願いします 

・お料理とお酒を楽しむ会ですが、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラなど迷惑行為は退場をお願いする場合がございます 

・止むを得ないキャンセルは22日まで受け付けますが、23日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきます、ご了承ください

 

 *お問い合わせ・お申し込みは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

☆ 10/26「オトナの勉強室~「温度による変化を楽しむ♪」開催!(って5日前かよ!笑)<10/21>

 

えーと、はい、開催5日前に募集開始です(笑) 
いや、すみません、ちょっと疲れてたので今回はやめようと思ってました。 
でもまぁ、会場借りちゃってたし、誰も来なければちょびんくんと二人で呑めばいいかな、と(爆 

そんな訳でホントに直前ですが募集してみます。お暇でしたらどうぞ~~~♪ 
_____________________________________ 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 
しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、ただでさえ狭い店内がどんどん狭くなる一方(笑) 
そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 

蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。 

なので、これもまだまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず八回目をやってみます。僕が納得できれば月イチ継続でやるかも・・・だけど八回目となった今もまだ未定。 

おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 

第一回目「熟成」、二回目「酵母」、三回目「辛口」、四回目「精米」、五回目「アル添」、六回目「再び熟成」、七回目「酛」に引き続き、今回は「温度による変化」に焦点を合わせます。 

大雑把にいえば「お燗」なんですが(笑)冷たい状態、常温の状態、そして温かい状態、熱い状態などなど、同じお酒でも温度によってどんな風に味わいが違うのか、それらを比較しながら「温度による変化」を紐解き、五感で感じていただきたいと思います。勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。対象はあくまで初心者~中級者向けかな。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 

呑み会ではありません。 
が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 
でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 
最初の一時間ちょっとはお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、中盤からは相方ちょびんくん手作りのおつまみを4品ほどお出しします。 

今回も募集が半端なく遅くなり参加者がいるかどうかもわかりませんが(苦笑)とりあえず6名以上で開催します(MAXは14名)。 偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 
よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 


☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅷ「温度による変化を楽しむ♪」~ ☆☆ 

日時:平成27年10月26日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    http://saint-vincent.jp/access.html 
    *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:温度による変化を楽しむ日本酒いっぱい(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 
会費:3,500円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)


≪参加の際のご注意≫ *必ず熟読の上、お申し込みください!
 
・受け付けは18時50分からです 
・店内は完全禁煙です 
・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 
・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 
・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 
・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 
・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 
・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・あまりにも直前のため(笑)キャンセルはご遠慮くださ~~~い(懇願) 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

______________________________________________

 

☆ 10/25「ちょこだま酒の会~名脇役「豆」そのポテンシャルを堪能する会♪」開催です!<10/3>

 

豆、というとみなさんはどんな料理を思い浮かべますか?

和風だとひたし豆、洋風だとチリコンカン、枚挙に暇はありません。豆腐や納豆も豆の料理(素材)ですよね。

どんな料理にも使える名脇役の「豆」。実は物凄い種類の豆が国内にも流通しています。


好評だった昨年の7月に引き続き、今回もその名脇役である「豆」を主題に取り組みます。 

前回は夏だったので今回は秋に季節を変えて、当然料理の内容や趣も変わります。

国内のみならず海外の豆も取り寄せて、前菜から〆まで豆尽くしで参ります。 


一言で「豆」と言ってもたくさんの味わいや表情を持つ豆たち。

ふだんなかなかできない食べ比べ等も交えつつ、その他の旬の素材を生かしたコース料理(豆のみ!ではなく旬の素材(魚・肉・野菜)もバシバシ使いますからね!笑)に仕立てます。

豆という素材の持つ潜在能力や楽しさを感じていただけたら嬉しいなぁ♪


お酒はやはり秋らしさを感じられるお酒を。

・・・とは言っても僕のことです、ひやおろしや秋あがりとは限りませんが(笑) 

そんな「豆料理に合わせてみたい、旬の旨い酒」を6~7種類セレクトしてみます。 


よかったら、一緒に楽しみにいらしてください。 



☆☆☆ ちょこだま酒の会【10月】名脇役「豆」そのポテンシャルを堪能する会♪ ☆☆☆ 


日時:平成27年10月25日(日)18時より21時半まで 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)

    *大塚駅南口から徒歩3分です(地図はこちら

会費:5,000円(税込) 

定員:14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

料理:豆を主題にした7品前後のコース料理+日本酒6~7種類飲み放題 



【参加の際のお願い】 *必ずお読みください


・最初から最後まで豆だらけです(笑)

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合20日まで受け付けますが、21日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

☆ 10/18に「小さな蔵と小さな居酒屋と小さな酒屋のコラボ会(鳥取・此君の会)」開催!<9/28>

 

二年半の時を超えて夢のコラボの復活です。


大森と大塚、近いようで意外に遠いこの関係(笑)

しかしお互いのお酒に対する想いは実に近く、心の繋がりと絆は常にがっしり♪

そんな二人の久しぶりのコラボイベントは、ottimoさん初となる蔵元を招いての会となります。


お呼びする蔵元は鳥取県倉吉の高田(たかた)酒造の若き造り手、高田昌樹さん。

醸す酒は「此君(しくん)」関西より東では初めて、こだまで扱い始めて二年になる「パワフルドライ」系。

彼が造りに携わり、四年でやっと50石(!)という小さな小さな造りの蔵です。


扱い始めた当初からottimoさんでも良い評価を頂戴していました。

ただスッキリしているだけの「なんちゃって辛口」が多い中、力強い米の旨味を堪能できる「旨い辛口」。

そんな中、先日のこだま五周年祭で初めて高田さんとottimoの中田さんが出逢うことができました。


今回は、「此君をきちんと感じていただく」ために少人数(12名)での着席方式です。

その代わり二回に分けます。15時からと18時からの二部制にします。

ひとつひとつのお酒に込められた高田さんの「想い」を、ottimoさんの料理と一緒に楽しんでいただきます。


勉強会やうんちくの会ではありませんが、お酒とお料理と一緒に高田さんのお話をたっぷり楽しんでいただく、そんな会になりますことをまずは心に留めておいてください。楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴く。堅苦しさは一切ありませんが、そんなメリハリを大切に進行していきたいと思います。


ご予約の際は最後に記した≪ご予約いただく際のお願い≫を熟読の上、

「第一部か第二部希望か」と「参加人数」を明記の上、お申し込みください。


ottimo中田さんも気合い入ってます。

ただでさえ美味しい料理がさらに美味しくなってしまう予感です(笑)

ottimoとこだまが高田さんと一緒に表現する此君ワールド、よかったら逢いにいらしてください。



*最後↓に此君を醸す高田酒造の紹介を載せていますのでよかったら予習をお願いします



☆☆☆ 小さな蔵と小さな居酒屋と小さな酒屋のコラボ会(鳥取・此君の会) ☆☆☆


日程:平成27年10月18日(日)

時間:第一部:15時~17時半 第二部:18時~20時半

会場:大森/ottimo JR大森駅より徒歩7分

   地図はこちら

会費:5,000円(税込)

定員:第一部&第二部共に12名ずつ(おかげさまで満席にて終了いたしました!

内容:此君約12種類+ottimoさん渾身のコース料理を高田昌樹さん(造り手)のお話と楽しみます



≪ご予約いただく際のお願い≫ *必ずお読みの上お申し込みください 


・当日のお飲み物は此君のお酒と仕込水だけです(お持ち込みはご遠慮ください) 

・当日は完全禁煙とさせていただきます

・ひとつひとつのお酒に込められた高田さんの想いを伺いながら、そのお酒とottimoさんの料理を楽しむ会です、お話の最中はお耳を傾けていただくことをお約束ください 

・とはいえ勉強会ではありません、お酒と料理を存分にお楽しみください 

・ほぼ飲み放題になりますがお酒に対する敬意をお忘れなくお願いします 

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください 

・泥酔、過度の大騒ぎ、セクハラ、空気を読まないお喋り(苦笑)など迷惑行為は厳禁です 

・キャンセルは原則ご遠慮ください、止むを得ぬ場合10/13まで受け付けますが14日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください 

*ottimoさんでの申し込みはできません、お手数ですがこだままでお願いします



【此君を醸す高田酒造のご紹介】


東西に長い鳥取県のだいたい中央、鳥取と米子のちょうど中間辺りに位置する倉吉市は城下町であり、白壁土蔵群などの観光でも知られた美しく穏やかな町です。その町中に位置する「高田酒造」は天保14年に建てられた、現存する庄屋として県の保護文化財にも指定される由緒ある蔵元です。


蔵は高田(たかた)酒造、お酒は此君(しくん)と読みます。この高田酒造、実は10年ほど造りを縮小化しておりました。そこへ東京でのサラリーマン生活から蔵に戻った高田昌樹さんが酒造りに携わるようになり、前杜氏について酒造りを学び、そして彼自身が初めて「自分の酒」を1本仕込んだのが23BYの造りでした。


その頃たまたま昌樹さんとご縁があり、このスタートとなるお酒から此君と地酒屋こだまとの交流が始まりました。そして仕込み本数が5本に増えた24BYの造りでは酒造りとしても大幅な進化を遂げました。

とはいえ25BYでも約30石という極小の造りでしたので此君の新しい歴史はまだ始まったばかり。まだまだ序章に過ぎずいろいろな意味でこれから無限の可能性を探っていく、まだまだそんな段階ではあります。


そんな中で平成26年2月より関東では初めて、地酒屋こだまは此君と一緒に歩み始めました。今の此君の良さを一言で表すなら「キレのいいシャープさの中にほどよい香りと米の旨味をバランスよく共存させた酒」であり、もっと簡潔に言えば「パワフルな旨みのドライ系(いわゆる辛口)」。スッキリした酒質に米の旨味と酵母の特性を忠実に表現している点を僕は特に評価しています。とにかくまだまだこれから無限の可能性を秘めた此君、そして静かな情熱を燃やす生真面目な高田昌樹さんの成長をどうぞ一緒に見守り、大いに楽しんでくださったら幸いに思います。

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだま迄お気軽にどうぞ♪(ottimoさんでは予約できません)

________________________________________________

 

 

☆ 9/28にオトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会VII「酛ってなーんだ?」開催!<9/16>

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 

しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、ただでさえ狭い店内がどんどん狭くなる一方(笑) 

そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 


蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。 


なので、これもまだまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず七回目をやってみます。僕が納得できれば月イチ継続でやるかも・・・だけど七回目となった今もまだ未定。 


おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 


第一回目「熟成」、二回目「酵母」、三回目「辛口」、四回目「精米」、五回目「アル添」、六回目「再び熟成」、に引き続き今回は「酛(もと)」に焦点を合わせます。 


酛(もと)とは酒母(しゅぼ)とも呼ばれ、その名の示す通りお酒造りのもと、スタートとなる状態のものを表します。生酛(きもと)や山廃酛(やまはいもと)、さらには水酛(みずもと)なんてのも聞いたことがあるかも知れません。それらの名前の付かない酛もあります。それらを比較しながら「酛ってなんなんだろう?」を紐解き、五感で感じていただきたいと思います。 

いろいろな「酛(もと)」という概念をプラスとマイナスの両要素を含めた多角的な視点からこだま流に紐解き、頭だけでなく舌と身体で感じていただきます。勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。対象はあくまで初心者~中級者向けかな。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 


呑み会ではありません。 

が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 

でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 


あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

最初の一時間ちょっとはお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、中盤からは相方ちょびんくん手作りのおつまみを4品ほどお出しします。 


今回も募集が遅くなり参加者がいるかどうかもわかりませんが(苦笑)とりあえず8名以上で開催します(MAXは14名)。 偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 


ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 



☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会VII「酛(もと)ってなーんだ?」~ ☆☆☆ 


日時:平成27年9月28日(月)19時より21時半まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    http://saint-vincent.jp/access.html 

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:生酛・山廃酛・水酛・その他、酛違いでの日本酒いっぱい(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 

会費:3,500円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)



≪参加の際のご注意≫ *必ず熟読の上、お申し込みください! 


・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合9月23日まで受け付けますが、24日からは会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

☆ 9/27に「ちょこだま酒の会【9月】またもやハモってみる?(笑)」開催します!<9/1発表>

 

一般には「夏が旬」と言われる鱧(はも)。いや、もちろんそれは間違いではないんですけど、正確には「夏と秋の二回」が旬と呼ばれます。7月中旬の京都の祇園祭、7月末の大阪の天神祭には欠かせないことから「鱧は夏」というイメージが強いのですが、8月頃の産卵が終わって再び身が肥えてくるのが9月から10月頃のいわゆる「落ち鱧」と呼ばれ脂の乗った美味しい鱧の時期なんです。 


京都での修行経験もあるちょびんくんが、あえて夏の鱧ではなくその「落ち鱧」を主題に据えて挑み好評をいただいた昨年に続き、今回は二回目に挑戦です。昨年同様、湯引きなどの定番料理も組み込みながら、ちょこだま流の「楽しい鱧コース料理」を誂えてみます。最初から最後まで鱧尽くしとなります。お酒もそれに合わせて、味の乗ってきた秋の美味しい日本酒を6~7種類セレクトしていつものようにほぼ飲み放題となります。 


脂の乗った落ち鱧をこれでもか!と使ったコース料理と旬の日本酒の、ちょこだまにしてはちょっと贅沢な会をちょこだまならではのお得な価格でご提供いたします。どうぞ堪能しにいらしてください。 



☆☆☆ ちょこだま酒の会【9月】またもやハモってみる?(笑)~ ☆☆☆ 


日時:平成27年9月27日(日)18時より21時まで 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) http://saint-vincent.jp/access.html 

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

会費:8,300円(税込) 

定員:14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!) 

内容:落ち鱧を主題にした7品前後の鱧尽くしコース料理+こだま厳選日本酒6~7種類ほぼ飲み放題 



≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください 


・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合22日まで受け付けますが、23日からは会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

☆ 直前募集!9/8にこだまと一緒に稲毛屋さんで「仙介」を楽しむ会♪<8/28発表>

 

ちょっと急な直前募集です。毎年恒例となった「仙介」の会が9月8日に千駄木の稲毛屋さんで開催されます。


当初こだまは参加できない予定だったのですが急に予定が空きまして、かつちょっとお席に余裕があったので思い切って1F奥の座敷を「こだま枠」として借り切りました(笑)こだまの会、というよりは「稲毛屋さんの会のほんの一部をこだまがジャックする」みたいな(笑)


こだまを入れて12名の少数募集です。直前ではありますが、よかったら一緒に楽しみに来ませんか?兵庫県神戸の泉酒造からは和氣杜氏と営業の永井さんが駆けつけます。稲毛屋さんの美味しい&お腹いっぱいになるおつまみと、復活から8年、泉酒造史上いちばん美味しくなった仙介、鑑評会出品酒をはじめとする約12種類ほどをめいっぱい!楽しめる会です。


急な募集ですが、ご参加お待ちしております♪(お申し込みはこだままでお願いします)



☆☆☆ 直前募集!こだまと一緒に稲毛屋さんで「仙介」を楽しむ会♪ ☆☆☆ 


日時:平成27年9月8日(火)19時より21時半まで 

会場:千駄木 鰻と地酒「稲毛屋」さん 

   東京都文京区千駄木3-49-4 

   JR西日暮里駅より徒歩7分 03(3822)3495 

会費:7,000円(税込)

定員:11名(おかげさまで超満席!大盛り上がりにて終了いたしました!)



【いつものお願い】*こちらもお読みください! 


・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません 

・当日は店内禁煙となります(玄関脇に喫煙スペースがございます) 

・飲み放題に近い量のお酒をお出ししますが、大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合9/1まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります(キャンセル料は稲毛屋さんにお支払いいただきます) 



<以下、仙介を醸す泉酒造のご紹介です。よかったら予備知識にどうぞ・・・>



創業は宝暦年間という250年の老舗。が、1995年の阪神・淡路大震災で蔵を焼失します。さまざまな苦労を越えた2007年1月17日、ついに「あの日」から12年後、見事に復活を遂げました。 


苦難を越えてきた酒なのです。が、明るく仲のいい若いスタッフからは笑顔が絶えません。 


元々のご縁は現在取締役の泉藍さん。復活当初は造りの中心でしたが今は経営側に回っています。泉酒造さんとの出逢いは、元々は友人からの縁で復活二年目2008年の夏に藍さんを訪ねたのがきっかけ。当時僕はまだアマチュアでしたが、思えばあのご縁がここまで繋がっているのです。 


そして今回来てくれるのが現杜氏の和氣卓司さん。関西人特有のあほらしいユーモア(笑)とめちゃめちゃ頑固&ストイックな職人気質が同居したナイスガイ。そして今回は来れませんが造りの最中もずっと半袖!(笑)の大河内さんが右腕となって和氣杜氏を支えています。造り自体は二人が中心となって蔵人3~4人で200石程度を醸します。さらにもう一人、今回も来てくれるのはいつもこだまを訪ねてくれる営業の永井さん。真面目な顔でゆる~くボケつつ全体をまとめる(笑)まぁ、ムードメーカーです。 


まぁ、なんというか、全員がそれぞれの持ち場で頑張っています。 

常に向上心を持ち続け独自の理論と「不可能」を取り払った和氣さんの姿勢、それを二番手でしっかりどっしり構えつつ支える大河内さんの真面目なキャラクター、その酒を自分なりに解釈しつつ、柔軟かつ生真面目な姿勢でお客さまに伝える永井さん、そしてそれを高いところから眺めて自由に遊ばせながらたまにサクッとツッコむ藍さん(笑) 


蔵のキャッチフレーズでもある「老舗の産声」は年々急激な進化を遂げています。ちなみに「仙介」とは酒造りを創業した初代「泉仙介」氏の名前から取ったそうです。その進化にわくわくしつつ、酒の向こうに彼らの笑顔が今日も揺れている気がするのです。 


地酒屋こだまOPENの年以来、細々ではありますがずっと応援を続けてきた仙介ですが、有り難いことにここ数年はいくつかの飲食店さんで高評価を頂戴しました。その中でも特にめちゃめちゃお世話になっている千駄木の「稲毛屋さん」で今回も会を開催します。 


年々圧倒的な進化を遂げている今期の仙介、マジで泉酒造史上最も美味い酒を醸しています。

どうぞご期待ください♪ 

 

 *お問い合わせ・お申し込みは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 8/31「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会VI五感で感じる熟成~」開催!<8/7発表>

 

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 

しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、ただでさえ狭い店内がどんどん狭くなる一方(笑) 

そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 


蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。 


なので、これもまだまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず六回目をやってみます。僕が納得できれば月イチ継続でやるかも・・・だけど六回目となった今もまだ未定。 


おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 


第一回目「熟成」、二回目「酵母」、三回目「辛口」、四回目「精米」、五回目「アル添」に引き続き、六回目は再び「熟成」に焦点を合わせます。

実は先日の「こだま五周年祭」でお燗ブースに当日だけのスペシャル熟成酒を出し過ぎて(だってお燗の1ブースに30本以上出しちゃったもん!笑)その時のお酒が少しずつ余ってまして、滅多に逢えないお酒たちなので、そのお酒たちをベースにしてその年度違い(新しいもの)と比較しながら「熟成の良さ、熟成の意味」を五感で感じていただきたいと思います。

熟成という概念をプラスとマイナスの両要素を含めた多角的な視点からこだま流に紐解き、頭だけでなく舌と身体で感じていただきます。勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。対象はあくまで初心者~中級者向けかな。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 


呑み会ではありません。 

が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 

でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 


あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 

最初の一時間ちょっとはお酒だけで進行しますが(お腹空きますが我慢してね)、中盤からは相方ちょびんくん手作りのおつまみを4品ほどお出しします。


今回も参加者がいるかどうかもわかりませんが(苦笑)とりあえず8名以上で開催します(MAXは14名)。 偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 


ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 



☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会VI「五感で感じる熟成」~ ☆☆☆ 


日時:平成27年8月31日(月)19時より22時まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    http://saint-vincent.jp/access.html 

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:たぶん当日しか逢えない熟成酒をメインにした日本酒(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 

会費:3,500円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)



≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください! 


・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合8月25日まで受け付けますが、26日以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 8/30に「ちょこだま酒の会【8月】日本酒と沖縄料理~沖縄の風を感じる夜♪~」開催!<7/30>

 

昔と違って沖縄料理も特別ではなく随分と身近なものとなってきました。ゴーヤなどを使ったチャンプルー、豚肉のラフテーなど、ふだん家庭でも作るという方も多いのではないでしょうか。もちろん、琉球王朝の宮廷料理から現代的な沖縄料理まで、我々の知らない料理もまだまだ多い奥深き世界でもあります。


沖縄料理にはもちろん泡盛!それからオリオンビール!!・・・なんですが(笑)ここはあえて日本酒と一緒に楽しんでみようと♪沖縄料理に合わせてパワフルめの日本酒を、ロックやソーダ割りも交えて用意してみようと思います。


ちょこだま料理人のちょびんくんは和食で培ったベースの他に、沖縄料理店での修業もけっこう長くていろいろなスキルを持っています。そんなちょびんくんのスキルを生かし、今回は沖縄料理のスタンダードから一歩踏み込んで「もっと楽しい沖縄料理」をコースとして組み上げていくつもりです。


真夏の一夜、沖縄の風を「ふっ」と感じる夜に逢いにいらしてください。よろしくお願いします。



☆☆☆ ちょこだま酒の会【8月】日本酒と沖縄料理~沖縄の風を感じる夜♪~ ☆☆☆ 


日時:平成27年8月30日(日)18時より21時まで 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)*大塚駅南口から徒歩3分です 

   地図はこちら

会費:5,500円(税込)の予定(仕入れにより上限6,000円)

定員:14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)

内容:ちょびん風沖縄コース料理+こだま厳選の日本酒約6種類(基本的には飲み放題) 


≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください 


・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合26日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

☆ 8/22に「~廣戸川 vs 山の井~蔵を背負う若手の想いに触れて楽しむ会♪」を開催!<7/13発表>

 

いま、全国で「伸びてる蔵」の多くは「若い跡取りが頑張っている蔵」と言っても過言ではありません。伝統を大切に守りながらも、それに固執することなく新しい流れを取り入れ、蔵の未来の姿を描こうと頑張っています。


福島県もその例外ではありません。いえ、その意味では先進県ともいえるほど若手が大活躍していると言える福島県、その中でも特に多彩な活躍を見せる二蔵、廣戸川の松崎酒造店より松崎祐行(ひろゆき)くん、山の井の会津酒造より渡部景大(わたなべけいた)くんを一緒にお迎えします。


実はこの二人、公私共に大の仲良し。二人は認めたがりませんがまるで仲の良い兄弟のよう(笑)歳はほぼ一緒ですが性格はまったく違うこの二人、ご一緒させて貰う度に大笑いさせていただいております♪


二人に共通するのは、未来の蔵元であり造りを担当していること。そしてタイプは違いますが高い技術の元に全国に通用する酒を醸していること。経験はまだまだ少ない二人ですが自由な発想でのびのびと酒を造る様子は実に心強い限りです。


今回はそんな仲良しの二人を呼んでケンカさせます(笑)いえいえ冗談です。二人の自信作を一堂に味わっていただき、その造りの違いを感じていただきながら、それぞれの酒に込められた「想い」に触れていただきたいと思います。


蔵元のお話もちょっと多めになる予定ですので「ただの飲み会」気分ではなく「二人の想いに触れたい」というお客さまのみご参加いただきたいと思います。楽しい夜になると思います、どうぞよろしくお願い申し上げます。



☆☆☆ ~廣戸川 vs 山の井~ 蔵を背負う若手の想いに触れて楽しむ会♪ ☆☆☆ 


 

日時:平成27年8月22日(土)18時より21時まで 

会場:新大塚/酒味処 きの字(丸ノ内線新大塚駅より徒歩1分、JR大塚駅南口より徒歩12分) 

会費:6,000円(税込) 

定員:28名(おかげさまで満席&大盛況にて終了いたしました!)

ゲスト:松崎酒造店(福島県岩瀬郡)より松崎祐行くん、会津酒造(福島県南会津郡)より渡部景大くん 

内容:廣戸川と山の井のお酒を6×2=12種類ほどを、きの字さん渾身のコース料理と楽しみます 



≪ご予約いただく際のお願い≫ *必ずお読みの上お申し込みください 


・当日のお飲み物は廣戸川と山の井のお酒と仕込水だけです(お持ち込みはご遠慮ください) 

・当日は完全禁煙とさせていただきます(玄関外に喫煙所あり) 

・ひとつひとつのお酒に込められた松崎くんと渡部くんの想いを伺いながら、そのお酒ときの字さんの料理を楽しむ会です、お話の最中はお耳を傾けていただくことをお約束ください 

・とはいえ勉強会ではありません、お酒と料理を存分にお楽しみください 

・ほぼ飲み放題になりますがお酒に対する敬意をお忘れなくお願いします 

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください 

・泥酔、過度の大騒ぎ、セクハラ、空気を読まないお喋り(苦笑)など迷惑行為は厳禁です 

・キャンセルは原則ご遠慮ください、止むを得ぬ場合8/17まで受け付けますが18日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだま、または酒味処きの字さんへお気軽にどうぞ♪

______________________________________________

 

 

☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅴ「アル添を正しく知る」を開催します!<7/9発表>

 

募集開始遅っ!(苦笑) 

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 

しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、ただでさえ狭い店内がどんどん狭くなる一方(笑) 

そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 


蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。 


なので、これもまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず五回目をやってみます。僕が納得できれば月イチでやるかも、だけど五回目となった今もまだ未定。 


おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 


第一回目「熟成」、二回目「酵母」、三回目「辛口」、四回目「精米」に引き続き、五回目は「アル添」に焦点を合わせます。アル添とは「アルコール添加」の略。米だけで造られる純米酒とは違い「醸造用アルコール」を添加することで様々な効能を得ているアル添酒。「純米」の付かない、大吟醸・吟醸・本醸造・普通酒がそれに該当します。純米信者の方には嫌われがちなアル添酒ですが(笑)いったい何が良くて何が悪いのか、その辺りの「ほんとう」をいろいろなお酒を実際に飲みながら感じていただきます。(ちなみに二日酔いの原因になるというのは完全な誤解です)良い点悪い点含め、多角的な視点からこだま流に紐解き、頭だけでなく舌と身体で感じていただきます。勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。対象はあくまで初心者~中級者向けかな。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑) 


呑み会ではありません。 

が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 

でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 


あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 


火曜日だし、募集開始もまたもやめちゃめちゃ遅れたし、今回も参加者がいるかどうかもわかりませんが(苦笑)とりあえず8名以上で開催します(MAXは14名)。 偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 


ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 



☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅴ「アル添を正しく知る」~ ☆☆☆ 


日時:平成27年7月21日(火)19時より22時まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    http://saint-vincent.jp/access.html 

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:純米酒ではないアル添酒を中心にした日本酒(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 

会費:3,500円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)



≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください! 


・受け付けは18時50分からです 

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご了承ください 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

酒気帯び禁止です、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合7月16日まで受け付けますが、17日以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

___________________________________________

 

 

☆ 7/19に「ちょこだま酒の会【7月】ちょびんの基本~だしをしるVol.2~」開催!<7/1発表>

 

ちょびん、こと、渡辺直樹という料理人とこだまが組んでちょこだまの営業を始めて早いもので三年半が経ちました。彼の料理、おかげさまでそれなりに好評を得ているようで有り難いことだなと感じます。僕としても自宅で仕込み、それを運んで仕上げて提供するという実に面倒な作業を淡々とこなし続けてくれる彼には頭の下がる想いです。 


二人で「ちょびんの料理の原点って何だろうね?」って話題になる時に必ず鉄板となるのが「だし」なんです。京都での修業時代に彼が学んだ「だし」がベースになって、彼の化学調味料などを使わない無添加料理人としてのスタンスが出来上がっているのだと思うのです。 


で、二年前にこの「だし」を主題にした会を開催しました。会のテーマとしては実に地味ではありますが彼のベースとなる「だし」はもちろんのこと、様々な「だし」を生かした料理や、同じ料理をだし違いで比べてみたり、なんて遊び心を加えながら、旬の食材をふんだんに使ったコース料理に仕立てて開催し、それなりに好評をいただきました。


久しぶりに、この「だし」の会を開催します。二回目となる今回も遊び心満載でいきたいと思います。勉強会ではありません、料理とお酒を楽しみながら「だしって大切だよね~~~面白いね~~~♪」という会にしようと思います。よかったらご参加ください。 



☆☆☆ ちょこだま酒の会【7月】ちょびんの基本~だしをしるVol.2~ ☆☆☆ 


日時:平成27年7月19日(日)18時より21時まで

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) http://saint-vincent.jp/access.html 

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

会費:6,000円(税込)

定員:14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

だしを主題に据え、かつ旬の食材を使ったコース料理+こだま厳選の日本酒約6種類(基本的には飲み放題) 



≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください 


・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません、またお持ち込みはご遠慮ください 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 

・過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合15日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________________

 

☆ 6/29に『オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会「精米の意味」』を開催!<6/18発表>

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 

しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、ただでさえ狭い店内がどんどん狭くなる一方(笑) 

そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 


蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。 


なので、これもまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず四回目をやってみます。僕が納得できれば月イチでやるかも、だけど四回目となった今もまだ未定。 


おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 


第一回目「熟成」、二回目「酵母」、三回目「辛口」に引き続き、四回目は「精米の意味」に焦点を合わせます。何故お米を精米するのかに始まり、米をたくさん磨く(高精米の)意味、米をあまり磨かない(低精米の)意味を、いろいろなお酒を実際に飲みながら感じていただきます。いろいろな視点からこだま流に紐解き、頭だけでなく舌と身体で感じていただきます。勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。対象はあくまで初心者~中級者向けかな。別に文句言わないなら上級者が来てもいいけど(笑)


呑み会ではありません。 

が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 

でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 


あ、あと、酒気帯びも禁止。要するにゼロ次会禁止。完全素面でいらしてくださいね。 


月曜日だし、募集開始もまたもやめちゃめちゃ遅れたし、今回も参加者がいるかどうかもわかりませんが(苦笑)とりあえず8名以上で開催します(MAXは14名)。 偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 


ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 



☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅳ「精米の意味」~ ☆☆☆ 


日時:平成27年6月29日(月)19時より22時まで(受付18時50分より) 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    http://saint-vincent.jp/access.html 

    *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:高精米と低精米のお酒(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 

会費:3,500円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)



≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください! 


・受け付けは18時50分からです

・店内は完全禁煙です 

・持ち込み(差し入れ含む)は禁止です(マイ酒器はOKです) 

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断りします) 

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合6月24日まで受け付けますが、25日以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽に♪

_______________________________________________

 

☆ 6/28「ちょこだま酒の会!ナンプラー禁止!日本の魚醤でタイ料理の会♪」<6/3発表>

 

ちょびんとこだま、二人とも大好きなんです、タイ料理。 
タイ料理屋さん行くと「パクチー大盛りで!」とか言っちゃうんです。 
もちろん自宅にはナンプラー常備ですし。 

でもタイ料理屋さん行くとやっぱりビールじゃない。 
そもそもタイ料理って結構辛いじゃない。(料理にもよるけどw) 
まぁそもそもタイ料理屋さんで美味しい日本酒見たことないしwww 

なので、思いきってやっちゃったのが昨年6月のタイ料理のコースwith日本酒100%!飲みたくなってもビール禁止(笑)でしたが、日本酒だけでも充分に楽しめることを確認していただきました。日本酒と料理の相性はやっぱり世界一~~~♪ 

そこで今年はもう一歩踏み込んで「ナンプラー禁止」という縛りを設けます。そしてナンプラーの代わりに「日本の魚醤」を何種類か投入、違和感は出るのか出ないのか、新しい発見もお楽しみのひとつにしたいと思います。 

とはいえ辛すぎるとアレなので(笑)少々チューニングします。 
コテコテのタイ料理ではなく、和の技法を用いた「ちょびん風タイ料理」です。 
でも二人ともパクチー大好きなのでパクチーはてんこ盛りで(笑) 

日本酒も、タイ料理に合いそうなものをセレクトしてみます。 
にごりあり、生原酒あり、熟成ありのバラエティに富んだものになる予定です。 
よかったら、一緒に楽しみにいらしてください♪ 


☆☆☆ ちょこだま酒の会【6月】ナンプラー禁止!日本の魚醤でタイ料理の会♪ ☆☆☆ 

日時:平成27年6月28日(日)18時より21時半まで 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    http://saint-vincent.jp/access.html 
   *大塚駅南口から徒歩3分です 
会費:5,500円(税込) 
定員:14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)
料理:日本の魚醤を使ったちょびん風タイ料理7品前後のコース料理+地酒屋こだま厳選タイ料理に合わせた日本酒6~7種類飲み放題 


【参加の際のお願い】 

・最初から最後までタイ料理です、パクチーと魚醤全開です(笑) 
・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します 
・大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合23日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

☆ 7/26(日)に「地酒屋こだま五周年記念感謝祭」を開催します!<5/18発表>

 

おかげさまで地酒屋こだま、

 

 

     6/1で五周年!!!

 

 

自分で言うのもなんですが、こんなええ加減な酒屋がよく五年ももちました(笑)いやもう、ただただ感謝の一言です。本当にありがとうございます。

 

てな訳で、こだまとしてはちょっと背伸びをした大きなイベントを開催します。定員300名です、300名。ええ、ええ、ホントに埋まるんかいな(汗)まぁ、とりあえず200名くらい来てくれればなんとかなるかな(弱気w)

 

 

こんな感じのイベントです。

 

 

☆こだま取り扱いのほとんど、約35蔵の蔵元さんや杜氏さんが来てくれます!

 

☆蔵元ブースには各蔵3種類(×約35≒105種類!)のお酒を用意します!

 

 

・・・と、まぁここまでは普通(?笑)ですがここから先が違います。

 

 

☆ブースには蔵元さんは入りません!こだまが日頃からお世話になっている数多くの取引先飲食店さんより厳選した約20店舗のスタッフが入ります!

 

☆そしてその各飲食店さんが1品ずつ(×約20≒20種類)の美味しいおつまみを用意し、それと共に蔵元の看板背負ってお酒を提供します!もちろん、おつまみもお酒も追加料金不要です!(おつまみはなくなり次第終了)

 

 

・・・で、その間蔵元さんたちはナニをしているかと言うと。

 

 

☆こだま五周年オリジナルTシャツ(見つけやすいように少し派手ですw)を着て会場内をお客さまと同じように自由に食べて酔っぱらっているので(笑)勝手に捕まえて一緒に飲むもよし!いろいろお話を聞くもよし!

 

 

・・・というような感じのイベントです。ま、お祭りみたいなものです♪(笑)当日はもちろん僕もうろうろしておりますが、もちろん僕も酔っぱらいです(笑)よかったら、遊びにいらしてください!

 

 

 

*このイベントのアイディアは横浜の徳丸商店さんの会を参考にさせていただきました。パクリ(笑)を快くお許しいただいた店主の天満さんに敬意と感謝・・・ありがとうございます。

 

*一生懸命に調べてよそさまの会と被らないように調査した上でこの日程といたしましたがいくつかの会と被ってしまったようです、新参者がご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

 

_____________________________________

 

 

こんにちは、地酒屋こだまの児玉です。

平素は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

当店はおかげさまでこの6/1をもちまして、なんとか五周年を迎えることとなりました。

これも皆様のご支援とご厚情の賜物です、重ねて深く感謝申し上げます。

このたび五周年を記念して、ささやかではありますが

地酒屋こだま五周年記念感謝祭を開催する運びとなりました。

ふだんから当店のお酒を愛飲してくださるみなさまに感謝の気持ちを伝えたく、

イベントの内容を一生懸命に考えてみました。

お忙しい中甚だ恐縮ではありますがよかったら遊びにいらしてください。

地酒屋こだまに来たことのない方でも、日本酒を愛する方でしたらどなたでも大歓迎♪

ご来場を心よりお待ち申し上げます。

 

 

LONG WAY to FREEDOM

 

~地酒屋こだま五周年記念感謝祭~

 

日時:平成27年7月26日(日)12時~15時(11時45分より受付開始)

会場:浜松町シーバンスホール(JR&モノレール浜松町駅より徒歩8分)

   http://www.seavanshall.jp/access.html *南口→S1階段経由で約8分です

形式:立席

定員:300名 *おかげさまでチケット完売いたしました!<6/11午後8時>

会費:6,000円(税込/追加料金はありません)


【注意事項】

*お酒のイベントです、未成年者の参加はできません

*お酒のイベントです、お車の運転は『絶対に』禁止です

*泥酔など、周りに迷惑を掛ける状態の方はお帰りいただく場合がございます

*試飲会ではなくお祭りですので「吐器」の設置は予定しておりません、予めご了承ください

 


 

【参加決定蔵元】*5/21現在32蔵(もう少し増える予定です)

 

★山の壽酒造(山の壽/福岡) 忽那信太郎(杜氏)

 

★東鶴酒造(東鶴/佐賀) 野中保斉(蔵元杜氏)

 

★高田酒造(此君/鳥取) 高田昌樹(蔵元杜氏)

 

★泉酒造(仙介/兵庫) 永井正明(営業)

 

★美吉野醸造(花巴/奈良) 橋本晃明(蔵元杜氏)

 

★三千櫻酒造(三千櫻/岐阜) 山田耕司(蔵元杜氏)

 

★北安醸造(北安大國/長野) 山崎義幸(杜氏)

 

★丸世酒造店(勢正宗/長野) 関晋司(製造責任者)

 

★笹井酒造(笹の譽/長野) 笹井康夫(杜氏)

 

★笑亀酒造(笑亀/長野) 森川貴之(杜氏)

 

★酒ぬのや本金酒造(本金/長野) 宮坂恒太朗(蔵元杜氏)宮坂ちとせ(奥さま)

 

★湯川酒造店(九郎右衛門/長野) 湯川尚子(蔵元)湯川慎一(杜氏)

 

★仙醸(黒松仙醸こんな夜に/長野) 黒河内貴(蔵元)安藤宏幸(杜氏)

 

★米澤酒造(今錦/長野) 松下一成(常務)

 

★和田龍酒造(和田龍登水/長野) 和田澄夫(蔵元)

 

★小江戸鏡山酒造(鏡山/埼玉) 五十嵐昭洋(営業)

 

★分福酒造(分福/群馬) 毛塚征幸(蔵元杜氏)

 

★鶴乃江酒造(会津中将/福島) 向井洋年(蔵元)

 

★辰泉酒造(辰泉/福島) 新城壯一(蔵元杜氏)

 

★会州一酒造(会州一/福島) 山口佳男(蔵元)

 

★大和川酒造店(弥右衛門/福島) 佐藤雅一(専務)佐藤哲野(杜氏)

 

★喜多の華酒造場(蔵太鼓/福島) 星里絵(蔵元)

 

★吉の川酒造店(会津吉の川/福島) 冠木大輔(蔵元)

 

★峰の雪酒造場(大和屋善内/福島) 佐藤健信(蔵元杜氏)

 

★笹正宗酒造(ささまさむね/福島) 岩田悠二郎(蔵元)

 

★会津錦(会津錦/福島) 斎藤孝典(蔵元杜氏)

 

★曙酒造(天明/福島) 鈴木孝市(蔵元杜氏)

 

★花泉酒造(ロ万/福島) 星誠(蔵元)

 

★会津酒造(山の井/福島) 渡部景大(蔵元杜氏)

 

★松崎酒造店(廣戸川/福島) 松崎祐行(蔵元杜氏)

 

★竹の露(白露垂珠/山形) 相沢政男(蔵元)相沢こづえ(奥さま)

 

★若乃井酒造(若乃井/山形) 大沼秀和(専務&杜氏)

 

 

 

【参加飲食店】*25店舗

 

★酒味処きの字(新大塚)

 

★地酒やもっと(大塚)

 

★29Rotie(大塚)

 

★ちょこだま(大塚)

 

★希紡庵(池袋)

 

★たつ家(池袋)

 

★Yururi Bar(巣鴨)

 

★日本酒宿七色(北千住)

 

★鰻と地酒 稲毛屋(千駄木)

 

★神田GOTARU(神田)

 

★酒ぐら 鳥酎(赤坂)

 

★海山和酒なるたか(水道橋)

 

★菊水 立(高田馬場)

 

★JAPAN酒Bar Under the Tree(阿佐ヶ谷)

 

★ニコマル(中野)

 

★枡盛次郎(西荻窪)

 

★なごみ家 佳辰(東久留米)

 

★ottimo(大森)

 

★地酒屋のぼる(大井町)

 

★あさひ町スタンド(柏)

 

★たちのみ いしまる(大宮)

 

★ほどほど屋エイト(指扇)

 

★お酒と肴 kuitto(与野)

 

★チーム松本(厨十兵衛&風林火山&アガレヤ合同/長野・松本)

 

★サケとスミビとロシュタン(大阪・難波)

 

 

 

【チケットの入手方法】*完売いたしました!本当にありがとうございました!

 

1.地酒屋こだま店頭で買う(チケットがある限りご予約不要です)

2.念のためメールで申し込み(予約)後にこだま店頭で支払い&受取

3.メールで申し込み→お振り込み→確認→郵送

4.出店飲食店さんでも(お店により)受け付けてくれるお店があります(要確認)


 

以下は「2」と「3」のメールでのお申し込み方法です


①.ご予約はメールのみでの受付となります。*店頭でも随時販売しています(今のところご予約不要)

  1.お名前(郵送希望の場合は本名で!)

  2.ご住所(郵便番号もあると助かります!)

  3.電話番号(万一の確認用です!)

  4.必要枚数

  5.郵送希望か店頭受取希望か

  以上、5点を必ず書いて下記の申し込み専用メールアドレスへお申し込みください。


  チケット申し込み専用メールアドレス(チケット完売に伴い削除いたしました)


②.受付後、振り込み先と金額を書いたメールを返信しますので会費をお振り込みください。

  店頭受取希望の方には「確認しました」というメールを返信します

  

  *迷惑メール対策などで受信拒否になっていると返信が届かずお申し込みが成立しませんのでご注意ください!3日経っても返信のない場合何らかのトラブルが考えられますので地酒屋こだまに直接お電話ください!

 

③.お振り込みを確認後、こだまより直接チケットを郵送します。

 

④.お振り込み後のキャンセル及びチケットの払い戻しはできません、ご了承ください。

 

 

*ご不明の点はお気軽にお問い合わせください!

 電話:03-3944-0529

 メール(問い合わせ用):take9243@mx6.tiki.ne.jp  

 

 

 

暑い夏の一日、みなさまと熱い時間を過ごせたら最高です。

小さな酒屋の中っくらいのイベントですが(笑)たくさんの皆さまのご来場をお待ちしております。m(_ _)m

 

平成27年5月18日

地酒屋こだま 店主 児玉武也

_______________________________________________

 

☆ 6/1に「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅲ「辛口」編~を開催!<5/16発表>

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 
しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、店内はどんどん狭くなる一方(笑) 
そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 

蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。 

なので、これもまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず三回目をやってみます。僕が納得できれば月イチでやるかも、だけど今もまだ未定。 

おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 

第一回目「熟成」、二回目「酵母」、に引き続き三回目は「辛口」に焦点を合わせます。その利便性からどうしても安易に使ってしまう魔法の言葉「辛口」。唐辛子のようには実際には辛い訳ではないのに何故かやたらと使われているその根本的な理由も含めて、いろいろな視点からこだま流に紐解き、頭だけでなく舌と身体で感じていただきます。勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。 

呑み会ではありません。 
が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 
でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。素面でいらしてくださいね。 

月曜日だし、募集開始もめちゃめちゃ遅れたし、今回も参加者がいるかどうかもわかりませんが(苦笑)とりあえず8名以上で開催します(MAXは14名)。 偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 
よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 


☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅲ~ ☆☆☆ 

日時:平成27年6月1日(月)19時より22時まで(受付18時55分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    http://saint-vincent.jp/access.html 
    *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:いわゆる「辛口」をテーマにしたお酒(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 
会費:3,500円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みの上ご予約ください! 

・店内は完全禁煙です 
持ち込みは禁止です(マイ酒器はOKです) 
・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 
遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) *遅刻した場合概要が掴みにくくなることをご容赦ください 
・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断り) 
酒気帯び禁止、素面でいらしてください 
・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合5月27日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

*お申し込み・お問い合わせはお気軽に地酒屋こだままで♪

___________________________________________

 

☆ 5/31にちょこだま酒の会【5月】そして今年も(笑)ミタビ貝の会!を開催します!<4/30発表>

 

自他共に認める貝好きのちょこだまの二人。 
たまにお寿司屋さん行くと貝は全部注文してしまいます。 
でもね、けっこういいお値段なんだよね・・・(苦笑) 

初めは「たまには値段を気にせず貝をたらふく食べたいよね」的なノリで考案した「貝の会」、ちょこだま酒の会が始まってすぐに取り上げご好評をいただいたのが3年前の8月、そして二回目は昨年の5月でした。またそろそろ二人の欲望が抑えきれなくなってきたので(笑)久しぶりに開催したいと思います。 

昨年同様ちょうど岩牡蠣も走りですし、その他にも生食はもちろん、いろいろな貝をメインにした6品ほどのコース料理と、「貝に合わせたら美味しいだろうなぁ♪」という地酒屋こだま厳選の日本酒を6~7種類、飲み放題でご用意します。 

とにかく最初から最後まで貝尽くし! 
貝に弱い体質の方にはちょっと難しい貝、いえw、会ですが、かなり!お得で楽しい内容にできると思いますので是非ともご参加ください。 


☆☆☆ ちょこだま酒の会【5月】そして今年も欲望を抑えきれず(笑)ミタビ貝の会! ☆☆☆ 

日時:平成27年5月31日(日)18時より21時半まで 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
   http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/ 
   *大塚駅南口から徒歩3分です 
会費:6,500円 
定員:14名(超満席にて終了いたしました!)

料理:いろいろな貝をメインにした6品ほどのコース料理+「貝に合わせたら美味しいだろうなぁ♪」という地酒屋こだま厳選日本酒6~7種類飲み放題 


【参加の際のお願い】 *必ず!お読みの上お申し込みください

・最初から最後まで本気で貝尽くしです、貝類に弱い体質の方はご遠慮ください 
・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間だけちょっとお耳の拝借お願いします 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合26日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 5/25に「忽那信太郎生誕祭~忽那杜氏とヤマコトを楽しむ会~」を開催します!<4/19発表>

 

さてさて、今年もやりますよ。 

毎年恒例きの字さんでの「山の壽」の会ですよ。

今年はたまたま誕生日と重なっちゃったのでこんな題名ですよ。


地元福岡以外ではめったに会をやらない自称「神」こと、山の壽の忽那信太郎杜氏。 

今年ももちろん、新大塚の盟友「きの字」を逆指名です。

一昨年、昨年は2DAYSでしたが疲れることがわかったので今年は一日だけ(笑)



★★★ いつものこだまの会とちょっと様子が違います! ★★★ 


*忽那杜氏だけずっとビール飲んでます(他の参加者はビール禁止です) 

*お酒の会という形の「忽那杜氏の誕生日を祝いながら山の壽を飲む会」と思ってください 

*お酒の説明はするかも知れません、しないかも知れません(笑)



当日は山の壽フルラインナップほぼ飲み放題+きの字渾身のお腹いっぱいコース料理をお楽しみいただきます。忽那信太郎杜氏を眺め、交流しながら、山の壽の全てをお楽しみください。 


余談ですが、前日の24日(日)には池袋の「酒ふくろう祭」にきの字さんと忽那杜氏がコラボ出店します。よかったらこちらにも遊びにお出掛けください♪

https://www.facebook.com/sakefukurou



☆☆☆ 忽那信太郎生誕祭!~忽那杜氏の誕生日を祝いながらヤマコトを楽しむ会~ ☆☆☆ 


日時:平成27年5月25日(月)19時スタート22時終了 

会場:新大塚/酒味処きの字(営団丸ノ内線新大塚駅より徒歩1分、JR大塚駅より徒歩13分)

会費:6,000円(税込) 

定員:28名(おかげさまで満席&大盛況にて終了いたしました!)

ゲスト:山の壽酒造より忽那信太郎杜氏 



【ご参加の際のお願い】*必ずご確認ください! 


・当日のお飲み物は山の壽と仕込み水しかございません 

・当日は完全禁煙となります、また、お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください 

・忽那杜氏を祝い(囲み)ながら山の壽のお酒ときの字さんの料理と楽しむ会です、だだの飲み会でも勉強会でもありません

・大いに楽しんでいただきますが、造り手を囲む会ですので忽那杜氏と主催者が話をしている最中は私語を止めて耳を傾けてください、ご協力をお願いします

・空気を読まずにうんちく話とかしていると忽那杜氏がその小さなプライドと鼻を折ります、ご注意ください(昨年の会で、鬱陶しくうんちく話すお客さまに「黙るか帰るかどっちにします?」と突き付けた実績あり)

・泥酔、過度の大騒ぎ、セクハラなどは即!ご退場いただきます 

・キャンセルは原則ご遠慮ください、止むを得ない場合5/20まで受け付けますが、以後は代理の方を立てていただくか会費を全額ご負担いただきます、ご了承ください

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだま、または酒味処きの字さんへお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 4/27に「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅱ~」を開催します!<4/15発表>

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。 
しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、店内はどんどん狭くなる一方(笑) 
そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。 

蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。 

なので、これもまだ試運転なのですが、 いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてとりあえず二回目をやってみます。僕が納得できれば月イチでやるかも、だけど今もまだ未定。 

おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。 

第一回目「熟成」に引き続き二回目のテーマは「酵母」に焦点を合わせます。現代の酒の味に大きく影響を与えている酵母をいろいろな視点から紐解き頭だけでなく舌と身体で感じていただきます。勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。 

呑み会ではありません。 
が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。 
でも基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。 

あ、あと、酒気帯びも禁止。素面でいらしてくださいね。 

月曜日だし、募集開始も遅れたし、今回も参加者がいるかどうかもわかりませんが(苦笑) 
とりあえず8名以上で開催します(MAXは14名)。 
偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。 

ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑) 
よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。 


☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会Ⅱ~ ☆☆☆ 

日時:平成27年4月27日(月)19時より22時まで(受付18時55分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
    http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/ 
    *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:酵母をテーマにしたお酒(けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 
会費:3,500円(税込) *ごめん!ちょっと収支が厳しいので500円だけ値上げした(笑) 
定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!) 


≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください! 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・持ち込みは禁止です(マイ酒器はOKです) 
・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw 
・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) 
・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断り) 
・酒気帯び禁止、素面でいらしてください 
・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合4月23日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽に♪

___________________________________________

 

☆ 4/10に「突発!こだまの在庫を整理する会(笑)」を開催します!<4/6発表>

 

・・・って4日前に募集で集まるのか?(爆笑)


3月31日に新しい冷蔵庫を増設した地酒屋こだま。

その際にいろいろ整理してたら冷蔵庫の奥から忘れてたお酒がたくさん出てきました(笑)


とはいえ封を開けてしまったものばかりで売るわけにもいかず、

しかし素晴らしい熟成をしているものばかりなのでどうしよう・・・と悩んだ結果、

それじゃ、みんなで楽しく呑んじゃおう♪ということになりました。


お酒はレアものも含めて20種類以上呑み放題!(全て1~数年の熟成酒)*開けたてはありません

おつまみは持ち込みでお願いします!(こちらでは一切出しません)

和らぎ水は浄水した大塚の天然水をご用意!(飲み物の持ち込みはごめんなさい)


人数にもよりますが立ち呑みとなります。

それから狭いです、なんせ小さな酒屋ですから。あ、トイレはあります。

片付けが大変なので紙コップと紙皿(用意します)で許してください(酒器の持ち込みはOK)。

電子レンジはあります。包丁とまな板はあるけどセルフでお願いします。

お燗は設備が簡素なのでまぁできるだけ頑張りますw


10人以上集まったらやろうと思います。

よかったらご参加をお願いしま~~~す!



☆☆☆ 突発!こだまの在庫を整理する会(笑) ☆☆☆


日時:平成27年4月10日(金)19時10分~22時(19時迄通常営業のため10分から入店可能)

会場:大塚・地酒屋こだま店内

会費:2,000円

定員:10名以上16名まで(おかげさまで超!満席にて終了いたしました!)



【ご予約の際のお願い】*お願いですから説明全部読んだ上でご予約お願いします!


・こだまも一緒に呑みます!仕事はしません!(笑)

・時間内であれば好きな時間に来て好きな時間に帰ってOKです!

・呑み放題だけどお酒に敬意を払わない呑み方、および泥酔禁止!

・楽しく呑んで欲しいけど大騒ぎやナンパ・セクハラなど迷惑行為厳禁!(ぶっ飛ばす!w)

・店内は禁煙です!煙草臭いのや香りの強い整髪料&香水はご勘弁を!

・立ち呑みです!つまみは持ち込みです!飲み物は持ち込み不可です!

・和らぎ水と紙コップ&紙皿は用意します!

・開けたてではない熟成酒(1年~数年)しか出しません!


その他、ご不明は何でもお尋ねください。

急なので人が集まらなかったらまた開催を検討します。


*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽に♪

__________________________________________

☆ 5/14「長野の風に吹かれて~こだまを支える長野9蔵を五感で楽しむ会を開催します!<4/3発表>

 

こだまと長野酒との出逢いは20年以上前に遡ります。 


当時、山とスキー三昧だった僕は、出掛けるたびに出逢う白馬や諏訪のいわゆる「しぼりたて無濾過生原酒」のあまりの美味しさに感動して日本酒が大好きになりました。その後に縁もあり、実は勢正宗や北安大國を知ったのもまさにこの頃でして、どんどん長野酒にはまっていった僕がいます。 


まぁ、まさか、20年以上後の僕がこうして扱わせていただいているなんて夢にも思いませんでしたが(笑) 


こだまでは現在9蔵(昨年は8蔵)の長野酒を扱わせていただいています。毎年この季節に開催される「長野酒メッセin東京」に便乗して(?笑)昨年初めて8蔵での会を開催しおかげさまで大好評をいただきました。今年も5/13に東京で長野酒メッセが開催され、蔵元や造り手が東京に集まります。今年も出来たらいいなぁ、と思い、さっそく9蔵に連絡をしたところ、今年も有り難いことに次々と快諾をいただきまして、また長野のお酒と料理ならここ!の「海山和酒なるたか」さんに昨年に引き続きご協力をいただくことができ、今回の募集と相成りました。 


来てくれる蔵は以下の通りです。(なんとなく北から順番に・・・) 


1.丸世酒造店(勢正宗/中野)

2.北安醸造(北安大國/大町)

3.笹井酒造(笹の譽/松本)

4.笑亀酒造(笑亀/塩尻)

5.湯川酒造店(十六代九郎右衛門/木曽)

6.仙醸(黒松仙醸、黒松仙醸こんな夜に/伊那) 

7.米澤酒造(今錦/伊那)

8.酒ぬのや本金酒造(本金/諏訪)

9.和田龍酒造(和田龍登水/上田)


いわゆる有名な蔵はひとつもありませんが(笑)9蔵すべてが僕にとって誇りであり、扱わせていただくことを光栄に思っています。今回はそんな9蔵から蔵元や杜氏を一堂に迎えての会を開催します。 


こんな会にしようと考えています。 


☆通常の蔵元を囲む会と同じように着席での開催です

☆なるたかさん渾身のコース料理付きのスタイルです 

☆各テーブルに5~6名、9つのテーブルに分かれて着席していただきます 

☆自慢のお酒を3種類抱えた蔵元が各テーブルに分かれ、一緒に飲みながら歓談します 

☆15分ごとに蔵元がお酒を持って隣のテーブルに移動していきます 

☆9蔵が一周したらその後は好きなお酒を自由に飲んでいただく時間となります 


蔵元や造り手のお話を目の前で聞き、お酒に込められた想いに触れながら、そのお酒を味わっていただく・・・お酒の美味しさだけじゃなくって造り手の笑顔も思い出になるような、そんな会になればいいなぁ、と思います。 


昨年と同じようにいくのかどうか我々もドキドキですが(笑)楽しい時間を過ごしていただけるよう精一杯努めますので足をお運びいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。 



*前日の13日には長野酒メッセin東京が開催されます。こちらも是非お出掛けください♪

  http://www.nagano-sake.or.jp/topics/



☆☆☆ 長野の風に吹かれて~こだまを支える長野9蔵を五感で楽しむ会♪Vol.2 ☆☆☆ 


日時:平成27年5月14日(木)18時45分受付開始/19時開宴/22時終了 

会場:水道橋/海山和酒なるたか(JR総武線水道橋駅より徒歩3分/都営三田線水道橋駅 A6番出口より徒歩1分/営団丸ノ内線後楽園駅より徒歩10分) 

 http://r.gnavi.co.jp/g220042/map/ 

会費:6,000円(税込) 

定員:最大45名(おかげさまで満席&超大盛況にて終了いたしました!)

お酒:長野9蔵×3種類ずつ=27種類が飲み放題 

料理:長野をテーマにした、なるたかさん渾身のコース料理 



【ご予約の際のお願い】*必ずお読みください! 


・当日のお飲み物は長野9蔵の日本酒と仕込水のみとなります 

・お持ち込みはご遠慮ください 

・当日の店内は完全禁煙とさせていただきます 

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください 

・飲み放題ではありますが、造り手が悲しむような敬意のない飲み方はお断りします 

・蔵元や造り手と直接お話していただくことを目一杯お楽しみください、ただし独占はしないようお気遣いをお忘れなくお願いします 

・泥酔、大騒ぎなど他のお客さまに迷惑を掛ける行為のあった場合はご退席いただきます 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。止むをえない場合8日まで受け付けますが、9日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください 

 

*お申し込み・お問い合わせは海山和酒なるたかさん、または地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 4/26に「ちょこだま酒の会【4月】~馬鹿の会♪~」を開催します!<3/21発表>

 

ちょこだま酒の会でも何度か取り上げた「馬肉」と「鹿肉」 
料理バカと日本酒バカが運営しているちょこだまだし(笑) 
せっかくなので合わせ技で「馬鹿の会」をやってみます♪ 

馬肉と鹿肉には共通のニュアンスがありつつも似て非なるもの。 
その辺の楽しさを味わっていただけるよう、いろいろな料理に仕立ててみます。 
仕入れによりますが刺身あり煮物あり焼物ありのコース料理でいつものように満腹になっていただきます。 

お酒も、今回はちょっと趣向を変えて「馬(桜)」と「鹿」に特化してみようかな、と♪ 
こだまで寝かせている秘蔵品もいくつか投入して、新酒からレアな熟成まで並べてみます。 
お酒だけでもちょっとなかなか出逢えないような、そんなラインナップを期待してください。 

ふだんは高級でちょっとお高い馬肉と鹿肉をめいっぱい♪ 
内容にしてはリーズナブルにご提供、堪能できる会になると思います。 
よかったらお誘い合わせの上、一緒に楽しみにいらしてください。 


☆☆☆ ちょこだま酒の会【4月】~馬鹿の会♪~ ☆☆☆ 

日時:平成27年4月26日(日)18時より21時半まで(受付17時55分より) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
 *地図はこちらです
 *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:馬肉&鹿肉を主軸としたコース料理+馬(桜)&鹿に由来したお酒7種類ほどを飲み放題♪ 
会費:7,000円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!) 


≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込みはご遠慮ください) 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・料理とお酒を楽しむ会です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの一方的なご披露もご勘弁ください・・・笑) 
・進行中、お酒と料理の話を主催者からさせていただきますのでその間だけはお耳を傾けていただけますようお願いいたします 
・飲み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用はお控えください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合4月22日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

______________________________________________

 

 

☆ 4/23に「時空を超えた絆~三千櫻と仙醸を一緒に楽しむ会~」を開催します!<3/19発表>

 

岐阜県中津川の三千櫻酒造、長野県伊那市の仙醸、 
車で約2時間の距離にあるこの蔵で杜氏を担当している二人には秘密(?笑)の関係があります。 

スキンヘッドがトレードマークの三千櫻の山田耕司社長は、どんなに米を磨いても「大吟醸」や「吟醸」を名乗ることをせず全て「純米」で押し通し「食に寄り添う食中酒」をひたすら追求するストイックな一面を持っています。ふだんはニコニコ、けっこうアバウトで(笑)緩~いキャラを装っていますが(笑) 

かたや中田英寿を彷彿とさせるルックスの仙醸の安藤宏幸杜氏は、酒造り以外には犬や自転車や山や釣りが大好きな超自然体なヒト。体脂肪率はいつでもひとケタを誇り、酒造りの時も「まぁなんとかなるっしょ♪」な感じでふわふわ優しい印象を与えてくれる素敵なアニキ。 

この二人、実は安藤さんが一時期三千櫻で蔵人をやっていたことからとっても仲良しなのです。僕が安藤さんと一緒に三千櫻を訪ねると、まるで自分の家のように自由に動いている安藤さんがいます(笑)いいなぁ、蔵が変わっても素敵な関係なんだなぁ、と羨ましくなるのです。 

そんなお二人をお迎えして合同でお酒の会を開催します。 
会場となる地酒やもっとさんを真ん中で二つに分けて、前半と後半で三千櫻と仙醸を、山田さんと安藤さんを囲みながらそれぞれ楽しみまくっちゃいましょう♪ 

緩~い感じではありますがお二人のトークも楽しみながらの会になります。 
ただの飲み会気分ではなく、お二人のお話も楽しみにいらしていただけたらと思います。 


☆☆☆ 時空を超えた絆~三千櫻と仙醸を一緒に楽しむ会~ ☆☆☆ 

日時:平成27年4月23日(木)19時より22時まで 
会場:大塚/地酒やもっと(JR大塚駅南口より徒歩3分) 
会費:6,000円(税込) 
定員:32名(おかげさまで超満席&大盛況にて終了いたしました!)

ゲスト:三千櫻酒造(岐阜県中津川)より山田社長、仙醸(長野県伊那市)より安藤杜氏

内容:三千櫻と仙醸のお酒を6×2=12種類ほどを、もっとさんのコース料理と楽しみます

 


≪ご予約いただく際のお願い≫ *必ずお読みの上お申し込みください 

・当日のお飲み物は三千櫻と仙醸のお酒と仕込水だけです(お持ち込みはご遠慮ください) 
・当日は完全禁煙とさせていただきます(玄関外に喫煙所あり) 
・ひとつひとつのお酒に込められた山田さんと安藤さんの想いを伺いながら、お酒ともっとさんの料理を楽しむ会です、お話の最中はお耳を傾けていただくことをお約束ください 
・とはいえ勉強会ではありません、お酒と料理を存分にお楽しみください 
・ほぼ飲み放題になりますがお酒に対する敬意をお忘れなくお願いします 
・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください 
・泥酔、過度の大騒ぎ、セクハラ、空気を読まないお喋り(苦笑)など迷惑行為は厳禁です 
・キャンセルは原則ご遠慮ください、止むを得ぬ場合4/19まで受け付けますが20日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだま、地酒やもっとさんまでお気軽にどうぞ♪

____________________________________________

 

 

☆ 3/30に「オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会~」を開催します!<2/20発表> 

 

これまで、こだま店内でもいろいろな会を開催してきました。

しかしながら、冷蔵庫が増えお酒も増え、店内はどんどん狭くなる一方(笑)

そんな会を開催する余裕がなくなっているのが正直なところです。


蔵元をお呼びしたり料理のテーマに沿ったりのふだんの会より一歩も二歩も踏み込んで、

日本酒の楽しさを一層深めるための正確な知識を呑みながら学べる会を数年前から模索しております。

昨年はこだま店内で3回ほどやりましたが(楽しかったけど)やはりちょっと無理がありました。


なので、これもまだ試運転なのですが、

いつもちょこだまでお世話になっているサン・ヴァンサンさんをお借りしてまずは一回やってみます。

僕が納得できれば月イチでやるかも、だけど今はまだ未定。


おつまみはちょこだまの相方、ちょびんくんにお願いしています。

とにかく安くやりたいので「簡単なもの」になりますがいつものように手作りで無添加、満足できるものを誂えます。

お持ち込みは手数の関係でお断りさせていただきます。


まず第一回目(二回目がなかったらごめんw)のテーマは「熟成」

醸造年度の違いを比べ呑みしたり、いろいろな視点から熟成を紐解き頭だけでなく舌と身体で感じていただきます。

勉強一辺倒ではなく、実際に呑んで食べていただきながら楽しく進行していきたいと思っています。


呑み会ではありません。

が、堅苦しい講義や勉強会でもありません。

基本的には無駄話は自粛。でもワイワイ楽しむ、そんな感じ。


あ、あと、酒気帯びも禁止。素面でいらしてくださいね。


開始時間も遅いし、月曜日だし、参加者がいるかどうかもわかりませんが(苦笑)

とりあえず8名以上で開催します(MAXは12名)。

偏らない知識で日本酒の本質を紐解けたらいいな、と思います。


ちなみに最終的にはみんなべろんべろんに酔っぱらいますのでご容赦願います(笑)

よかったら、楽しみながら学びにいらしてください。



☆☆☆ オトナの勉強室~こだまと呑みながら酒を学ぶ会~(仮題) ☆☆☆ 


日時:平成27年3月30日(月)20時より22時半まで(受付19時55分より)

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)

   地図はこちらです *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:熟成をテーマにしたお酒(たぶん10数種類、けっこう呑み放題)+簡単なおつまみ 

会費:3,000円(税込) 

定員:最大12名(おかげさまで満席&増員にて終了いたしました!)



≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください!


・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・持ち込みは禁止です(マイ酒器はOKです)

・呑み会ではありません、が、堅苦しい勉強会でもありません、が、一応勉強会ですw

・遅刻は厳禁です(当日止むを得ない場合を除く) 

・楽しむ時は楽しむ、聴く時は聴くこと(空気を読まずにお喋りを続けるような方はお断り)

・酒気帯び禁止、素面でいらしてください

・結果的に呑み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合3月25日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

_____________________________________________

 

 

☆ 3/29に「ちょこだま酒の会【3月】~黒い料理と白い酒の会♪~」を開催します!<2/20発表>

 

新酒の季節真っ盛りですね♪

冷蔵技術が進んだとはいえ、やはりこの時期のスペシャルといえば真っ白なにごり酒。

まるで天使の羽のような軽やかな発泡感は我々のんべを至福の世界へと誘います。


一年めは白い酒に白い料理でした。

二年めは白い酒に赤い料理でした。

では今年は・・・白い酒に黒い料理を合わせて楽しみたいと思います。


とはいえ、お料理の色を全部黒、となると使う食材も限られてしまうので(みんなイカスミ味?笑)

そこはちょっとだけズルをさせていただいて名前に「黒」が入っている食材も含めてコース料理に仕立てます。

メニューは当日まで秘密ですが、かなりの高級食材や旬の食材も混じって楽しめる内容になると思います。


お酒はもちろん、オールにごり!♪

新酒ばかりでは似たような表情になりますので、そこはこだまセレクト!

出来たての活性にごりからこだま秘蔵の熟成にごりまで多種多様な「白い酒」を揃えて参ります。


いつもの通りお腹いっぱい、楽しさいっぱいの会になるよう努めます。

よかったら楽しみにいらしてください。



☆☆☆ ちょこだま酒の会【3月】~悪魔VS天使?黒い料理と白い酒の会♪~ ☆☆☆ 


日時:平成27年3月29日(日)18時より21時半まで(受付17時55分より)

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

   地図はこちらです *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:黒(色が黒い、名前が黒い、など)をテーマにしたコース料理6~7品+白(にごり)いお酒7種類ほどをほぼ飲み放題♪ 

会費:6,000円(税込) 

定員:最大14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)



≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください!


・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込みはご遠慮ください) 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・料理とお酒を楽しむ会です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの一方的なご披露もご勘弁ください・・・笑) 

・進行中、お酒と料理の話を主催者からさせていただきますのでその間だけはお耳を傾けていただけますようお願いいたします 

・飲み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合3月24日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 

・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

________________________________________________

 

☆ 3/1に「ちょこだま酒の会【2月】~旬の鰤をすべて食べ尽くす♪」を開催します!<1/26発表>

 

この時期に旬を迎える素材のひとつが「鰤(ぶり)」 
特にこの時期の日本海側の鰤は「寒鰤」とも呼ばれ、冬の風物詩のひとつでもあります。 

毎年開催してご好評をいただいている「鰤の会」ですが、今年も氷見より良質の寒鰤を一匹丸ごと仕入れます。昨年も好評だった「養殖の(良質な)鰤」との食べ比べもやってみます。あとは新しいテーマをひとつ、「皮や内臓まで、食べれるところは全部食べる!」を加えて楽しみます。脂の乗った鰤を主題に、料理人ちょびんくんが前菜から〆まで6~7品ほど、基本に忠実ながらも「ちょこだま流」のエッセンスをあちこちに散りばめたコース料理に仕立ててお楽しみいただきます。 

日本酒も新酒が出揃い、ますます楽しみな時期。 
もちろん新酒だけではなく秘蔵の熟成酒もバシバシ出しますよ♪ 

今年も一緒にお楽しみいただけたら幸いです、よろしくお願いします。 


☆☆☆ ちょこだま酒の会【2月】~旬の鰤をすべて食べ尽くす♪~ ☆☆☆ 

日時:平成27年3月1日(日)18時より21時半まで *2月の会ですが都合により3/1になります 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

    地図はこちらです *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:最初から最後まで旬の寒鰤を使ったコース料理+それに合わせた厳選日本酒7種類ほどを飲み放題! 
会費:6,500円(税込) 
定員:最大14名(おかげさまで満席&大盛況にて終了いたしました!) 


≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込みはご遠慮ください) 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・料理とお酒を楽しむ会です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの一方的なご披露もご勘弁ください・・・笑) 
・進行中、お酒と料理の話を主催者からさせていただきますのでその間だけはお耳を傾けていただけますようお願いいたします 
・飲み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合25日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります 
・ご参加のみなさん全員が気持ちよくお帰りいただけるよう、会の進行にご協力お願いします

___________________________________________

 

☆ 1/25に「ちょこだま酒の会【1月】鯨が帰ってきたぞ~♪」を開催します!<12/26発表>


 

2015年一発目のちょこだま酒の会のテーマは「鯨」で参ります。


みなさんご存知のように「鯨」は日本古来よりその漁法や料理法が伝わる、日本の伝統食材です。異国文化を認めようとしない海外の頭の固い方々と、海外にその伝統を胸を張って伝えられないできてしまった無能な政府のせいで、いまだにいろいろと問題を抱えたままの捕鯨ではありますが、日本の誇るべき文化であることは間違いのない事実です。


思えば2012年6月にちょこだま酒の会をスタートした初回のテーマが鯨でした。ちょこだまでも初心に帰って、もう一度「鯨料理」に真正面から取り組んでみることにしました。前菜から〆までひたすら鯨三昧、6品前後の鯨を使ったコース料理となります。お酒も鯨料理を意識して、かつ「飲み頃」を迎えたお酒を6~7種類用意して飲み放題にいたします。寒い時期ですからお燗もお楽しみいただきます。


現代では鯨肉は高級食材となっておりますが、ちょびんくん独自のルートでかなり質の良い鯨肉を比較的安定した価格で仕入れます。いつものことではありますが、専門店に引けを取らない内容をかなりお得な価格でご提供できるという自負はありますが、それでもいつもの会よりは会費が少々高めになることをご了承ください。


ちょこだまならではのこの組み合わせ、よかったら楽しみにいらしてください。



☆☆☆ ちょこだま酒の会【1月】来たぞ~鯨が帰ってきたぞ~♪ ☆☆☆ 


日時:平成27年1月25日(日)18時より21時半まで 

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

 http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/ 

 *大塚駅南口から徒歩3分です 

内容:最初から最後まで鯨を使ったコース料理+それに合わせた厳選日本酒7種類ほどを飲み放題!

会費:8,000円(税込)

定員:最大14名(おかげさまで盛況にて終了いたしました!) 



≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください! 


・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込みはご遠慮ください) 

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・料理とお酒を楽しむ会です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの一方的なご披露もご勘弁ください・・・笑) 

・進行中、お酒と料理の話を主催者からさせていただきますのでその間だけはお耳を傾けていただけますようお願いいたします

・飲み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合21日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額お支払い頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽に♪

__________________________________________

 

 

☆ 12/22に「~ゆく酒くる酒~もっとと醇とこだまのクリスマスナイト♪」開催!<12/4発表>

 

神田の醇さんと始めて今年で4年目になります「ゆく酒くる酒」。

まったく同銘柄・同スペックの「出たばかりの新酒(くる酒)」と「壱年(以上)寝かせた熟成酒(ゆく酒)」、まぁ要するにまったく同じお酒の年度違いをセットにして6種類12本を比べ飲みしながら年末の一夜を楽しもう!という企画。おかげさまで毎年大人気で満席&大盛り上がりの開催となっています。


さて、ご承知の通り神田の醇さんが11月末にて閉店をしてしまいました。

まぁ、そうすると今年はできないよなぁ、と思ったのですが、でもこの企画、自分で言うのもナンですがなかなか面白いのです(笑)なので止めちゃうのはもったいないなぁ、誰か一緒にやってくれないかなぁ、と思っていたところご近所の仲良し「地酒やもっと」さんがお力を貸してくださることになりました。


そしてさらに!醇さんも一日料理人として参加いたします!

醇とこだま、よりさらに進化した「もっとと醇とこだま」のクリスマスナイト、楽しくなること請け合い♪

さらにパワーアップした開催を目指します。


いつもの蔵元を囲む会などに比べてうんちく少なめ、ひたすら楽しむ会です。

会場も神田から大塚に移り、さらにクリスマスには数日早い開催となり、さらにさらに開催まで日数があまりありませんが(苦笑)、楽しい夜になるようスタッフ一同精一杯努めますので、是非とも遊びにいらしてください♪



☆☆☆ ~ゆく酒くる酒~ もっとと醇とこだまのクリスマスナイト♪Part-4 ☆☆☆ 


日時:平成26年12月22日(月/19時より22時まで) 

会場:大塚/地酒やもっと(JR&都電大塚駅より徒歩2分) 

会費:6,000円 

定員:最大36名(おかげさまで満席&超盛況にて終了いたしました!)

内容:お料理→もっと+醇コラボのコース料理!

   お酒→同じお酒の醸造年度違いをセット×6種類12本(以上)を飲み放題!


【参加にあたってのご注意】!!!必ずお読みの上ご参加ください!!! 


・当日のお飲み物は日本酒と水だけです(お持ち込みはご遠慮ください)

・店内は完全禁煙です(玄関外テラスに喫煙スペース有り) 

・ドレスコードはまったくございません(Tシャツ&ジーンズでもOKです)が、いつもより少しだけお洒落してお出掛けくださるとより楽しいと思います(香りの強い香水や整髪料の使用はお控えください) 

・ナンパなどを目的とするような参加はご遠慮ください 

・泥酔、セクハラ、度を超えた大騒ぎは有無を言わさずご退席いただきます 

・基本的に飲み放題となりますが主催者と蔵元が悲しみますのでお酒への敬意を忘れずにご参加ください 

・キャンセル、大幅な遅刻を前提としたご予約はご遠慮ください 

 また万が一のキャンセルは17日まで受け付けますが、以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いただきます、ご了承ください 

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだま、または地酒やもっとまでお気軽にどうそ♪

___________________________________________

 

☆ 12/21に「ちょこだま酒の会【12月】お鍋な忘年会♪」を開催します!<11/27発表>

 

早いですね~~~、今年も一年ありがとうございました。 
平成24年1月に正式OPENした「ちょこだま」もおかげさまで間もなく三周年を迎えます。 
長かったような短かったような、でもたくさんの笑顔と逢えて本当に嬉しい三年でした。 

ちょこだまの酒の会はいつもテーマを決めて掘り下げる形をとっていますが、 
今回、12月は最初から最後までず~~~っと「鍋」な忘年会でわいわい楽しみます。 
はい、鍋料理以外はまったく出ません(笑)。 

ちょびんくん自慢の出汁をた~~~っぷり用意して、 
ありったけの食材、魚も肉も野菜もた~~~っぷり用意して、 
鍋のベースを勝手に変えていただく、例えば塩、味噌、バター、キムチ、チーズ、カレーなんかも用意して、 
最初から最後まで「鍋!鍋!!鍋!!!」(笑)自由で変幻自在な鍋の楽しさを味わっていただきます。

クリスマス、年末でお忙しい時期のちょっとした息抜きに、よかったら遊びにいらしてくださ~~~い♪ 

*今年はプレゼント交換会はありません 
*ちょこだまからのプレゼント抽選会はあるかも知れません(笑) 
*直箸でつつき合うのが鍋の醍醐味です、そういうの苦手な潔癖症の方はご遠慮ください 


☆☆☆ ちょこだま酒の会【12月】お鍋な忘年会♪ ☆☆☆ 

日時:平成26年12月21日(日)18時より21時半まで 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
 http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/ 
 *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:ただひたすらに鍋料理(笑)+こだま厳選年末スペシャル日本酒7種類ほどを飲み放題! 
会費:5,500円 
定員:14名(おかげさまで大盛況にて終了いたしました!)


≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください!

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込みはご遠慮ください) 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・料理とお酒とお喋りを楽しむ会です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの一方的なご披露もご勘弁ください・・・笑) 
・飲み放題のお酒をお出ししますがお酒への敬意を忘れないようお願いします。また、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラ・ナンパ行為などは即刻ご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合17日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________________

 

☆ 悲しいけど・・・・・「神田・醇」さんラスト営業3DAYS開催です!<11/25~27>


こだまの先輩でありよき友人でもあり何度も一緒に会をやらせていただいた神田の「和酒Bar&Dining醇」さん。

実はだいぶ前からお話は伺っていたのですが、この11月27日をもって閉店することになりました。


残念でなりません・・・が、終わりは始まり。醇の猪狩淳さんも既に次を見据えた動きを始めています。


そんな訳で11/25・26・27とラスト3DAYSの営業をするそうです。

毎日ゲストが来るのですが、25日は不肖ワタクシめ如きで恐縮ですがゲストとなります。

もしよかったら(25日に限らず)一緒に楽しみにいらしていただけませんか?


ご予約は神田・醇さん(03-6206-9210)へ、25日に限りこだまでも承ります。

詳細はhttp://ameblo.jp/nihonsyu-jun/でも確認可能です。

よかったら・・・・・お待ちしております。


<以下、醇さんのブログより転記>


すでに当ブログ等でお知らせしました通り11月27日を持ちまして神田・醇は閉店いたします。お世話になったみなさまにはあらためまして心より感謝申し上げます。

25,26,27日のラスト3日間は会費制にての営業とさせて頂きます。ゆる~い飲み会とさせて頂き私も皆様のお席で杯を酌み交わさせて頂きながらお一人お一人に感謝の思いをお伝えできればと考えています。お忙しいことと存じますが神田・醇の最後のわがままをお聞き入れ頂きご参加いただければ幸いです。


11月25,26,27日


それぞれ18時半~23時


会費 4,000円  お酒飲み放題&おつまみ付


ご予約制ではございませんが、お席などの都合上事前にご連絡いただければ幸いです。また、お酒、おつまみのお持ち込みも大歓迎いたします(^^)


ゲスト
25日 地酒屋こだま:児玉武也さん
26日 相原酒造:渡辺修宏さん
27日 藤井酒造:藤井善文さん
 ほか日時未定ながらたくさんの方にご参加表明をいただいております。


宜しく~!!
____________________________________

☆ 11/23に「ちょこだま酒の会【11月】そしてミタビ『ジビエる?』を開催します!<11/4発表>

 

『秋になるとよく聞きますよね、ジビエって。 
 ジビエとはフランス語で「狩猟によって捕獲された野生の鳥獣」を指すそうです。 
 そうですよね、主に高そうなフランス料理のお店でしか聞かないですもんね(笑) 

 では、ジビエを「和の心」で料理してみたらどうなるか。 
 では、ジビエを「日本酒」で楽しんでみたらどうなるか。 

 あんまり難しいこと考えても始まらない。 
 ので、ちょこだまスピリット全開にして好奇心で取り組んでみます。 
 間違っても高級フレンチみたいな料理は出さないからそのつもりで来てね。 』 


・・・ということで開催された一昨年11月の会より二年、昨年11月の会より一年が経ちました。 
今年もさらにさらに進化した「ちょこだま流ジビエ料理+日本酒」に挑戦します。 
とはいえゆる~い会です。お楽しみいただけるよう精一杯努めますのでどうぞよろしくお願いします。 


☆☆☆ ちょこだま酒の会【11月】そしてミタビ『ジビエる?』 ☆☆☆ 

日時:平成26年11月23日(日)18時より 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
 http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/ 
 *大塚駅南口から徒歩3分です 
内容:ちょこだまが和の技と心、そして洋へのリスペクトをもってジビエのコース料理(6~7品)を組み立て、それに合う酒を6~7種類ほど、ほぼ飲み放題の日本酒を楽しんでいただきます 
会費:8,000円 
定員:14名(おかげさまで超満席&大盛況にて終了いたしました!) 

*参考までに今までのメニューです 

<一昨年> 

・雉(きじ)肉のバンバンジー風サラダ 
・蝦夷鹿(えぞじか)のタタキ 
・鹿肉のつくね 
・兎(うさぎ)肉のフライと人参のえのき巻き 
・雉(きじ)、鶉(うずら)、猪(いのしし)、兎の焼物四点盛り 
・猪汁 
・鶉のリゾット 

<昨年> 

・前菜四点【キジモツ三種とキジ肉料理】(北海道産) 
 <レバーパテ 砂肝酢味噌 ハツ時雨煮 キジ肉鳥味噌> 
・雷鳥と五つの野菜のシーザーサラダ(イギリス産) 
・猪のたたき味噌ダレ風(長野産) 
・真鴨のムネとモモの和風ロースト(フランス産) 
・ウサギ背肉のパンチェッタ巻きグリル(フランス産) 
・猪のラグーソース風ペンネ(長野産) 
・熊肉の味噌煮込み(北海道産) 
・雷鳥とキノコの雑炊(イギリス産) 


≪参加の際のご注意≫ *必ずお読みください! 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込みはお断りします) 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・二次会的なご利用(酔ってのご参加など)はご勘弁ください 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・基本的な趣旨は「ジビエ料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・ジビエやお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間だけちょっとお耳を拝借させてください 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合19日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

☆ 11/20に今年も本金の会を開催します!<10/24発表>

 

長野県上諏訪には造り酒屋が五軒あります。 
どこも決して大きくはないのですが、有名な真澄をはじめとして舞姫、麗人、横笛、そして本金(ほんきん)を醸す「酒ぬのや本金酒造」が、都会とは違って片側一車線しかない甲州街道沿いの数百メートルほどの範囲に並んでいます。 

創業は宝暦6年(1756年)といいますから250年を超える歴史を持っています。創業当時は「志茂布屋(しもぬのや)」の屋号を持ち、昭和初期に「酒布屋(さけぬのや)」の屋号への変更を経て現在の「酒ぬのや本金酒造」の名称に至ります。 

平成20年度より杜氏を担当する九代目蔵元、宮坂恒太朗さんとこだまとの出逢いは7年前、平成18年まで遡ります。初めて一緒に飲み交わしたその日のことは今も忘れません。それからずっと応援をし続け、地酒屋こだまOPENと共に取り扱いをさせていただき現在に至るのですが、いつしかいち取引先を遥かに超えた、僕にとっては弟のような大切な存在になりました。 

恒太朗さんが思い描く本金は「すっと飲みやすい」「程よく味と香りが膨らむ」「主張しすぎない」そんな酒質。関わった人々を「本金で幸せにすること」が一番の目標だという恒太朗さんの造る酒を毎年見ていますが、お世辞抜きに毎年の進化が著しく、理想とする酒に徐々に近づいてことを実感するここ数年なのです。 

実は恒太朗さん、現在ALS(筋委縮性側索硬化症)という難病と闘っています(最近ではアイスバケツチャレンジなどで随分と話題にもなり一般への認知も進んだように思います)。そのため当日も大きな声が出しづらいのでいつも以上にお客さまに耳を傾けていただくことになります。いえいえご心配なく、昨年同様いっぱい喋ってもらいます(笑)お酒のこと、蔵のこと、二人のかわいいお子さんのこと、ふだん聞けない裏話を含めていっぱいお話をいただきます。そして恒太朗さんを支える超元気な奥さま!(笑)ちとせさんにもお越しいただき、あれこれ伺いたいと思います。 

 

そして、これは数日前に発表になりましたが会場となる神田・醇さんがこの11月いっぱいで閉店することになりました。醇さんにとってもこれが最後のお酒の会となります。

本金のお酒はもちろん、僕の大好きな恒太朗さん、ちとせさんの想いをめいっぱい感じていただく会になります。 醇さんもめちゃめちゃ気合い入れて料理を誂えます。こだまは隠し持っていたスペシャルも投入します。昨年以上に、たくさんの「想い」を伝えたいです。ぜひとも、本金のお酒とお二人に逢いにいらしてください。 

★昨年の会の様子です、お読みいただけたら幸いです★ 
  http://ameblo.jp/take9243/entry-11712255735.html 

★日本ALS協会HP、寄付なども受け付けています★ 
  http://www.alsjapan.org/jp/index.html 

 


☆☆☆ 今年も想いを込めて~本金の宮坂恒太朗さんとちとせさんを囲む会~ ☆☆☆ 

日時:平成26年11月20日(木)19時より22時まで 
会場:神田/和酒Bar&Dining 醇 
会費:6,000円 
定員:26名(おかげさまで超満席!にて終了いたしました!)
内容:醇さん渾身のコース料理6~7品と本金のお酒10種類ほどをほぼ飲み放題 
ゲスト:長野県諏訪市の酒ぬのや本金酒造より九代目蔵元&杜氏の宮坂恒太朗さんと奥さまのちとせさん 

 


【ご予約の際のお願い】 *必ずお読みの上ご予約ください! 

・ひとつひとつのお酒とお料理を合わせる進行の中で、そのお酒に込められた蔵元の想いやお話を伺いながら楽しむ会です。勉強会ではありませんが、ただの飲み会でもございません。蔵元や主催者のお話の最中は会話を休んで耳を傾けていただくことをお約束いただきます(重要) 
・前半~中盤は、お料理一品にお酒一杯を合わせる『醇スタイル』での進行のためお酒のペースはゆっくりとなります、お代りなどの要望には応えられません。その分後半にはいろいろ自由に飲んでいただけますのでご了承ください 
・店内は完全禁煙です 
・当日のお飲み物は「本金」のお酒と仕込水のみとさせていただきます 
・お酒の量はほぼ飲み放題となりますが、造り手やお酒に敬意を持った飲み方をお願いします 
・お料理とお酒を楽しむ会ですが、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラなど迷惑行為は退場をお願いする場合がございます 
・止むを得ないキャンセルは15日まで受け付けますが、16日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきます、ご了承ください

 

*お問い合わせ・お申し込みは地酒屋こだま、または神田・醇さんまでお気軽にどうぞ♪

________________________________________

 

 

☆ 11/3は「ちょこだま3周年♪スペシャル感謝DAY営業♪」<10/17発表>

 

*これはイベントではなく通常の「ちょこだま」営業の延長です、ご注意ください

 

月に2回だけの営業、なんてふざけた店がなんとか3年もちました(笑) 
なんというかまぁ、おかげさまで赤字になる日は結局一日もなくて、忙しくも楽しい営業をさせていただいております。 
いつも来てくれる方、気にしてくれる方、本当にありがとうございます。 

無添加料理人のちょびん(渡辺直樹)と日本酒案内人のこだま(児玉武也)、 
二人合わせて「ちょこだま」と銘打ち、地酒屋こだまの別館として2011年12月4日にプレOPEN。 
同じ大塚のサン・ヴァンサンさんのお力を借りながらここまで参りました。 

我ながら、ずいぶん進化したような気がします。 
いや、でもまだまだ未熟者。これからもより一層勉強して参ります。 
毎日毎日お店を開けてる飲食店さんの凄さにあらためて恐れ入った3年でした。 

ともあれ、正確には一か月前になりますが、この日を「3周年DAY」として特別営業いたします。 
第一部と第二部に分け、ちょこだまでいつもお出ししている10種類ほどのメニューを特別コースにします。 
そしてお酒はいつもの24種類+αを飲み放題にさせていただき、会費制4,000円といたします。 

当日ふらっといらしても大丈夫ですが、ご予約を優先とさせていただきます。 
ご予約の際は第一部(15時~18時)か第二部(19時~22時)かをご指定ください。 
コース料理の関係でできるだけ遅刻のないようお願いできたらと思います。 

ちょこだまの二人が送る、いつもと同じでいつもとちょっと違うスペシャル感謝DAY☆ 
よかったら、楽しみにいらしてください♪ 
(イベントではないので単純に普通の飲み屋さんに行く感覚でお願いします) 

☆☆☆ ちょこだま3周年♪スペシャル感謝DAY営業♪ ☆☆☆ 

日時:平成26年11月3日(月&祝) 第一部/15時~18時 第二部/19時~22時 
定員:第一部・第二部共に12名さま前後(おかげさまで完全満席にて終了いたしました!)
会場:大塚・別館ちょこだま(ワインカフェ「サン・ヴァンサン」内にての営業となります) 
 http://www.saint-vincent.jp/access.html 
 JR大塚駅南口より徒歩3分、営団丸ノ内線新大塚駅より徒歩8分くらいです。 
 電話番号:03-3944-0529(転送) 
料金:4,000円(税込) 
料理:通常ちょこだまでお出ししている10種類ほどのメニューを当日だけの特別コースに仕立てます 
お酒:通常ちょこだまでお出ししている24種類ほどのお酒を飲み放題です 


【ご予約の方法】 

・第一部か第二部かをご指定ください 
・ご予約は1名さまより4名さままで承ります 
・相席をお願いする場合がございます、予めご了承ください 
・6名だけど3名&3名で予約、とかは無しの方向で(笑) 


【ご予約の際のお願い】 *必ずお読みください 

・飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込み不可) 
・日本酒を軽んずるお客さまの入店はお断りいたします 
・香りの強い香水や整髪料使用のお客さまの入店はお断りいたします 
・店内は完全禁煙となります 
・お酒の会ではないので全体で何かするとかはありません、各自でお食事とお酒をお楽しみいただきます(他テーブルへの干渉はほどほどに・・・) 
・お借りしている店舗のためお祝いのお品物などはお気持ちだけで、ありがとうございます

 

*お問い合わせ・ご予約は地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_________________________________________

 

☆ 10/26「ちょこだま酒の会【10月】魚醤をDEEPに感じてみる♪」を開催します!<10/5発表>

 

日本には(世界にも)偉大な発酵調味料がたくさんあります。 

醤油、味噌は僕らの食卓には欠かすことのできない身近な調味料です。 
あ、日本酒や味醂も大切な発酵調味料ですね。 

そこまではメジャーではありませんが、同じく身近な調味料に「魚醤(ぎょしょう)」があります。 
魚を塩に漬けて発酵させ沁み出てきた液体をこう呼びますが、地方によっていろいろな魚醤が存在します。代表的なものですと秋田のしょっつる(鰰が原料)、能登のいしる(烏賊や鰯が原料)などなど、海外ではヌクマム(ニョクマム)やナンプラーなどが有名ですね。大豆を原料とした醤油と違い、独特の臭みが癖になる、そんな魅惑的な調味料です。 

今回はそんな料理の名脇役「魚醤」をメインテーマに据えて料理を誂えます。 
同じ料理を数種類の魚醤で食べ比べてみたり、楽しみを加えながらだいたい5種類程度の「魚醤」の違いや楽しさを感じていただける会にします。もちろんいつものように旬の魚・野菜・肉を豊富に使い、お腹一杯のコース料理に仕立てて参ります。 

日本酒もその料理に合わせて飲み頃のお酒を6~7種類、こちらもいつもの通り飲み放題。 
初めは冷やで一通り楽しんだ後に、後半はお燗も楽しんでいただきます。 

なかなか食べ比べのできない魚醤の世界、一緒に楽しみにいらしてください♪ 

☆☆☆ ちょこだま酒の会【10月】魚醤をDEEPに感じてみる♪ ☆☆☆ 

日時:平成26年10月26日(日)18時より21時半くらいまで(17時55分受付開始) 
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 
   http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/ 
   *大塚駅南口から徒歩3分です 
会費:5,000~6,000円(仕入れにより前後します、ご了承ください) 
定員:14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)
料理:魚醤を主題にした7品前後の魚醤尽くしコース料理+こだま厳選日本酒6~7種類飲み放題 


【参加の際のお願い】*必ずお読みください 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込みは厳禁です) 
・店内は完全禁煙とさせていただきます 
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は悲しいので禁止です 
・大騒ぎ・泥酔・セクハラなどの迷惑行為はご退場いただきます 
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合22日まで受け付けますが、23日以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

________________________________________

 

☆ 10/18に「菊谷さんの料理で丸世の酒を堪能しちゃいましょう♪」を開催します!<9/22発表>

 

明治3年創業、勢正宗を醸す丸世酒造店には「辛口の酒」が存在しません。 

 

丸世の酒は伝統的に「柔らかな甘口」なのです。 

中には仕込みの最後に「もち米」を使うお酒もあります。 

それもすべて信州のお米を使い、その甘味を引き出しています。 

 

丸世酒造店の醸す代表銘柄は「勢正宗/旭の出乃勢正宗」。蔵元である関康久さんが杜氏を務め家族ぐるみ、かつ手造りで少量を醸す小さな小さな蔵ですが、息子の晋司さんが23年度の造りより蔵に戻り造りに関わるようになり、この冬からの造りで4期目となります。蔵は活気を増し、伝統を大切に守りながらも若い力が蔵を動かし始めています。 

 

僕、こだまと丸世の出逢いはもう20年以上前に遡ります。淡麗辛口全盛期に初めて飲んだ丸世の味の衝撃は今も忘れられません。米の甘みが前面に出た、まーるいお酒。それから大ファンになり、アマチュア時代には造りを教えていただきに何度も蔵へ通ったほどです。

 

当日は長野県中野市より蔵元の関康久さんにお越しいただきお話を伺いながら、丸世のお酒10種類ほどをどどん!と味わっていただきます。 会場は昨年も同じ会でお力添えをいただいた巣鴨の銘店「手打ちそば菊谷」さん。実は丸世のお酒に惚れ込んでくださりずっとお店でも使ってくださっています。その菊谷さんが蕎麦はもちろん、丸世の酒に合う肴を全力で誂えます。 

 

丸世酒造店の進化、そして関社長の柔らかくて優しい人柄を感じていただける暖かな会にしたいと思っています。ご参加を心よりお待ちしております。 

 

 

☆☆☆ 今年も菊谷さんの料理で丸世の酒を堪能しちゃいましょう♪の会 ☆☆☆ 

 

日時:平成26年10月18日(土)18時より21時まで

会場:巣鴨/手打ちそば菊谷 http://www17.ocn.ne.jp/~sobakiku/chizu.html 

    JR巣鴨駅より徒歩15分、都電荒川線庚申塚駅より徒歩3分 

会費:6,000円(税込) 

定員:20名(おかげさまで大盛況にて終了いたしました!) 

内容:丸世酒造店(勢正宗)のお酒10種類前後と菊谷さんの蕎麦を含めたコース料理を、関社長のトークを交えながら楽しんでいただく会です

 

 

≪ご予約いただく際のお願い≫ *必ずお読みの上お申し込みください

 

・当日のお飲み物は勢正宗(日本酒)と仕込水だけです(お持ち込みはご遠慮ください)

・当日は完全禁煙とさせていただきます

・ひとつひとつのお酒に込められた関社長の想いを伺いながら勢正宗と菊谷さんの料理を楽しむ会です、お話の最中はお耳を傾けていただくことをお約束ください

・とはいえ勉強会ではありません、お酒と料理を存分にお楽しみください

・ほぼ飲み放題になりますがお酒に対する敬意をお忘れなくお願いします

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください

・泥酔、過度の大騒ぎ、セクハラ、喋り過ぎ(苦笑)など迷惑行為は厳禁です(したら即刻退場ね♪)

・キャンセルは原則ご遠慮ください、止むを得ぬ場合10/14まで受け付けますが15日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだま、または菊谷さんまでお気軽にどうぞ♪

____________________________________________

 

☆ 10/17に「花巴とタイ料理を楽しむ会♪」を開催します!<9/22発表>

 

世界の酒の中でもその料理との相性の広さで類を見ない日本酒。

常温はもちろん、冷やしても温めてもOKな上に和食だけではなく、

中華や洋食との相性も抜群だなんて、他の酒類ではなかなか見られない特性です。

 

そんな中、その卓越した個性で当店でも人気を誇る奈良の「花巴(はなともえ)」

水酛や山廃に代表されるその甘酸っぱい酒質は飲む者を驚かせ、そして虜にします。

造っているのは若き蔵元杜氏、橋本晃明さん。常に進化を求めているチャンレンジャーです。

 

蔵元をお呼びする会をたくさんやらせていただいている地酒屋こだま。

このお酒の会をするなら「ちょっとフツーじゃない会」をやってみたいなぁ、と画策しておりました(笑)

この酒質に合わせるなら何だ?イタリアン?中華?いやいやそんなのフツー過ぎる。うーん、と悩んだ挙句辿り着いた結論。

 

・・・やっぱりここは「タイ料理」だな、と。

 

会場としてお力添えをいただくのは6月にOPENしたばかりの小伝馬町のNICO’S(ニコーズ)さん。

当店のお客さまの知り合いということでご紹介いただき先日訪ねたところ料理・対応共に素晴らしく、ダメ元でコラボをお願いしたところ快諾をいただきました。

 

ゲストにはもちろん、奈良県吉野市の美吉野醸造より橋本晃明杜氏にお越しいただきます。

橋本さんの造りに懸ける情熱と裏話を伺いながら、花巴8~10種類ほどをNICO’Sのコース料理と楽しみます。

11月より造りに入る橋本さん、その直前の意気込みを含めて熱くお話しいただくつもりです。

 

花巴とタイ料理。

さてさて、どんな爆発が起こるのでしょうか・・・乞う、ご期待!

 

 

☆☆☆ 橋本杜氏のお話を伺いながら花巴とタイ料理を楽しむ会♪ ☆☆☆

 

日時:平成26年10月17日(金)19時より22時まで

会場:小伝馬町 タイビストロNICO’S(ニコーズ)/営団日比谷線・小伝馬町駅1番出口より徒歩1分、JR総武線(1番出口)&都営新宿線(A2出口)・馬喰横山駅より徒歩3分

    店舗情報:http://r.gnavi.co.jp/hay2tc050000/

    店舗地図:http://r.gnavi.co.jp/hay2tc050000/map/

会費:5,000円

定員:24名(おかげさまで満席&大盛況にて終了いたしました!)

内容:NICO’Sのタイ料理7品前後のコース料理+花巴8~10種類ほどをほぼ飲み放題

ゲスト:奈良県吉野市の美吉野醸造より若き蔵元杜氏橋本晃明さん

 

 

≪ご予約いただく際のお願い≫ *必ずお読みの上お申し込みください

 

・当日のお飲み物は花巴の日本酒と仕込水だけです(お持ち込みはご遠慮ください)

・当日は完全禁煙とさせていただきます

・ひとつひとつのお酒に込められた橋本杜氏の想いを伺いながら花巴とNICO’Sの料理を楽しむ会です、お話の最中はお耳を傾けていただくことをお約束ください

・とはいえ勉強会ではありません、お酒と料理を存分にお楽しみください

・ほぼ飲み放題になりますがお酒に対する敬意をお忘れなくお願いします

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください

・泥酔、過度の大騒ぎ、セクハラ、喋り過ぎ(苦笑)など迷惑行為は厳禁です(したら即刻退場ね♪)

・キャンセルは原則ご遠慮ください、止むを得ぬ場合10/13まで受け付けますが14日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

________________________________________

 

☆ 10/4に「この酒ウマいねぇ~まるで東鶴のGOTARUねぇ♪」開催です!<9/4発表>

 

東鶴酒造は佐賀県の真ん中へん(大雑把に言うとね・・・笑)の多久市で酒を醸しています。

江戸末期創業以来、冬になると福岡から杜氏と蔵人がやってきて住み込みでお酒を造っていたそうですが、年々その規模が小さくなり、20年ほど前からは造りが停止するようになってしまったそうです。

 

その状況を憂い、かつ、あるきっかけで日本酒に目覚め、醸造試験場、そして「貴」で有名な山口の永山本家酒造場での修業を経て、平成20酒造年度より自社蔵での酒造りを約15年ぶりに再開したのは東鶴酒造長男の野中保斉くん。再会した当時は28歳、たった一人だけでタンク4本約25石の造りからスタートし、22年度は約30石、23年度は約60石、そして24年度以降はやっと100石の大台に乗せました(いや、100石って言ってもめちゃめちゃ小さいんですけどねw)。

 

僕が初めて野中くんに出会ったのは二年目のお酒を出荷中の平成22年の初夏。初めはその意気込みに惚れたということもありますが、僕が最も可能性を感じたのはそのお酒の「秘めたポテンシャル」でした。実に基本に忠実で、香りにも頼らず酒本来の米の旨みをしっかり感じさせる酒を醸していたのです。

 

その21BYのお酒からこだまで扱い始め、特に23BY以降は蔵で会った時とは比べ物にならないほど圧倒的に進化し酒が美味くなってきました。東鶴らしさをきちんと表現できていくのはきっとまだまだ先でしょうけれど、新たなチャレンジや試行錯誤を毎年めちゃめちゃ繰り返しながら頑張っています。

 

今回はその東鶴酒造より野中保斉杜氏をお迎えし、「東鶴ベストセレクション」にてお酒の会を開催します(もちろん、こだま秘蔵酒も出しますよ!)。

 

そして会場として力をお借りするのは昨年10月にOPENしたばかりの神田「GOTARU(ごたる)」さん。佐賀のお隣、長崎出身の市瀬店長はじめ若いスタッフさんが長崎・松浦漁港から直送される鮮魚をメインに料理を誂えている素敵なお店です。店名となっている「ごたる」は九州弁で「○○のよう」、九州(長崎)の美味しいものを食べてもらいたい、という想いを込めたネーミングだそうです。数ヶ月前に市瀬店長がこだまにお酒を買いに来てくださったことで交流が始まり、先日訪問したところ、イタリアンを基調に和のエッセンスを加えたセンスの良い料理に「これは東鶴と合わせてみたい!(・・・しかも長崎は佐賀の隣だしw)」ということでオファーしたところ快諾をいただき、初のコラボとなりました。

 

当日は長崎から直送の自慢のお刺身はもちろん!佐賀の郷土料理も意識したコース料理を構成してくださいます。東鶴ベストセレクションとの相性、めちゃめちゃお楽しみに♪

 

 

☆☆☆ この酒ウマいねぇ~まるで東鶴のGOTARU(ごたる)ねぇ♪ ☆☆☆

 

日時:平成26年10月4日(土)18時より21時まで

会場:神田/GOTARU(ごたる)

    JR&銀座線神田駅 南口より徒歩4分、JR総武本線新日本橋駅より徒歩3分

    http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13161704/dtlmap/

会費:5,500円(税込)

定員:22名(おかげさまで満席、大盛況にて終了いたしました!)

ゲスト:佐賀県多久市東鶴酒造より野中保斉杜氏

内容:こだまセレクト東鶴10種類ほど+GOTARUさん渾身の料理

 

 

【ご予約時のお願い】 *必ずお読みのうえご予約ください!

 

・当日のお飲み物は東鶴の日本酒と仕込水だけです(お持ち込みはご遠慮ください)

・当日は完全禁煙とさせていただきます

・ひとつひとつのお酒に込められた野中杜氏の想いを伺いながら東鶴とGOTARUの料理を楽しむ会です、お話の最中はお耳を傾けていただくことをお約束ください

・とはいえ勉強会ではありません、お酒と料理を存分にお楽しみください

・ほぼ飲み放題になりますがお酒に対する敬意をお忘れなくお願いします

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください

・泥酔、過度の大騒ぎ、セクハラ、喋り過ぎ(苦笑)など迷惑行為は厳禁です(したら即刻退場ね♪)

・キャンセルは原則ご遠慮ください、止むを得ぬ場合9/29まで受け付けますが30日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだま、またはGOTARUさんまでお気軽に♪

________________________________________

 

☆ 9/21にちょこだま酒の会【9月】たまにはハモってみる?(笑)を開催します!<8/29発表>

 

鱧(はも)って夏が旬、って言われるじゃないですか。いや、もちろんそれは間違いではないんですけど、正確には「夏と秋」なんですって。7月中旬の京都の祇園祭、7月末の大阪の天神祭には欠かせないことから「鱧は夏」というイメージが強いのですが、8月頃の産卵が終わって再び身が肥えてくるのが9月から10月頃のいわゆる「落ち鱧」と呼ばれ脂の乗った美味しい鱧の時期なんですって。

 

京都での修行経験もあるちょびんくんが、あえて旬と言われる夏を避け、その「落ち鱧」を主題に据えて料理に挑みます。湯引きなどの定番料理などを組み込みながら、ちょこだま流の「楽しい鱧コース料理」を誂えてみます。基本的には最初から最後まで鱧尽くしとなります。お酒もそれに合わせて、旬の美味い日本酒を6~7種類セレクトしていつものようにほぼ飲み放題となります。

 

脂の乗った落ち鱧をこれでもか!と使ったコース料理と旬の日本酒の、ちょこだまにしてはちょっと贅沢な会、どうぞ堪能しにいらしてください。

 

☆☆☆ ちょこだま酒の会【9月】たまには「ハモ」ってみる?(笑) ☆☆☆ 

 

日時:平成26年9月21日(日)18時半より22時くらいまで(18時25分受付開始)

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内) 

   http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/ 

   *大塚駅南口から徒歩3分です 

会費:8,000円(仕入れにより前後します、ご了承ください) 

定員:14名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

料理:落ち鱧を主題にした7品前後の鱧尽くしコース料理+こだま厳選日本酒6~7種類ほぼ飲み放題

 

 

【参加の際のお願い】*必ずお読みください! 

 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込みは厳禁です)

・店内は完全禁煙とさせていただきます 

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください 

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑) 

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします 

・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は悲しいので禁止です 

・大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます 

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください 

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合15日まで受け付けますが、16日以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります、ご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽に♪

__________________________________________

 

☆ 9/29に「ゆりとぐらとひろとたけの今年も反省会♪(鶴乃江の会)」を開催します!<8/29発表>

 

福島県会津若松で手造りの酒を醸す鶴乃江酒造では「会津中将」を主要銘柄に「永寶屋」や「ゆり」などのお酒を醸しています。笑顔の優しい名杜氏、坂井杜氏を中心に蔵人が一丸となって造りに向き合い、槽で丁寧に搾ったお酒は会津らしい米の旨みたっぷりのお酒でファンも多い蔵です。

 

「ゆり」では杜氏を務めるゆりさん、そして全般をまとめる旦那の洋年くんとのお付き合いも随分と長くなりました。そしてきの字さんでの会も毎年恒例となりました。今年も「反省会」と題して全然反省しない会を開催します(笑)きの字さんの全力料理と、こだま秘蔵コレクションも加えた鶴乃江のすべてを今年もご堪能ください!

 

☆☆☆ ゆりとぐらとひろとたけの「今年も反省会♪」(鶴乃江酒造の会) ☆☆☆ 

 

日時:平成26年9月29日(月)19時より 

会場:新大塚/酒味処きの字 

会費:6,000円 

定員:26名(おかげさまで満席にて終了いたしました!)

内容:きの字渾身のたっぷりの料理と鶴乃江の秘蔵酒も含めたお酒約11種類ほぼ飲み放題 

ゲスト:鶴乃江酒造(会津中将・ゆり・永寶屋)より向井洋年さん(ぐら)とゆりさん 

 

 

【参加の際のお約束】*必ずお読みの上ご予約ください!

 

・当日のお飲み物は鶴乃江のお酒とお水しかありません(持ち込みは厳禁です) 

・きの字さんは完全禁煙です(玄関外に喫煙スペースございます) 

・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料の使用はお控えください

・ゲストお二人のお話も会の大切な、とても大切な要素となりますのでトークの最中は私語を一旦お止めいただきお話に耳を傾けていただくようご協力をお願いします 

・きの字さんの料理と鶴乃江のお酒を楽しむ会ですので、鶴乃江のお酒、きの字、地酒屋こだまを知らなくても楽しむ気持ちがあれば大丈夫です、お気軽にご参加ください 

・うんちくの会や勉強会ではございませんので知識は一切不要ですがただの飲み会ではありませんので、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラなど他人に迷惑を掛ける行為は厳禁です 

・キャンセルは原則ご遠慮ください。やむを得ないキャンセルは9月23日まで受け付けますが、24日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきますことをご了承ください

 

 *お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだま、またはきの字さんまでお気軽に♪

___________________________________________

 

☆ 10/13に鰻の名店「稲毛屋」さんとのコラボ会を開催します!<8/20発表>

 

地酒屋こだまOPEN前のアマチュア時代からお世話になっている千駄木の鰻の名店、稲毛屋さん。良質な日本酒をリーズナブルに、美味しいおつまみと楽しめる名店です。いつも仙介をはじめ「地酒屋こだまの一杯」として何かしらのお酒をご提供いただいたりで光栄の至りなのです。 


昨年、ご主人の當間さん(三代目さん)にお声掛けをいただき地酒屋こだまとして初めてのコラボ会を開催させていただき、おかげさまでそれなりに好評をいただいたようで、今年も是非♪と仰っていただきましたので会を開催します。 


いつもお腹いっぱいになってしまう稲毛屋さんの美味しいおつまみと鰻、そしてこだま厳選の(この日はちょっとハイグレードなものや寝かせたスペシャルなどをお出ししたいと考えています)日本酒を楽しみにいらしてください。 


稲毛屋さんとこだまでのW募集ですが、こだま枠は14名です。 
また、こだま枠での募集は「今まで一度でもこだま、もしくはちょこだまにご来店やご購入経験のある方」限定とさせていただきます。該当しない方は(申し訳ございませんが)稲毛屋さんでも募集していますのでそちらでお願いします。 

よかったら遊びにいらしてください♪ 

 

☆☆☆ 鰻の名店、稲毛屋さんとのコラボ会♪ ☆☆☆

 

日時:平成26年10月13日(月&祝日) 18時より21時まで

会場:千駄木「鰻と地酒 稲毛屋」さん

会費:7,000円(税込) 
募集人数:28名(おかげさまで満席&大盛況にて終了いたしました!)

 

【お申し込みの際のお願い】*必ずお読みください!

 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません(持ち込みは禁止です)

・店内は完全禁煙とさせていただきます

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください

・基本的な趣旨は「稲毛屋さんのお料理とこだまの日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑)

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、盛り上がりながらもその間はお耳の拝借お願いします

・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します

・大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合10/6まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽に♪

__________________________________________

 

☆ 9/6に「鳥取・此君」の会を開催します!<8/7発表>

 

東西に長い鳥取県のだいたい中央、鳥取と米子の中間辺りに位置する倉吉市は城下町であり、白壁土蔵群などの観光でも知られた美しく穏やかな町です。その町中に位置する「高田酒造」は天保14年に建てられた、現存する庄屋として県の保護文化財にも指定される由緒ある蔵元です。 

蔵は高田(たかた)酒造、お酒は此君(しくん)と読みます。 

この高田酒造、実は10年ほど造りを縮小化しておりました。そこへ首都圏で働いていた高田昌樹さんが蔵に戻って酒造りに携わるようになり、ついに彼自身が初めて1本仕込んだのが一昨年、23BYの造りでした。たまたまご縁があり、実はこの23BYのお酒から昌樹さんと地酒屋こだまとの交流が始まりました。 

そして仕込み本数が5本に増えた昨年、24BYの造りでは酒造りとしても大幅な進化を遂げました。もちろんまだ序章に過ぎずいろいろな意味でこれからの無限の可能性を探っていく、まだまだそんな段階ではありますが、彼の想いが少しずつ具現化していくのを目の当たりにしていました。 

そんな昌樹さんの3期目、25BYより、ついに地酒屋こだまは昌樹さんの醸す此君と一緒に歩き始めました。とはいえ24BY、25BYでも30石程度という極小の造りでしたので此君の新しい歴史は始まったばかりです。 

現在の此君の良さを表すなら「キレのいいシャープさの中にほどよい香りと米の旨味をバランスよく共存させた酒」であり、スッキリした酒質に米と酵母の特性を実に忠実に表現している点を僕は評価しています。まぁ、簡単に一言で言えば「旨みの強い辛口」を造っています。とにかくまだまだこれから無限の可能性を秘めた此君、そして静かな情熱を燃やす、生真面目な昌樹さんの今期の造りの成果を一緒に楽しんでいただけたら幸いです。 


☆☆☆ いま始まる、小さな無名蔵の新しい歴史~鳥取・此君の高田昌樹さんを囲む会~ ☆☆☆ 

日時:平成26年9月6日(土)18時より21時半まで 
会場:神田/和酒Bar&Dining 醇 JR&銀座線 神田駅南口より徒歩3分 
    http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13093714/dtlmap/ 
会費:6,000円 
定員:24名(おかげさまで超!満席にて終了いたしました!) 
ゲスト:鳥取県倉吉「高田酒造」より造り手の高田昌樹さん 
内容:此君10種類前後ほぼ飲み放題+醇さん渾身のコース料理7品ほど 

【ご予約の際のお願い】*必ずお読みの上お申し込みください 

・ひとつひとつのお酒とお料理を合わせる進行の中で、そのお酒に込められた高田昌樹さんの想いやお話を伺いながら楽しむ会です。勉強会ではありませんが、ただの飲み会でもございません。蔵元や主催者のお話の最中は会話を休んで耳を傾けていただくことをお約束いただきます(重要) 
・前半~中盤は、お料理一品にお酒一杯を合わせる『醇スタイル』での進行のためお酒のペースは「かなりゆっくり」となります、お代りなどの要望には応えられません。その分後半にはお燗も含めていろいろ自由に飲んでいただけますのでご了承ください 
・店内は禁煙です 
・当日のお飲み物は「此君」の日本酒と仕込水のみとさせていただきます 
・お酒の量はほぼ飲み放題となりますが、造り手やお酒に敬意を持った飲み方をお願いします 
・お料理とお酒を楽しむ会ですが、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラなど迷惑行為は退場をお願いする場合がございます 
・止むを得ないキャンセルは2日まで受け付けますが、3日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきます、ご了承ください

 

*お問い合わせ・お申し込みは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

________________________________________

 

 

☆8/24にちょこだま酒の会【8月】ちょこだま夏祭り!を開催します!<7/31発表>

 

今年もやろうよ!夏祭り!

 

という訳で、僕らがやりたいのでやります!(笑)

とはいえ、料理もお酒も一切手は抜きません。

いつも通りの趣向を凝らした料理に夏のHAPPYなお酒全開で参ります。

 

お祭りですので途中にちょっとイベントも挟みます。

昨年に引き続き射的も(笑)、そしてくじ引きなんかもあったりして。

とにかく食べて飲んで遊んで、楽しい数時間にしたいと思います。

 

今の時期はあちこちで行われる「夏祭り」ですが

ちょこだま流夏祭りを、よかったら一緒に楽しみにいらしてください♪

 

☆☆☆ ちょこだま酒の会【8月】ちょこだま夏祭り! ☆☆☆

 

日時:平成26年8月24日(日)18時より21時半まで

会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)

   http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/

   *大塚駅南口から徒歩3分です

会費:5,000円

定員:14名(おかげさまで超!盛況にて終了いたしました!

料理:夏祭りらしい7品前後のコース料理+日本酒6~7種類飲み放題

 

【参加の際のお願い】*必ずお読みください

 

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません

・店内は完全禁煙とさせていただきます

・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください

・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑)

・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします

・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します

・大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください

・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合20日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽に♪

______________________________________

 

☆ 8/22に福島新進気鋭6蔵をDEEPに感じていただく会♪を開催します!<7/11発表>

 

全国でも有数の酒どころ、福島県。
新潟、長野、兵庫に続き第四位の蔵元数を誇ります。
またここ数年、全国鑑評会でもトップの入賞を続け、その素晴らしい酒質が裏付けされています。

地酒屋こだまでは縁あって、その福島酒を15蔵ほど扱わせていただいています。
日本酒ファンにとってはお馴染みとなってきた蔵も多いと思います。
今も原発問題で揺れ続けていることもあり、これからも応援を続けていきます。

今回、こだまで扱う福島蔵の6つにお集まりいただきます。
その6蔵を一言で表せば「まだまだ無名だがいい酒を造る若手蔵」
未来に無限の可能性がある、そんな新進気鋭の6蔵より若き造り手をお呼びします。

・会津錦(喜多方/会津錦) 斎藤孝典
・峰の雪酒造場(喜多方/峰の雪・YamatoyaZennai) 佐藤健信
・喜多の華酒造場(喜多方/蔵太鼓・星自慢・喜多の華) 星里絵
・会津酒造(南会津/金紋会津・山の井) 渡部景大
・松崎酒造店(天栄村/廣戸川) 松崎祐行

 *もう1蔵は相談・調整中です

今回はいつもお世話になっている大塚の地酒やもっとさんにご協力をいただきました(いつも本当にありがとう)。

こんな会にしようと思います。

・店内では6テーブルに分かれてお座りいただきます
・1テーブルに1蔵が着席して自慢のお酒3種類をサーブしながらご歓談♪
・15~20分で蔵がひとつずつ変わり、気がつけば全蔵18酒制覇♪
・もちろんもっとさん渾身のコース料理を楽しみながら、最後はお腹いっぱい♪

僕の愛する若き造り手の生の声を聴きながらお酒と料理を楽しむ会です。
造られたお酒の向こうに見える「想い」に思い切り酔ってみてください。
たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

☆☆☆ 福島の新進気鋭6蔵をDEEPに感じていただく会♪ ☆☆☆ 


日時:平成26年8月22日(金)19時(18時45分受付開始)~22時
会場:大塚/地酒やもっと(JR大塚駅南口より徒歩2分)
   http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13155548/dtlmap/?lid=tocoupon3
会費:6,000円(税込)
定員:36名(おかげさまで超満席!大盛況にて終了いたしました!)

 

【ご予約の際のお願い】*必ずお読みの上ご予約ください

・当日のお飲み物は日本酒と水しかありません(持ち込みは厳禁です)
・店内は完全禁煙です(玄関外に喫煙所がございます)
・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください
・ほぼ飲み放題ですが「お酒に敬意を持った飲み方」のできない方はご遠慮ください
・泥酔、大騒ぎ、セクハラなど他人に迷惑を掛ける行為は即!ご退席いただきます
・キャンセルはご遠慮ください、やむを得ぬ場合8/18まで受け付けますが19日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきますのでご了承ください

 

*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままで(地酒やもっとさんでもご予約を承ります)

 

☆☆☆お誘い☆☆☆

その前日8月21日(木)は渋谷セルリアンタワーにて「福島美酒体験2014」が開催されます。
http://sake-fukushima.jp/?p=710
こちらも毎年大盛況のイベントです、是非ともお出掛けください♪

_________________________________________

 

☆ 今年で三回目!きのじゅんの夏祭り!こだま協賛で開催です!<7/4発表>

 

今年で第三回を迎えるこのイベント。
普段から仲良しの神田・醇さんと新大塚・きの字さんのコラボイベントです。
共通の友人であるこだまもお手伝いとして参加しています。

夏祭りですのでうんちく一切無し!の楽しく呑む会です。
はい、もちろんこだまも仕事しながら呑みまくります(笑)
夏の一日、よかったらご一緒しませんか?

以下は公式ページからのコピペです。
お申し込みはこだまでも、醇さんでもきの字さんでももちろんOKです。
たくさんのお申し込み、お待ちしております♪
_____________________________

☆☆☆ きのじゅんの夏祭り! ☆☆☆

きの字と醇のコラボイベントです。
みなさんと一緒に飲んで遊んでの愉しいお祭りです。

日時:平成26年8月2日土曜日  
   18時~21時(開場は17時45分)
場所:新大塚 酒味処きの字 
   東京都豊島区南大塚2-11-12-B1F
   *丸ノ内線南大塚駅2番改札から徒歩1分)
会費:6000円(お料理食べ放題、お酒飲み放題)
   *浴衣でご来場の方は500円引き
定員:50名(おかげさまで大盛況にて終了いたしました!)
お酒:“夏”をテーマに選りすぐった日本酒16種程度+ミニ缶ビール1本付
お料理:きの字&醇の情熱の料理をブッフェ形式で
その他:抽選会あり、お酒(日本酒に限ります)、おつまみの持ち込み大歓迎!

*以下の記載事項をよくお読みになりお気軽にご参加ください。

≪お約束事≫

*基本的に立食となります。人数様分のお席のご用意はございません
*アルコール飲料、お水以外のお飲み物のご用意はございません
*当日参加もOKですが満席でお断りする場合もございます、ご予約をお勧めいたします
*他の参加者の方への迷惑となる行為は厳禁です(泥酔、喧嘩、セクハラなど)主催者が同行為と判断した場合にはご退場いただく場合がございます。また、みんなで思いっきり楽しむことを目的とした会ですので、お酒のうんちくや批評は忘れましょう
*会場内は混雑が予想されます。お手回り品はご自身で管理してください
*会場内は禁煙です。(外に喫煙スペースがございます)
*きの字店舗での開催です、お間違えのないようにお願いいたします
*(こだま注記)安易なキャンセルはご勘弁ください

≪お申込み・お問い合わせ≫

きの字 03-3946-8898 
醇   03-6206-9210

______________________________________

 

☆ 7/20に「ちょこだま酒の会【7月】ナツのマメとナツのサケ!」を開催します!<7/1発表>

 

夏は豆が美味しいんだよね♪
ちなみに夏じゃなくっても美味しいんだけど(笑)
でも夏じゃないと食べられない旬の豆も多いんだよね♪

というわけで、今回は「豆」を主題に取り組みます。
もちろん!旬の枝豆の産地毎の食べ比べもやりますよ~~~♪
日本のみならず海外の豆も取り寄せて、前菜から〆まで豆尽くしで参ります。

お酒は夏らしさを感じられるお酒、
とは言っても僕のことです、夏酒とは限りませんが(笑)
そんな「豆に合わせてみたい旨い酒」を6~7種類セレクトしてみます。

よかったら、一緒に楽しみにいらしてください。

☆☆☆ ちょこだま酒の会【7月】ナツのマメとナツのサケ! ☆☆☆

日時:平成26年7月20日(日)18時より21時半まで
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)
   http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/
   *大塚駅南口から徒歩3分です
会費:4,500円
定員:14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)
料理:豆を主題にした7品前後のコース料理+日本酒6~7種類飲み放題


【参加の際のお願い】*必ずお読みください

・最初から最後まで豆だらけです(笑)
・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません
・店内は完全禁煙とさせていただきます
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑)
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します
・大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合16日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________

 

☆ 福岡の神があの有名ENJOY店の新しいバイトのコに会いに行くのに

             一般人が便乗する会!2DAYS!を開催します!<6/6発表>

 

さてさて、今年もやりますよ。
福岡の「神」がまたもや2日間やりますよ。
こんな表題でホントにいいのかよくわかりませんがやりますよ。

地元福岡以外ではめったに会をやらない自称「神」こと、山の壽の忽那信太郎杜氏。
今年も新大塚の盟友「きの字」を逆指名、しかも再び(無理矢理w)2DAYS開催。
いったいどんな会になるのか?そもそもちゃんと会になるのか?(いや、たぶんならないと思うw)

ご注意!いつものこだまの会とだいぶ様子が違います

*神だけずっとビール飲んでます(神以外はビール禁止です)
*お酒の会という形の「神を囲んでただ山の壽を飲む会」と思ってください
*気が向けば神が有り難い言葉を発せられますがあまり期待しないでください

当日は山の壽フルラインナップほぼ飲み放題+きの字渾身のお腹いっぱいコース料理をお楽しみいただきます。忽那信太郎杜氏を眺めながら、山の壽の全てをお楽しみください。

 

*要するにマニアだけじゃなく「初心者」にも楽しんでいただきたい、そんな想いの日本酒会です。日本酒に詳しくなくても山の壽をご存知なくても、もちろん大歓迎です。ただし「辛口しか飲まない」とかワケわかんないこと言う方は来ない方が無難ですw

 

 
☆☆☆ 福岡の神があの有名ENJOY店の新しいバイトのコに

              会いに行くのに一般人が便乗する会!2DAYS ☆☆☆

日時:平成26年7月5日(土)18時スタート
          7日(月)19時スタート
   *お申し込みの際は○日に○名、とお書き添えください
会場:新大塚/酒味処きの字
会費:6,000円(税込)
定員:両日ともMAX25名(おかげさまで両日とも大盛況&大爆笑で終了いたしました!)

ゲスト:山の壽酒造より福岡の神こと、忽那信太郎杜氏


【ご参加の際のお願い】*必ずご確認ください!

・当日のお飲み物は山の壽と仕込み水しかございません
・当日は完全禁煙となります、また、お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください
・造り手を囲む会です、お話の最中は私語を止めて耳を傾けてください(でも気分であまり話さないかも知れません、ご了承ください)
・空気を読まずにうんちく話とかしていると神がキレます、ご注意ください
・かといってただの飲み会のようにアホみたいに騒ぐと主催者がキレます、ご注意ください
・泥酔、過度の大騒ぎ、セクハラなどは即!ご退場いただきます
・キャンセルは原則ご遠慮ください、止むを得ない場合7/1まで受け付けますが、以後は代理の方を立てていただくか会費を全額ご負担いただきます、ご了承ください

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________________________________

 

 

☆ 6/22にちょこだま酒の会【6月】灼熱のタイ料理と日本酒!を開催します!<6/3発表>

 

二人とも大好きなんです、タイ料理。
タイ料理行くと「パクチー大盛りで!」とか言っちゃうんです。
もちろん自宅にはナンプラー常備ですし。

でもタイ料理屋さん行くとやっぱりビールじゃない。
そもそもタイ料理って結構辛いじゃない。(料理にもよるけどw)
まぁそもそもタイ料理屋さんで美味しい日本酒見たことないしwww

なので、思いきってやっちゃいます。
タイ料理のコースwith日本酒100%!
飲みたくなってもビール禁止ね!(笑)

とはいえ辛すぎるとアレなので(笑)少々チューニングします。
コテコテのタイ料理ではなく、和の技法を用いた「ちょびん風タイ料理」です。
でも二人ともパクチー大好きなのでパクチーはてんこ盛りで(笑)

日本酒も、タイ料理に合いそうなものをセレクトしてみます。
にごりあり、生原酒あり、熟成ありのバラエティに富んだものになる予定です。
よかったら、一緒に楽しみにいらしてください♪

☆☆☆ ちょこだま酒の会【6月】灼熱のタイ料理に日本酒! ☆☆☆

日時:平成26年6月22日(日)18時より21時半まで
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)
   http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/
   *大塚駅南口から徒歩3分です
会費:5,500円
定員:14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)
料理:ちょびん風タイ料理7品前後のコース料理+地酒屋こだま厳選タイ料理にに合わせた日本酒6~7種類飲み放題


【参加の際のお願い】 *必ずお読みください!

・最初から最後までタイ料理です、パクチーとナンプラー全開です(笑)
・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません
・店内は完全禁煙とさせていただきます
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑)
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間はお耳の拝借お願いします
・飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒に敬意を払わぬ飲み方は禁止します
・大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合17日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽に♪

_______________________________________

 

☆ 6/28に笹の譽の会を開催します!<5/22発表>
 
先日、おかげさまで大盛況にて終了した「長野8蔵の会」。
そう、覚えてますでしょうか・・・当日の予定がどうしても合わず涙を飲んだ1蔵を・・・

 

そう、松本で笹の譽を醸す、笹井酒造の笹井康夫さん。
ご本人たっての希望で、同じ会場の「なるたか」さんでリベンジです。

 

笹井さんの造りは「小仕込」というキーワードがあります。
一般的に純米酒や吟醸酒などは1つのタンクでお米の総量600Kg~1,200Kg程度の量で仕込みをする場合が多いのですが、それを全て300Kg前後の小仕込にして酒を醸します。
300Kgの仕込みって、普通の蔵では大吟醸でやるかやらないか、くらいの小仕込なのです。何が大変って、とにかく面倒!(笑)その代わり少量なので様々なコントロールがしやすくて丁寧な酒造りができる、という笹井さんの考え方を全てのお酒(普通酒まで全て!)に適用して酒を醸しています。

 

 *蔵により人により様々な考え方があります

 

そしてさらに、お酒の搾りをほぼすべて「袋吊り」という圧力を掛けない方法で搾っています。えーっと、僕が蔵人ならすぐに逃げ出します(笑)これもそれくらい手間の掛かる仕事なのですが、これも笹井さんの考え方なのです。

 

 *これも蔵により人により様々な考え方があります

 

笹井さんの酒、誤解を怖れずに言えば「毎年試行錯誤なうw」です。
これは実は笹井さんに限らず、こだまで扱うような小さな蔵ではある意味当たり前のことであり、言葉を換えれば「古い体質から抜け出し、新しい酒質を求めて、未来の姿への道筋を探している途中」な訳でして、その未来のために様々な試みを繰り返している最中なのです。

 

さて、今期の笹の譽はどんな試行錯誤の末に生まれてきたのでしょう?

 

当日は、そんな笹井さんの「想い」を伺いながら、なるたかさんの長野三昧コース料理に、笹の譽12種類ほどを楽しんでいただきます。昨年同様、裏話満載になりそうな予感もしますが(笑)造りを終えて解放感いっぱいの笹井さんを楽しんでいただきたいと思います。

 

リベンジに燃える(笑)笹井さんに逢いに来てください♪


☆☆☆ ササイズムのリベンジ!(笑)笹の譽の笹井さんを囲む会♪ ☆☆☆

 

日時:平成26年6月28日(土)18時より21時まで
会場:水道橋/海山和酒なるたか(JR総武線水道橋駅より徒歩3分/都営三田線水道橋駅 A6番出口より徒歩1分/営団丸ノ内線後楽園駅より徒歩10分)
   http://r.gnavi.co.jp/g220042/map/
会費:6,000円(税込)
定員:30名(おかげさまで大盛況にて終了いたしました!)
内容:なるたかさん渾身の長野三昧コース料理+笹の譽12種類ほどをほぼ飲み放題


【ご参加の際のご注意】*必ずお読みください

・当日は日本酒と仕込み水しかありません
・当日の店内は完全禁煙となります、ご了承ください
・ただの飲み会ではなく「蔵元を囲む会」です、笹井さんのお話も会の大切な大切な要素となりますので、笹井さんや主催者のお話中は耳を傾けていただくことにご協力いただきます
・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒や蔵元に敬意を持ち節度ある飲み方をお願いします
・泥酔、セクハラ、過度の大騒ぎはご退場いただきます
・原則としてキャンセルはご遠慮ください、止むを得ないキャンセルは6/24まで受け付けますが、それ以降は代理を立てていただくか会費を全額お支払いいただきますのでご了承ください

 

*お問い合わせ・お申し込みは地酒屋こだままでお気軽に♪

___________________________________________

 

☆ 6/10に辰泉酒造の会を開催します!<5/8発表>

 

福島県会津若松にて創業は明治10年の辰泉酒造。
もともとは本家より独立して酒造業を開始したそうです。
以後、とにかく会津産の米と水にこだわり丁寧に酒を醸しています。

四代目の新城壯一(そういち)さんが社長に就任したのは平成21年11月のこと。僕が地酒屋こだま開店に先駆けて蔵を初めて訪ねた、その半年後のことでした。とにかく手造りの、素朴で小さな蔵・・・辰泉というお酒のイメージそのままの蔵でした。

壯一さんと初めてお会いした時の印象は「穏やかで物静かな方」言葉数が少ない分、重みのある発言が印象的で今でもその印象は変わりませんが、仲良くなるにつれわかってきたのは「めちゃめちゃ頑固な方」である、ということ。あ、あと、お酒に弱いってこと(笑)

いつも笑顔で腰が低く柔らかい表情の裏に、経営者と職人の顔がチラチラ見え隠れするのです。

前杜氏が引退され、23BY(二期前)の造りからは壯一さん自らが杜氏となり酒造りの指揮を執っています。今から思えば23BYこそ多少ぶれましたが、24BY、そして今期25BYと確実な進化を見せ素晴らしいお酒を我々に届けてくれています。

そんな新城壯一さんをお迎えして、辰泉の会を開催します。会場はもちろん!池袋の「たつ家(たつや)」さん。二年前に初めて辰泉の会をやらせていただき好評でしたが、今回はそのパート2となります。せっかくなので壯一さんから今期の造りのご苦労やひとつひとつのお酒に込められた想いなんかも伺いながら・・・もちろん当日だけのスペシャルなお酒も用意するつもりです。

たつ家さんとはこだま開店当初からお世話になっておりまして、普段から辰泉を贔屓にしていただいております。岩手県出身の元気な店主「たっちゃん」が旨い肴を満載で壯一さんと我々を迎え撃ちます♪たつ家もこだまも定休日の開催となりますが、気合い入れてやらせていただきます。

募集人数が少ない小さな会ですが、よろしかったらお出掛けください。


☆☆☆ 辰泉×たつ家・・・ふたたび♪ ☆☆☆

日時:平成26年6月10日(火)19時開始~21時終了
会場:池袋「たつ家(たつや)」JR他池袋駅東口より徒歩5分
   http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13043239/
会費:5,000円(税込み)
定員:20人(おかげさまで満席&大盛況にて終了いたしました!)
ゲスト:福島県会津若松市より辰泉酒造代表の新城壯一さん
    http://tatsuizumi.co.jp/index.shtml
内容:辰泉酒造のお酒8種類ほどを飲み放題+たつ家たっちゃん渾身の旨い肴を、新城壯一さんのお話を伺いながら楽しみます♪


【ご参加の際のご注意】*必ずお読みください

・当日は日本酒と仕込み水しかありません
・当日の店内は完全禁煙となります、ご了承ください
・うんちくの会ではありませんが、壯一さんのお話も会の大切な大切な要素となりますので、壯一さんや主催者のお話中は耳を傾けていただくことにご協力ください
・ほぼ飲み放題のお酒をお出ししますが、お酒や蔵元に敬意を持ち節度ある飲み方をお願いします
・泥酔、セクハラ、過度の大騒ぎはご退場いただきます
・原則としてキャンセルはご遠慮ください、止むを得ないキャンセルは6/4まで受け付けますが、それ以降は代理を立てていただくか会費を全額お支払いいただきますのでご了承ください

 

*お問い合わせ・ご予約は地酒屋こだま、またはたつ家さんまでお気軽にどうぞ♪

_____________________________________

 

☆ 5/25にちょこだま酒の会【5月】久しぶりに貝の会!を開催します!<5/7発表>

 

自他共に認める貝好きのちょこだまの二人。
たまにお寿司屋さん行くと貝は全部注文してしまいます。
でもね、けっこういいお値段なんだよね・・・(苦笑)

初めは「たまには値段を気にせず貝をたらふく食べたいよね」的なノリで考案した「貝の会」、ちょこだま酒の会が始まってすぐの第三回にて取り上げご好評をいただいたのが2年前の8月でした。そろそろ二人の欲望が抑えきれなくなってきたので(笑)久しぶりに開催したいと思います。

ちょうど岩牡蠣も走りですし、その他にも生食はもちろん、いろいろな貝をメインにした6品ほどのコース料理と、「貝に合わせたら美味しいだろうなぁ♪」という地酒屋こだま厳選の日本酒を6~7種類、飲み放題でご用意します。

とにかく最初から最後まで貝尽くし!
貝に弱い体質の方にはちょっと難しい貝、いえw、会ですが、かなり!お得で楽しい内容にできると思いますので是非ともご参加ください。


☆☆☆ ちょこだま酒の会【5月】久しぶりに貝の会! ☆☆☆

日時:平成26年5月25日(日)18時より
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)
   http://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/
   *大塚駅南口から徒歩3分です
会費:仕入れによりますが、いつも頑張り過ぎちゃうので6,500円と思っててください(笑)
定員:14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)
料理:いろいろな貝をメインにした6品ほどのコース料理+「貝に合わせたら美味しいだろうなぁ♪」という地酒屋こだま厳選日本酒6~7種類飲み放題


【参加の際のお願い】 *必ずお読みください

・最初から最後まで貝尽くしです、貝類に弱い体質の方はご遠慮ください
・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません
・店内は完全禁煙とさせていただきます
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑)
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間だけちょっとお耳の拝借お願いします
・飲み放題のお酒をお出ししますが、大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合20日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*お申し込み・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽に♪

_______________________________________________________________

 

 

☆ 5/24に「三千櫻×仙醸」の会を大井町の地酒屋のぼるさんで開催します!<5/3発表>

 

昨年1月にOPENした新進気鋭の地酒屋のぼるさん、

既に多くのファンを獲得し、日本酒特集が組まれる雑誌でも常連となっています。

のぼるの次男坊、洋平くんとはOPEN前より交流があり今も公私共にお世話になっている間柄です。

 

そののぼるさんが大好きな岐阜県中津川の三千櫻より造り手である山田社長をお迎えし、

さらに三千櫻での酒造経験もある長野県伊那高遠の仙醸より安藤杜氏をお迎えし、

一粒で二度美味しい会を開催することになりました(笑)

 

*実はのぼるさんは三千櫻から運んだ古い酒造道具などで内装を設えていたり、

 もちろん随時三千櫻のスペシャル酒があったり、普段から深いお付き合いをされています

 

今回は基本的に「地酒屋のぼる」主催の会となりますが、

こだま店主が協力店としてお酒選びや当日の司会進行役としてゲスト参加することになりました。

5/3現在、既に半分の席が埋まっておりますが、よかったら遊びにいらしてください。

 

 

☆☆☆ 三千櫻×仙醸~山田社長と安藤杜氏をお迎えして~ ☆☆☆

 

日時:平成26年5月24日(土)18時10分受付開始、18時30分開宴、21時終了

会場:大井町/地酒屋のぼる

   http://jizakeya-noboru.jimdo.com/access/

会費:6,000円(チケットはのぼる店内でのみ販売)

定員:20名(5/14現在、満席)

内容:三千櫻と仙醸のお酒約8種類ほぼ飲み放題+のぼる渾身のコース料理

 

 

【ご予約の際のご注意】*必ずお読みください

 

・ご参加いただくには「前売りチケット」をお求めいただく必要があります

・前売りチケットは地酒屋のぼる店内のみでの販売です(こだまではお求めになれません)必ずのぼるに来店していただき、会費と交換で前売りチケットをGETしてください(電話やメール等でのご予約、当日支払いは承れませんのでご注意ください)
・前売りチケットの払戻はできません

・店内は完全禁煙となります(喫煙スペースはございません)

・当日のお飲み物は、三千櫻&仙醸の日本酒とお水だけです

・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください

・周りのお客さまにご迷惑の掛かる行為のあった場合はご退席いただくことがございます


*お問い合せは、地酒屋のぼる(0337760319)または地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪
*のぼるは5月3日~6日までおやすみですのでその間はjizakeya-noboru@emobile.ne.jpへどうぞ♪
______________________________________

 

☆ 5/17に「地酒や もっとさん一周年祭!」を

              開催します!<4/22発表>

 

早いもので、もう一年かぁ・・・・・

 

思い起こせばある日突然、「あの~、実は近くで日本酒の居酒屋をやることになりまして・・・」と挨拶にいらした店主の水永さん。お店が近いということもありその後に縁をいただき、スタッフ総出で勉強に来ていただいたり、僕も勉強のためにたまにスタッフをやらせていただいたり、先日は一緒に会津蔵元ツアーに出掛けたり、おかげさまで公私共に仲良くさせていただいております。

 

そのパワフルかつ丁寧な仕事ぶりと明るいサービス精神で、一年経たずとも日本酒聖地・大塚の「日本酒処」としてファンも多いお店に成長したもっとさんが一周年企画としてイベントを開催することになりました。

 

当日はお料理全開+厳選というか秘蔵(笑)の日本酒呑み放題!
店主水永さんはじめスタッフも可能な限り客席でみなさんと一緒に盛り上がります。
こだまも全体を仕切りつつ、しっかり呑みます(笑)

 

地酒や もっとの水永さんからの熱いメッセージです。

 

 ☆ 来たる5月17日土曜日、地酒や もっと 一周年イベント、急遽開催決定しました!!地酒や もっと の一周年だよ ありがとう企画として、もちろん地酒屋こだま、たけさんとのコラボ企画!!「やっぱ一周年は盛り上がんないとでしょ!」のたけさんの有難いお言葉に「是非!!」と熱い夜を欲して止まないワタクシ。 早速、ご予約受付開始です!! 感謝のお料理と秘蔵酒を含むフルラインナップ地酒で挑む熱い内容です!詳しい詳細は追ってご連絡、告知致します。本当に一年間があまりにも早く、一周年を迎えられるのもひとえに支えて下さる皆様のおかげだと痛感しております! 一年目はご祝儀、二年目から本当の勝負を迎えます。その記念としましてささやかな?会でございます。何卒、是非是非お越しくださいませ!! 店主 水永 ☆

 

明るいもっとさんの明るい一周年、是非とも遊びにいらしてください。
あ、もっとさん初めての方でもお祝いの気持ちさえあれば大歓迎です♪


☆☆☆ 地酒や もっと「一周年だよ♪ありがとう!」 ☆☆☆

 

日時:平成26年5月17日(土)18時より21時まで
会場:大塚・地酒や もっと
   http://r.gnavi.co.jp/e6jpvcg90000/map/
会費:5,000円(税込)
定員:着席にて32名(おかげさまで超満席!超盛り上がり!で終了いたしました!)


【ご予約の際のお願い】*必ずお読みください

 

・店内は禁煙となります
・当日のお飲み物は日本酒とお水だけです
・ドレスコードはありませんが香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください
・うんちく抜きに料理とお酒を楽しみながらお祝いをする呑み放題の楽しい会ですが、泥酔・大騒ぎ・セクハラなど他人に迷惑を掛ける行為は厳禁です
・キャンセルはできるだけご遠慮ください、やむを得ぬ場合は13日まで受け付けますが14日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください

 

*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだま、又は地酒やもっとさんまでお気軽に♪

________________________________________

 

 

5/12に「長野の風に吹かれて~こだまを支えてくれる長野8蔵を

                  五感で楽しんでいただく会」を開催します!<4/11発表>

 

こだまと長野酒との出逢いは20年以上前に遡ります。

当時、山とスキー三昧だった僕は、出掛けるたびに出逢う白馬や諏訪のいわゆる「しぼりたて無濾過生原酒」のあまりの美味しさに感動して日本酒が大好きになりました。その後に縁もあり、実は勢正宗や北安大國を知ったのもまさにこの頃でして、どんどん長野酒にはまっていった僕がいます。

まぁ、まさか、20年以上後の僕がこうして扱わせていただいているなんて夢にも思いませんでしたが(笑)

今年も5/13に東京で長野酒メッセが開催され、蔵元や造り手が東京に集まります。・・・・・あ、やっちゃおうかな。って思いました(笑)さっそくこだまで扱う8つの蔵元に連絡をしたところ、有り難いことに次々と快諾をいただきまして、また長野のお酒と料理ならここ!の「海山和酒なるたか」さんにご協力をいただくことができ、今回の募集と相成りました。

来てくれる蔵は以下の通りです。(なんとなく北から順番に・・・)

☆丸世酒造店(勢正宗/中野)関晋司さん
☆北安醸造(北安大國/大町)伊藤敬一郎社長、山崎義幸杜氏
☆笹井酒造(笹の譽/松本)*
☆笑亀酒造(笑亀/塩尻)丸山大輔社長兼杜氏
☆湯川酒造店(十六代九郎右衛門/木曽)湯川尚子社長
☆仙醸(黒松仙醸、黒松仙醸こんな夜に/伊那)黒河内貴社長、安藤宏幸杜氏
☆米澤酒造(今錦/伊那)伊沢広海さん
☆酒ぬのや本金酒造(本金/諏訪)今井範道さん
 
*笹井酒造の笹井さんだけどうしても予定が合わず、こだまが代役を務めさせていただきます

いわゆる有名な蔵はひとつもありませんが(笑)8蔵すべてが僕にとって誇りであり、扱わせていただくことを光栄に思っています。今回はそんな8蔵を初めて!一堂に集めての会を開催します。

こんな会にしようと考えています。

☆通常の蔵元を囲む会と同じように着席でなるたかさん渾身のコース料理付きのスタイルです
☆各テーブルに5~6名、8つのテーブルに分かれて着席していただきます
☆自慢のお酒を3種類抱えた蔵元が各テーブルに分かれ、一緒に飲みながら歓談します
☆15分ごとに蔵元がお酒を持って隣のテーブルに移動していきます
☆8蔵が一周したらその後は好きなお酒を自由に飲んでいただく時間となります

蔵元や造り手のお話を目の前で聞き、お酒に込められた想いに触れながら、そのお酒を味わっていただく・・・お酒の美味しさだけじゃなくって造り手の笑顔も思い出になるような、そんな会になればいいなぁ、と思います。

8蔵合同は初めての試みで我々もドキドキですが(笑)楽しい時間を過ごしていただけるよう精一杯努めますので足をお運びいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。



☆☆☆ 長野の風に吹かれて~こだまを支えてくれる長野8蔵を五感で楽しんでいただく会 ☆☆☆

日時:平成26年5月12日(月)18時45分受付開始/19時開宴/22時終了
会場:水道橋/海山和酒なるたか(JR総武線水道橋駅より徒歩3分/都営三田線水道橋駅 A6番出口より徒歩1分/営団丸ノ内線後楽園駅より徒歩10分)
 http://r.gnavi.co.jp/g220042/map/
会費:6,000円(税込)
定員:最大48名(おかげさまで超満席&超盛り上がりで終了いたしました!)
お酒:長野8蔵×3種類ずつ=24種類が飲み放題
料理:長野をテーマにした、なるたかさん渾身のコース料理


【ご予約の際のお願い】*必ずお読みください

・当日のお飲み物は長野8蔵の日本酒と仕込水のみとなります
・お持ち込みはご遠慮ください
・当日の店内は完全禁煙とさせていただきます
・お酒の会です、香りの強い香水や整髪料などはご遠慮ください
・飲み放題ではありますが、造り手が悲しむような敬意のない飲み方はお断りします
・蔵元や造り手と直接お話していただくことを目一杯お楽しみください、ただし独占はしないようお気遣いをお忘れなくお願いします
・泥酔、大騒ぎなど他のお客さまに迷惑を掛ける行為のあった場合はご退席いただきます
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。止むをえない場合7日まで受け付けますが、8日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額頂戴します、ご了承ください

 

*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだま、または海山和酒なるたかさんまでお気軽にどうぞ♪

__________________________________________

 

☆ 4/27に「ちょこだま酒の会【4月】熱情と冷静の赤と白」を開催します!<4/2発表>

 
昨年は「ホワイトアウト」と題して、料理もお酒も「白尽くし」の会をさせていただきましたが、今年はそれを一歩進めて「赤と白の会」を開催してみたいと思います。

 

お酒はもちろん、イヤって言うほど白いにごり酒を揃えます(笑)
そして料理はひたすら「赤」にこだわり、野菜・魚・肉といった旬の食材を中心に添えて、和洋混じえた渾身のコース料理を設えます。

 

そう、白いにごり酒と赤い情熱料理の美味しい出逢い。

いつものようにかなりボリュームのある会になりそうです。
熱情の赤、冷静の白、その激しくも美味しいぶつかり合いを楽しみにいらしてください♪


☆☆☆ ちょこだま酒の会【4月】熱情と冷静の赤と白 ☆☆☆

 

日時:平成26年4月27日(日)18時より
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)
   http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13108995/dtlmap/?lid=tocoupon3
   *大塚駅南口から徒歩3分です
会費:5,500~6,000円(仕入れによって変わります)
定員:14名(おかげさまで超満席にて終了いたしました!)
料理:6~7種類の冷静な(?笑)にごり酒と、赤い色にこだわった熱情のコース料理


【参加の際のお願い】

・当日のお飲み物は日本酒と水しかございません
・店内は禁煙とさせていただきます
・大幅な遅刻を前提とした参加はご遠慮ください
・基本的な趣旨は「お料理と日本酒を楽しむ会」です、うんちくや知識は一切不要ですのでお気軽にご参加ください(求められていないうんちくの披露もご勘弁ください・・・笑)
・料理やお酒に関するインフォメーションも必要に応じてさせていただきますので、その間だけちょっとお耳の拝借お願いします
・飲み放題のお酒をお出ししますが、大騒ぎ・泥酔・セクハラはご退場いただきます
・お酒の会ですので香りの強い香水や整髪料の使用は控え、清潔な服装でご参加ください
・キャンセルはできるだけご遠慮ください。やむなき事情の場合23日まで受け付けますが、それ以降は会費を全額頂くか代理の方を立てて頂くようになります

 

*ご予約・お問い合わせは地酒屋こだままでお気軽にどうぞ♪

_______________________________________

 

☆ 4/12に「こんな夜に、は、どんな夜?~仙醸の安藤杜氏を囲む会~を開催します!<3/29発表>

 

ごめん!時間がないので取り急ぎ!

仙醸から造りを終えて解放感溢れる安藤杜氏をお迎えして会を開催します!

みなさん、よかったら来てね!

☆☆☆ こんな夜に、は、どんな夜?~仙醸の安藤杜氏を囲む会~ ☆☆☆

日時:平成26年4月12日(土)18時より21時30分頃まで
会場:神田/和酒Bar&Dining 醇
会費:6,000円
定員:24名(おかげさまで満席&大盛況にて終了いたしました!)
ゲスト:長野県伊那市高遠の仙醸より安藤宏幸杜氏
内容:「黒松仙醸」「黒松仙醸こんな夜に…」シリーズ8種類前後ほぼ飲み放題&醇さん渾身のコース料理


【ご参加の際のお願い】*必ずお読みください!

・ひとつひとつのお酒とお料理を合わせる進行の中で、そのお酒に込められた安藤杜氏の想いやお話を伺いながら楽しむ会です。勉強会ではありませんが、ただの飲み会でもございません。蔵元や主催者のお話の最中は会話を休んで耳を傾けていただくことをお約束いただきます(重要)
・前半~中盤は、お料理一品にお酒一杯を合わせる『醇スタイル』での進行のためお酒のペースは「かなりゆっくり」となります、お代りなどの要望には応えられません。その分後半にはいろいろ自由に飲んでいただけますのでご了承ください
・店内は禁煙です
・当日のお飲み物は「仙醸」のお酒と仕込水のみとさせていただきます
・お酒の量はほぼ飲み放題となりますが、造り手やお酒に敬意を持った飲み方をお願いします
・お料理とお酒を楽しむ会ですが、過度の大騒ぎ・泥酔・セクハラなど迷惑行為は退場をお願いする場合がございます
・止むを得ないキャンセルは9日まで受け付けますが、10日以降は代理の方を立てていただくか会費を全額お支払いいただきます、ご了承ください

 

*お申し込み、お問い合わせは地酒屋こだま、または醇さんまで

___________________________________________

 

 

☆3/23に「ちょこだま酒の会【3月】ダイコンを極める!(なんてね♪)を開催します!<3/5発表>

 

ダイコンって原産地は地中海地方とか中東なんですって。
んでもって、日本には弥生時代には伝わっていたんですって。

ダイコンって嫌いな人あんまりいないよね(偏見?笑)。
ジアスターゼ(消化酵素)を多く含むため食当たりしない(当たらない)=大根役者なんて言葉が生まれるくらい庶民に親しまれてきたダイコン、実はとんでもなくたくさんの種類があるのです。

今回はそのダイコンを10種類ほど大集合させて、その特性にあった料理をコースに仕立てて、日本酒と一緒に楽しみます。

・・・・・地味でしょ?(笑)

もちろんダイコンだけではなく、旬の魚・肉・野菜も使って楽しいコースには仕立てますが「とにかくダイコンが主役!」料理人ちょびんくんがいつものように「出汁からきちんと仕立てる料理」で、一見地味だけど「滋味たっぷり」でまさに大地の味を感じてもらえる会にしたいと思います。

今のところの予定ですが、青首大根、聖護院大根、辛味大根、紅芯大根、小雪大根、静紫、葉大根、レディーサラダ大根、ラディッシュ、桜島大根、そして練馬大根、亀戸大根、三浦大根も視野に入れております。新鮮でよいものを仕入れる前提で多少変わることもご了承ください。

よかったら、一緒に楽しみにいらしてください。

☆☆☆ ちょこだま酒の会【3月】ダイコンを極める!(なんてね♪) ☆☆☆

日時:平成26年3月23日(日)18時より
会場:地酒屋こだま別館ちょこだま(大塚・サンヴァンサン内)